子供の「早寝早起き朝ごはん」のすすめ/大人も参考になる!!

2016y12m10d_222717469

子供が健やかに成長していくためには、
規則正しい生活リズムの確立が大切です。

文部科学省は2006年(平成18年)から
「早寝早起き朝ごはん」をはじめとした
基本的な子供の生活習慣を推し進めるプロジェクトを
推進してきました。

では「早寝早起き朝ごはん」がなぜ大切かを解説していきます。

広告
336 ×280

日本は遅寝の子供が多い

世界的に見て、日本の子供は遅く寝る傾向にあります。

2000年度(平成12年度)の調査では
午後10時以降に寝る幼児の割合が、
5歳では40%に達していました。

1980年度(昭和55年度)の調査では
10%でしたから、大人の生活スタイルの変化とともに、
急激に遅寝の子供が増えていったのです。

遅寝になれば、質の良い睡眠がとれず、
朝ごはんの欠食にもつながります。

このことが、子供の心身の発達に
好ましくない影響があることが
科学的に証明されています。

そうしたことを改善するために
文科省が2006年に「早寝早起き朝ごはん」を推奨する
プロジェクトを推し進めてきました。

協力する個人や団体により急速に運動が認知され、
2010年度(平成22年度)の調査では、
午後10時以降に寝る5歳児は25%に減るなど、
大幅な改善がみられました。

2016y12m10d_220437022

     小学生の生活サイクルの時間割見本

子供の学習意欲、体力、気力が向上

なぜ「早寝早起き朝ごはん」が大切なのでしょうか。

それは学習意欲、体力、気力の向上につながることが
証明されているからです。

昔から「寝る子は育つ」といわれますが、
睡眠は身体が休むときに脳の活動をしっかり低下させることで、
心身を休養させているのです。

成長ホルモン(脳、骨、筋肉の成長を促す)は
眠ってすぐの深い睡眠時に特に多く分泌されます。

遅寝になれば、これらの物質の分泌に
悪影響を与えてしまいます。

質の良い睡眠をとるり、
翌朝は朝日を適度に浴びることが大切です。

脳内ホルモンであるセロトニンが分泌され、
気持ちが穏やかになります。

また、朝ごはんをよく噛んで食べることで、
脳が活性化し、栄養が補給されるため、
午前中からしっかり活動できる状態になります。

親は子供によく噛むことの理由も一緒に
教える必要があります。

遅寝は、寝不足でなかなか起きられず、
朝時間がなく、食欲もないために
朝ごはんを食べないで登校してしまいます。

2016y12m10d_220652096

その結果、エネルギーが足りずに
気分が落ち込みやすく、集中できずに
イライラしたりするなどの弊害が起きます。

意欲、集中力がわかないため、
授業も“うわのそら”となり、
忘れ物も多くなります。

【遅寝で朝ごはんの欠食がちな子供の傾向】

  • 気分が落ち込みやすい
  • イライラする
  • 意欲が湧かない
  • 疲れやすい
  • 集中力、記憶力が低下
  • 注意散漫
  • うっかりミスが増える

また、脳には寝ている間に
必要な情報を記憶として
定着させる機能があるので、
睡眠が十分でないと、
成績も悪くなります。

睡眠と成績はつながっている のです。

今の人たちはライフスタイルが多様ですが、
多様とは大人のライフスタイルのことであり、
子供のライフスタイルはどこの家庭でも、
いつの時代でも同じでなくてはなりません。

誰でも小学校、中学校に登校し、
この時期は、
心身の成長に大きな影響を及ぼします。

2016y12m10d_220048693

子供を自分起床できるようにし、
規則正しい生活習慣を身に付けるために、
次のようなことを心掛けていきましょう。

【親が心掛ける子供の規則正しい生活】

  • 夕食の時間をあまりずらさない
  • テレビやゲームは寝る1時間前にはやめる
  • 大人のテレビ番組をだらだら一緒に見させない
  • 子供への小言は20時までにしておく
  • 寝る前30分は部屋を少し暗くする
  • 明日休みでもいつもより2時間以上遅く寝ない

朝、機嫌のいい子は、1日中、機嫌がいいものです。

友達との遊びにも勉強にも意欲的になります。

「朝、機嫌のいい子を育てる」をモットーに
家庭で取り組みましょう。

誰かに起こされるのではなく、
起きるべき時間に自分で目を覚まして布団から出る
「自律起床」ができる環境にすることも親の務めです。

親から何回も「起きなさい!」と言われて
しぶしぶ起きるよりも、
自分で目を覚ました方が、
機嫌がよくなるからです。

適正な睡眠時間は、
遺伝的要素もあって人それぞれ違います。

子供の状況をよく見ながら、
適正な睡眠時間を探り、
自律起床ができるように、
家庭全体で子供が早く寝る状況をつくることが大切なのです。