「卵はコレステロール値をあげる」は嘘!本当は関係なかった

2017y03m16d_225815323

卵は、きわめてすぐれた栄養食品です。

タンパク質、脂肪、カルシウム、鉄分、
リン、ビタミンA、ビタミンB2 、DHA
などが豊富です。

さらに、人体では合成されない必須アミノ酸の9種類
すべて含まれています。

また、調理法によって栄養の吸収に差が出ることも
ほとんどありません。

賞味期限は
常温で2週間、
冷蔵庫では約1ヵ月は可能
といわれています。

栄養価が高いだけではなく
「安価で、便利な食品」
です。

広告
336 ×280

「卵はコレステロール値を上げる」という俗説

2017y03m16d_225523723

しかしその超優良食品を、
コレステロールが多いから「1日1個まで」しか
食べないほうがいいといわれてきました。

卵の食べ過ぎは
血中コレステロールを増加させる。

それにより動脈硬化の原因になる
という卵を悪者扱いする俗説が
信じられてきました。

とくに中高年の人に、この説を信じている傾向があります。

本来コレステロールは人体に必要なものです。

これをむやみやたらに遠ざけていれば、
かえって健康は損なわれてしまいます。

「うさぎ」の実験結果が「卵とコレステロール」の俗説の発端

それでは卵の食べ過ぎはコレステロール値を上げるという、

この俗説はいつ頃、どうして出来たのでしょうか。

実は、はっきりとわかっています。

この俗説は、今から100年以上も前のロシアでの実験から
端を発しています。

実験では、「うさぎ」に卵を食べさせたところ、
血中コレステロールが増加し、動脈硬化が起こった。

2017y03m16d_230030159

だから、「コレステロールは動脈硬化の原因だ!」
と結論づけられました。

しかし、うさぎは草食動物です。

植物にはコレステロールは含まれていません。

そんな草食動物のうさぎに卵を食べさせれば、
コレステロール値が急上昇してしまうのは当然です。

そもそも、このうさぎの実験によって得られた結果を
人間にあてはめること自体が、
あまりに無理があります。

実験の前提条件が、
現代の科学実験では考えられないことで、
これがナンセンスな俗説の原因となってしまったのです。

広告

あえて卵の注意点をあげるなら…

卵を食べてはいけないのは、
血中コレステロール濃度が病的に高い人と、
アレルギー体質の人だけです。

卵1個に含まれるコレステロールは約250㎎です。

健康な人であれば、
毎食1個、1日に3個ずつ毎日食べ続けても、
何ら問題はありません。

あえて注意すべき点をあげるとすれば、
生卵の食べすぎです。

生卵の白身にはビタミンH(ビオチン)の吸収を妨げる
アビジンという物質が含まれています。

2017y03m16d_230209616

しかしこれは、加熱処理をすれば問題はありません。

最低でも「半熟」にすれば、
ビタミンHの吸収が妨げられることはありません。

「加熱して食べる」

これを忘れずにいれば、
なんら卵を恐れる必要はないのです。

厚生労働省、日本動脈硬化学会も近年訂正した!

厚生労働省は2015年4月に「食事摂取基準」で
コレステロールの基準を撤廃しています。

2017y03m16d_230323920

日本動脈硬化学会も2015年5月に
「食事で体内のコレステロール値は変わらない」
との声明を発表しました。

同学会は動脈硬化を防ぐには食事を含め運動など
生活習慣全般の改善が必要と指摘しています。

コレステロールを多く含む卵だけでなく、
バター、エビ、イクラなどは悪者扱いされてきましたが結局、
これもまた俗説だったのです。

健康のためにも、栄養があっておいし卵を
もっとたくさん食べましょう。

広告
広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする