【少子高齢化社会】過度な悲観論は必要ない!課題と対策はこれだ

2017y02m10d_194313194

少子高齢化が進む日本が成長力を維持するためには
どうしたらよいのでしょうか。

今後、日本では若手労働力は減少していくいっぽうです。

海外からの移民を劇的に急増させる政策を、
国民の総意で実行すれば若者は増えます。

しかし、日本の文化や伝統、歴史的観点から
これらの考え方は非現実的な空論です。

ではどうすればいいのでしょうか?

日本の唯一進む方向は、いわゆる「イノベーション」を通じて
企業や社会の生産性を高めていく道しかありません。

イノベーション
全く新しい製品やサービスを生み出すことで、技術革新と訳されることが多い。
アメリカの経営学者クレイトン・クリステンセン(1952年4月6日~)は
「一見、関係なさそうな事柄を結びつける思考」と定義した。
インターネットの登場など、これまでの産業のあり方を覆すようなものは「破壊的イノベーション」と呼ばれる。
(出典:2013-12-05 朝日新聞 朝刊 2経済)

イノベーションは、単に技術の進歩を意味するだけでなく、
斬新なアイデアから斬新な価値を生み出し、
人や組織、社会の幅広い変革を促すという意味もあります。

また、新しい取り組みに積極的に挑戦することや、
生産性の低い分野から高い分野に
資源(富=お金、人材)の配分を移していくことでもあります。

例えば、
国際的にはCO2(ニ酸化炭素)などの温室効果ガスの排出量を
大幅に削減するパリ協定が発効されています。
日本は2050年までに現在より約80%削減するという
長期目標が課せられています。
この目標を達成するには、
自動車の場合、ガソリン車やハイブリッド車を廃止して、
すべてをもれなく電気自動車や水素燃料車に置き換える必要があります。
産業界にとっては大変なことになりますが、
トランプ大統領が何を言っても、 中国が何を言っても、
CO2の削減は世界的な絶対的合意事項です。
日本がCO2の削減社会を実現できれば、 将来の国際競争力の源泉となります。
広告
336 ×280

第4次産業革命で少子高齢化の不安要素をかなり解消できる

もっと大きな視点からは第4次産業革命と呼ばれるもので、
人工知能(AI)やIoT、ロボットの普及です。

第3産業革命に続いて、日本が世界的トップリーダーになれるかがカギです。

2017y02m10d_171930287
第1次産業革命→イギリスから世界に広がった「蒸気機関」の産業への導入、イギリスでは繊維工場への導入がきっかけ
第2次産業革命→20世紀初頭のアメリカを中心とした電気技術による工業設備の発展と分業制による大量生産の実現
第3次産業革命→20世紀後期の日本を中心とした「コンピュータエレクトロニクス」によるオートメーション化を実現
第4次産業革命→2020年過ぎに本格化するといわれている、人工知能(AI)やIoT、ロボットの普及の普及で過去100年間の技術の昇華の実現
IoTとは
「Internet of Things」の略。
2017y02m10d_192937803
意味は、パソコンやスマホなどの情報通信機器に限らず、
すべての「社会的動き」がインターネットを介して
人工知能(AI)につながることで、
国民の生活やビジネスが根底から変わるとい概念。

こうした技術革新の影響を受けない分野は
日本にはないとまでいわれています。
日本は人口が減るわけですから、
その課題を解決するために
人工知能(AI)や IoT、ロボット
より活用する以外には道はありません。

そうした社会のニーズ(需要)に応えられる変化をどんどん取り入れて、
新たな好循環につなげていくことが最重要です。

人口減少、少子高齢化を悲観論だけで考える必要はない!

現在の日本社会は、働き方改革仕事と育児、介護の両立
重要な課題となっています。

1億総活躍社会と安倍首相が2016年に言いましたが、
政府が大号令を掛ければそれで
進むというものではありません。

企業の労働慣行に関わる改革では労使は対立し、
政治的介入は難しい面があります。

ただ、自公政権与党の取り組みは、
近年、現実的なアプローチに変わってきているように感じます。

サラリーマン・労働者(大多数の有権者)側に立って、
長時間労働による過労死が問題となれば、
その再発防止策に迅速に取り組み、
さらに広範な働き方改革を進める契機としてとらえています。

保育所の整備や保育士、介護職の待遇改善も同様です。

今、雇用の現場では、過去の仕事のやり方をずるずる引きずってきた
しわ寄せが数多くの負の形で顕著化しています。

こうしたひずみを、まさに労働市場のイノベーションの契機とらえることが
今の日本では重要であり、タイミングがマッチしていると思います。

まとめ

日本は福島第一原発の爆発事故
重く暗い課題(経済的、心理的)を抱えながら、
歩んでいかなければなりません。

さらには南海トラフ大地震、富士山大噴火などの
地形的100%リスクを抱えた国家国民です。

それでも今後日本は、独創的なイノベーションによって
幾多の試練を乗り越えて、
日本人は脈々と強く生きていくことでしょう。