活性酸素を減らすには抗酸化物質を食事とサプリでとろう!

2016y12m21d_212955656

酸素は物を酸化させる物質です。

わかりやすい例が、
最初はピカピカの鉄もいずれはサビますが、
この「サビる」=「酸化」です。

2016y12m21d_205850053

そのサビは、鉄に酸素が反応したために起きた
化学反応です。

活性酸素は、この化学反応が非常に強いのです。

ヒトは呼吸をして、空気中の酸素を取り入れています。

この酸素の一部は体内で活性酸素というものに変異します。

変異した活性酸素は体内で
さまざまな老化現象を引き起こす原因です。

2016y12m21d_223225595

活性酸素は細胞を傷つけ攻撃的で毒性が強いのです。

人体でつくられる抗酸化物質 SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)
細胞内に発生した活性酸素を分解して体を守ってくれています。

しかし、残念ながら、これらの抗酸化酵素は、
年齢とともにつくられる量が減ってしまいます。

個人差はありますが20代をピークに、
徐々に減少していきます。

そのため年齢とともに体力の低下や肌の老化、
抜け毛や白髪など、身体の衰えを感じるようになります。

2016y12m18d_001633251

30代以降はSODだけでは処理が追いつかなくなってきます。

そこで、食べ物で取り入れる抗酸化物質を補って
抗酸化力を保つことが重要になります。

広告
336 ×280

食べ物で「抗酸化物質」を摂取することが不可欠

年齢を重ねるほど食べ物で抗酸化物質
を摂取することが不可欠です。

抗酸化物質には、
抗酸化ビタミンのビタミンC
野菜・果物に含まれるファイトケミカルがあります。

2016y12m21d_211211081

ファイトケミカルは、
植物が自身を紫外線や虫などの
外敵から守るためにつくる物質のことです。

色や香り、苦み、辛みといった
野菜や果物の特徴を生み出す成分でもあります。

ファイトケミカルの種類は、
数千種類にも及ぶといわれています。

ファイトケミカルで最も有名なものが
ポリフェノールです。

食品により、含まれる種類が異なりますが、
お互いに助け合ってパワーを発揮します。

そのためいろいろな野菜や果物を組み合わせて、
バランスよくとることが、
若々しさを保つポイントです。

数十種類の野菜を使った
市販の野菜ジュースが効率的です。

「野菜を煮出したスープ」にはジュースよりも数十倍の
ファイトケミカルが含まれています。

また、ファイトケミカルは、
野菜や果物の皮の部分に特に多く含まれます。

調理の際はよく洗浄したうえで、
皮ごと使うと、
より効率よくファイトケミカル
を摂取することができます。

サプリメントで取れる抗酸化物質

コエンザイムQ10

高い抗酸化作用を持つコエンザイムQ10は、
体内でもつくられますが、
年齢とともにその量は減少します。

コエンザイムQ10には、酸化型と還元型があり、
酸化型は体内で還元型に変換された後、パワーを発揮します。

一般的にサプリメントに使われているのは、多くが酸化型です。
しかし、還元力も加齢に伴い低下していきます。

中高年以上の人では、
そのままダイレクトにはたらく還元型がおすすめです。

しかし還元型の方は、価格は酸化型よりも倍以上します。

セサミン

セサミンは、古くから健康食材として知られる
ゴマに含まれる抗酸化成分です。

エネルギー産生や老廃物の処理などで
大量の活性酸素が発生する肝臓に届き、直接はたらくのが特徴です。

アルコール代謝をサポートし、肝臓への負担軽減にも役立ちます。
ゴマ1粒にごくわずかしか含まれない成分のため、
サプリメントでとります。

アスタキサンチン

抗酸化成分のアスタキサンチンは、
サケやイクラ、力二やエビの甲羅などに含まれる
天然の赤い色素です。

アスタキサンチンは、
特に紫外線を浴びた時に発生する活性酸素を除去する力が強いため、
シミを防いで美白に役立ちます。

また、活性酸素による脂質の酸化も抑制し、
動脈硬化の予防もサポートします。

アスタキサンチンは、
幅広いはたらきでエイジングケアの心強い味方になります。

リコピン

トマトの赤い色をつくる色素リコピンは、
高い抗酸化力を持つことが知られます。

活性酸素を抑制することで悪玉コレステロールの酸化を抑え、
生活習慣病の予防をサポートします。

トマトに含まれるリコピンの量は、
トマトの完熟度によって左右されます。

なるべく熟したトマトを食べ、
市販のトマトジュースやサプリメントが便利です。

ビタミンC

ビタミンCは健康な体を維持するのに欠かせない
必須ビタミンのひとつで抗酸化作用があります。

喫煙者では、喫煙により発生した
活性酸素に対抗するためにビタミンCが
多く使われます。
禁煙することが理想ですが、
喫煙者は意識してビタミンCをとるようにしましょう。

亜鉛

必須ミネラルのひとつである亜鉛は、
抗酸化酵素SODをつくるのに欠かせない
構成成分のひとつです。

また、免疫力を整える、
抜け毛を予防するなど多彩なはたらきもあります。
食生活が不規則だったり、
過度なダイエットをしていたりすると、
不足しがちになるので注意しましょう。

亜鉛は、カキやレバーなどに多く含まれます
がサプリメントで手軽に補える必須ミネラルです。

2016y12m21d_222131992

このように20代後半からは、
いかに活性酸素を追い出すかが
老化や病気に打ち勝つポイントになります。
今回は本当に簡略的に説明しましたが、
まずは抗酸化を実行する心構えの基礎知識として
どうか覚えておいてください。