海外旅行の不安は保険加入で安心!現地の禁止事項を知っておこう

2017y01m24d_232725228

日本は治安が非常に良い国です。

そのため、普段と同じ気持ちで海外にいると、
予想もしないトラブルにみまわれることがあります。

1994年発行と古い書籍ですが楽天で購入できます。

海外に行く際は、事前に体調管理はもちろん、
行き先の国や地域のことをよく調べて、
日常とは違うという意識を持って渡航しましょう。

“もしもの時のために、
必ず海外旅行保険に加入しておきましょう。

保険料はけして惜しむものではあいません。

2017y01m24d_231516497

食文化の違いや、日本と異なる環境でのストレス、
疲労などにより、
思いがけず体調不良になる可能性もあるのです。

もし、海外で治療や入院、手術が必要になった場合、
医療費が高額になる事例があります。

保険に加入しておくと、医療費などの補償の他、
貴重品の盗難や遺失時の対価についてのサービスもあります。

保険内容をよく確認し、
可能な限り充実した保険に加入しておくことが大切です。

その他に渡航前に現地での連絡先、
宿泊先や日程等を、家族や友人に伝えておくことが大切です。

宿泊先など大きな変更があった場合は、
必ず家族等に連絡をしておきましょう。

広告
336 ×280

現地のルールや法律、規制

渡航先の法律や習慣を知らなかったために
トラブルになるケースが発生しています。

日本では普通でも、
海外では厳しく規制されていることもあります。

その具体例を紹介します。

禁制品や制限品目

入国時、全ての荷物を開けて検査し、
税関上の違法物品に対して
厳しく取り締まっている国もあります。

国によりますが、禁制品の中には、
CD-ROMや希少動物、骨董品、酒など、
思いがけない品目が多数あります。

日本人には想像をできないようなものが多数あります。

必ず事前に調べておきましょう。

2017y01m24d_212720048

特に近年はテロ対策のために検査が非常に厳重に行われる国が多くなっています。

写真撮影を禁止されている場所もある

2017y01m25d_202314309

多くの国では、軍施設や大統領施設など
重要施設をはじめ、
港湾、空港など保安上、重要な公共施設
撮影が制限されています。

さらには、美術館などの撮影も
許可制や有料制にしているところがありますので、
事前に調べておきましょう。

こういった場所では、
自分たちを撮るつもりでカメラを手にするだけでも
禁止行為とみなされることがありますので
十分な注意が必要です。

その国の習慣を知っておく

日本では何でもないことが、
その国ではNG行為である場合があります。

特にその国の宗教を否定したり、
侮辱するような行為は厳禁です。

現地の人たちに不快感を与えるだけでなく、
法律で規制され、違法行為となる場合もありますので
厳に慎(つつし)むことが大切です。

まとめ

海外旅行を成功させるために
以上のことを十分準備して渡航しましょう。

海外旅行は国内旅行とは違って、
チャレンジ的な要素がありますので
事前準備や調査が重要です。

特に先進国以外の国に渡航する際は、
絶対に持ち込んではいけない物や
厳禁事項を再確認しておきましょう。

実際にこれから渡航される方は、
この記事は基本的なことを簡略に記したものですので、
その他のサイトでいろいろ調べておきましょう。

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする