コンビニのATMの手数料が無料の銀行はこの6銀行

2017y02m18d_000242703

お金をおろす時には、
手数料がかからない銀行のATMまで行くのが得なのか。

すぐそこのコンビニのATMで
108円払って便利におろすのが得なのか。

でも、コンビニATMの手数料って
やっぱりもったいないですよね。

最低でも108円、
時間帯などの条件によっては
さらに多くの手数料がかかります。

それに対して、銀行までいって
ATMを利用すれば当然手数料はかかりません。

もちろん他行のATMであるとか、
時間外の利用でない限りですが。

コンビニでおろすよりは、
その銀行にいってATMを利用したほうが
108円がういて得と思いますよね。

しかし、これは考え方です。

広告
336 ×280

費やす時間と労力を考えるとコンビニのATMで108円払った方が得な場合もある

銀行まで何キロも離れている、
その日雨が降っている、
銀行のATMが混雑していて並んで待たなくてはならない。

2017y02m18d_000003953

オフィス街の銀行では12:00~13:00の昼休みの時間帯は
行列ができていて大変です。

連休前の金曜ともなると、かなりの大行列です。

何キロも離れた銀行に時間を費やして行く。

雨の中を、カッパを着て自転車で行く。

行列に並んで待つ。

これらを考えたら、
すぐそこのコンビニATMで108円を払ったほうが得
という考え方もあるのです。

コンビニのATMはこの3つで全国網羅

コンビニによってATMの種類が異なります。
コンビニに置かれているATMは主に3種類あります。

セブン銀行ATM
セブンイレブン

2017y02m17d_235250215

イーネット(E-net) ATM
ファミリーマート
ミニストップ
スリーエフ
デイリーヤマザキ
など
2017y02m17d_235407369

ローソンATM
ローソン
2017y02m17d_235703674

これら3つのATMは
それぞれ引き落とす時の手数料が違いますので
よく調べてから、
利用してください。

コンビニATMでも引出手数料が無料になる銀行がある

コンビニATMなのに
手数料なしでお金がおろせたらこれは便利です。

新生銀行の口座なら、
コンビニATMで手数料が無料になります。

また、店舗を持たない銀行はコンビニATMで無料です。

【引出手数料無料の銀行】

  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • 新生銀行
  • ソニー銀行
  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行
  • 野村證券(野村信託銀行)
  • 大和証券(大和ネクスト銀行)

しかし、引出手数料無料は回数に制限がありますの下の表を参考にしてください。

 銀行名  セブン銀行  イーネット  ローソン  備 考
 住信SBIネット  無料  無料  無料  イーネット・ローソンは月5回まで、6回目から108円
 楽天 216円  216円  216円  ※
 新生   無料   無料   無料
ソニー   無料   無料   無料  イーネット、ローソンは月4回まで、5回目から108円
 ジャパンネット  162円  162円  162円  月1回は無料。2回目以降は3万円以上なら無料
 じぶん  無料  無料  無料  イーネット・ローソンは月3回まで、4回目から108円
 野村信託  無料  108円  108円
 大和ネクスト  無料  108円  108円  セブン銀行:平日・土曜日の19:00〜21:00は108円

楽天銀行は前月末の残高によってコンビニATMが無料で使える回数が変わる
10万円以上1回無料
50万円以上2回無料
100万円以上5回無料
300万円以上7回無料

こうした手数料無料の銀行に口座を作り、
近所のコンビニATMを利用するのが得策です。
108円も払いたくないし、遠い銀行までいって行列に並びたくない。
もう、これしかありませんね(^_^)
もちろん、お金をおろすという明確な目的があってコンビニへ入るだけです。
コンビニで無駄使いは禁物ですよ。