若者の「中高年の人」との話し方のコツ、臆さない会話のすすめ

2017y02m09d_002527328

あなたの年齢はいくつでしょうか?

今回は、20歳前後から30代前半の若者が

「中高年の人」との話し方のコツについて書きます。

あなたのまわりの中高年の人はどなたですか?

職場の上司、近所の人、祖父母などでしょうか。

広告
336 ×280

質問形式会話がコツ

若者が中高年の人と話すのは
誰でも難しいと感じるものです。

共通する話題が思いつかない、
切り口さえ見いだせないことも多いでしょう。

しかし年配の人は若者と話をする時は、
けっこうリラックスしているものです。

楽しみにもしています。

ですから、いろいろなことを教えてもらうような形で、
話を聞かせてもらう感じで会話を展開するのがコツです。

要は質問形式会話です。

よろこんでいろいろなことを話してくれるし、
教えてくれるはずです。

そしてあなたにとって参考になり、
勉強になる話が聞けることでしょう。

年配の人は、経験と知識が豊富

年配の人にも若い頃があり、
喜びや苦労があったはずです。

恋も友情も、成功も失敗もしたでしょう。

そこを聞かせてもらえばいいのです。

2017y02m09d_003358679

例えば、社会的な地位がある人や
仕事ができそうな人には
「○○さんにも、
仕事で失敗したことなんてあるのですか?」
と聞けば、いい話が聞けるでしょう。

続けて「それをどうやって乗り越えたのですか?」
と聞けば、自分の未来に必ず役立つ話が聞けるはずです。

今の文化と過去の文化との違いに興味を持って聞く

自分たち若者文化と
年配の人が歩んできた人生には
大きな違いがあります。

そこに興味を持ち、
想像力を働かせて質問します。

2017y02m09d_2347422132017y02m09d_234938298

例えば
●携帯電話がない時代は、
どうやって外で人と連絡を取っていたのですか?
●待ち合わせはどうしていたのですか?
●異性の家に電話するって、
どんな気持ちだったんですか?
するとそこに不便さがあって、
またドラマがあることに驚くでしょう。
●待ち合わせ場所に相手が来なくて3時間も待った。
●好きな人とは手紙でやり取りして、
返事を不安な気持ちで待った。

そんな話が聞けるはずです。

スマホのある現在ではあり得ない生活があり、
深く考えるきっかけになるかもしれません。

あなたも、身近な中高年の人と会話を楽しみ、
昔のことや人生経験を聞くと、
ためになることがいっぱい聞けると思います。

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする