神楽坂「おしゃれ散歩」のオススメ、石畳とフランスがキーワード

2017y01m18d_234818348

神楽坂(かぐらざか)は、
東京都新宿区にある「早稲田通り」の
大久保通り交差点から外堀通り交差点までのエリアを指します。

JR飯田橋駅のすぐ近くです。

神楽坂が2000年以降、盛り上がっています。

都営地下鉄「大江戸線」の牛込神楽坂駅
2000年に最寄り駅として開業した頃からか、
いわゆる“観光町歩き”の人が増えました。

フレンチレストランや和食のお店、バーなど
新しいお店がここ十数年の間にたくさんできました。

2017y01m18d_234703920

2007年には、フジテレビの
倉本聰脚本テレビドラマ『拝啓、父上様』
舞台となったことで、
この街を訪ねる人の数はさらに増えました。

2017y01m19d_211146029

ドラマのポスターに写っていた、
石畳の路地があります。

2017y01m19d_211127777

神楽坂が東京のどのへんに位置しているかを
知らないという人も多いと思います。

JRや地下鉄の飯田橋駅を出ると、
そこが神楽坂下なのです。

一方、地下鉄東西線の
1964(昭和39)年12月23日に開業した神楽坂駅は、
新宿区神楽坂という地名の場所からは
数百メートル離れているので注意してください。

これは、新宿区神楽坂にある地元商店街から見ると
おもしろくないのだそうです。

何で神楽坂じゃないのに、神楽坂駅というのかと、
異論反論があるという話は地元では有名だそうです。

2017y01m18d_234425362

そして2000(平成12)年12月12日に開業した
都営地下鉄大江戸線の駅は、
やはり新宿区神楽坂にはないにもかかわらず、
牛込神楽坂駅と命名されています。

やはり、神楽坂の名は超有名ステイタスですから
駅名につけたいのですね。

広告
336 ×280

神楽坂の特徴は芸者、料亭、フランス村

神楽坂の何よりの特徴と情緒
芸者や料亭があることです。

芸者さんが歩いていたり、
料亭がある街並みが、
「和」の彩りを添えています。

2017y01m18d_234341728

田中角栄、宇野宗佑、麻生太郎と、
時の総理大臣と神楽坂の芸者さんとの噂が
世を騒がせてきた歴史もあります。

そして神楽坂のもう一つの特徴は、
ここがフランス村だということです。

フランス政府の文化機関である日仏学院も近くにあって、
フランス人の住民も多くいます。

2017y01m21d_220020154
日仏学院

ブルターニュ、ブルゴーニュ、リヨンなど
本場フランスの地域別に特化した
フレンチレストランも点在します。

これらのレストランはフランス人と日本人混合の客で
日々にぎわっています。

また、この街には「ミシュランガイド」
“星付き店”も多く点在しています。

飯田橋駅に近い、
フランスのタイヤメーカーのミシュランの日本支社があり、
そのビル内に「ミシュランガイド」の編集部があります。

「ミシュランガイド」には
神楽坂にある店が16店舗ほど紹介され、
なかでも和食の「石かわ」はこの界隈で唯一“三つ星”です。

神楽坂付近はフランス人住民の多い地域ですので、
日本ミシュランの地元への肩入れもそうとうでしょう。

平日の日中は、
神楽坂の坂下に東京理科大学のキャンパスがあるため、
けっこう学生が多くいます。

飯田僑、市ヶ谷側にも日本歯科大学、法政大学もあるので、
料亭やフランス料理屋に入り混じって、
学生向けの居酒屋や喫茶店、ファストフード的な店も多くあります。

神楽坂を奥深く体感するために

神楽坂のおもしろさは、
表通り(早稲田通り)だけでなく、
界隈を縦横に貫いている路地があるところです。

この路地に一本入ると、
雰囲気が一変し、
街並みも変わり、
その路地に溶け込んだお店があります。

2017y01m18d_234719692

2017y01m18d_234745229

表通りを上がっていって
右側は花柳界(かりゅうかい)の趣きのある一帯となっています。

左側奥一帯の日仏学院のある市谷船河原町や若宮町あたりは、
高級住宅地です。

また、小さなお寺が点在する寺町ともなっています。

最高裁判所長官公邸など、外から見るだけでも素敵な邸宅と、
お屋敷ウォッチングも楽しめます。

実はこれまで書いてきたところは、
神楽坂駅より飯田橋駅のほうが近いのです。

牛込神楽坂駅に近い牛込北町交差点付近には、
イタリアン、フレンチ、和食などの、
ちょっと魅力的なレストラン街となっています。

まとめ

以上が神楽坂界隈を散策するための、
基本的な予備知識のほんの一部です。

神楽坂を散策する際は、事前に調べてから行きましょう。

神楽坂に関する書籍やサイトもたくさんあります。

神楽坂で何を見たいのか、
どの辺を散策したいのかを決めておきましょう。

ただ漠然と訪れても焦点がぼけてしまいます。

あなたも、東京の超有名界隈をいつか体感してみてください。