【和室のマナー】上座を確認!座布団の扱いは?靴の脱ぎ方で差が出る

2017y02m08d_001011648

超簡単!早わかり
「飲食店の和室、お座敷でのマナー解説」

今回は「日本人として知っておきたい和室での振る舞い」
について解説します。

仕事上の付き合いで、自分が最も目下の立場
(新入社員など)の場合に
気をつけるべきことは何でしょうか?

この解説は、10代後半~20代の若者や新入社員のような
若者を対象にした、 超基本的なことを解説しています。

まずは、あなたは一番の若輩(じゃくはい)でしたら、
待ち合わせの時間より少し早めにお店に到着して、
目上の人や上司などをお迎えする心構えと姿勢が大切です。
遅刻したり、目上の人や上司よりも遅く到着することのないように
充分注意しましょう。

広告
336 ×280

上座がどこかをまず確認

お店の人に、予約してある和室の部屋に案内されます。
その部屋に先に上がって目上の人を待つときには、
下座、基本的には出入り口に近い所
座布団には座らずに、
畳にじかに座って待つようにしましょう。

和室の場合は、上座は床の間の前です。

床の間に近い上席は、目上の人にくつろいでもらえるようにと、
敬(うやま)いの心を表した配慮です。

座布団にもマナーがある

意外に知らない座布団のマナーについてです。

座布団は、いきなり自分で座ってはいけません。

勧められてから「あてる」のが礼にかなっています。

また、和室での座礼(座った姿勢でのお辞儀)は、
座布団を外してします。

また座布団は、足が痛くならないようにとの
温かい思いやりの気持ちが込もったものです。

踏んだりまたいだりしないで、大切に扱いましょう。

2017y02m07d_002823910

靴の脱ぎ方

スマートさに差がつくのが、お座敷の出入り口で靴を脱ぐ動作です

後ろ向きの姿勢で靴を脱ぎ、後ずさりして上がる人が多くいます。

しかし、洗練された振る舞いとしては、
正面を向いたまま靴を脱いで上がり、
その後に向き直って膝をつき、
靴の向きを直してきちんと並べるか、
下駄箱に入れます。

下足番(お客さまの履物の出し入れをする人)がいるお店では、
遠慮せずに係の人にお任せして、お礼を言います。

和室での女性の足の崩し方マナー

和室では、女性は長いスカートの着用がお勧めです。
また、足をくずしたいときなどには、ショールなどで足を隠します。
つま先は目上の方に向けないように配慮して流します。

まとめ

以上が、心得ておきたい和室の飲食店での
「和」のマナーを非常に簡略的に解説しました。

若者はいままでの、学生時代の仲間同士の振る舞いでは
実社会では許されません。

目上の人や上司のいる和室でのマナー、常識を身につけることは
非常に重要なことです。

いつこのような場面になっても大丈夫なように、
日頃、マナー本やネットで
勉強しておかなければなりません。

スマートに洗練された振る舞いがそつなくできれば、
若いあなたの評価は必ず上がることでしょう。

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする