疲労回復のための入浴法とは?こんな入浴法は危険!

2017y03m13d_232527543

日本人は非常にお風呂の好きな国民といわれています。
1日の疲れがじっくり取れる入浴を至福のときとするのは
日本の国民性です。

そこで、今回は健康のために、
お風呂に入るときの注意点を簡単にお話します。

広告
336 ×280

危険な入浴法とは

42度を超える熱いお湯につかるのは危険です。

2017y03m13d_233249651

日本では毎年3000人以上もの人が、
入浴中に亡くなっていることが分かっています。

熱いお湯につかると、血圧が急上昇して、
血管に大きな負担がかかってしまいます。

さらに熱いお湯のせいで、
血栓を溶かす繊維素溶解(せんいそようかい)が働きにくくなり、
血管が詰まりやすくなってしまいます。

そのため脳梗塞心筋梗塞を起こす危険性が
高まるのです。

また、体の洗い過ぎにも注意しましょう。

体をゴシゴシ洗うのはよくありません。

皮膚表面の大事な層が壊れてしまいます。

体をタオルやスポンジで
ゴシゴシこするように洗う、
“キレイ好き”な人も多いと思います。

2017y03m13d_233002797

しかし、そこまでゴシゴシこすらなくても、
石けんをよく泡立てて、
手のひらで優しくこするように洗うのがベストです。

2017y03m13d_233114938

ゴシゴシ強く洗ってしまうと
皮膚を守っている層が失われ、
敏感肌や乾燥肌の原因になることもあります。

正しい入浴法これとは

夜は38〜40℃くらいのぬるめの湯船に、
やや長めにつかるようにしましょう。

すると、交感神経とは逆の激され、
心身ともにリラックス状態となります。

それにより良質の睡眠につながります。

さらに温浴効果やリラックス効果を高めるために、
入浴剤などを入れたぬるめのお湯につかります。

ゆっくり、じっくりと体を温めるよう
湯船につかることがまさに正しい入浴法です。

まとめ

疲労回復のための入浴と、
入浴の注意点を簡略的にお話ししました。

あなたとあなたの家族が
危険な入浴法を絶対に避けましょう。

そして健康と疲労回復のために
正しい入浴法を知っておきましょう。