【分譲マンションのルール】 契約前に「管理規約」の熟読が必須、疑問点は質問を

      2017y04m19d_232949764

契約前に行われる「重要事項説明」では、
マンション管理の内容についても説明が行われ、
数々の書類が手渡されます。
必ず事前に目を通し、納得した上で契約を決断します。
今回はそのチェックポイントを確認していきましょう。

広告
336 ×280

管理規約・使用細則(さいそく)

管理規約は管理を円滑に行うためのルールです。
そして、使用細則は、管理規約の各条文を補い、
より詳しいルールを定めたものです。
新築マンショウンの購入時には、
管理会社などが作成した
管理規約などの「案」が提示されます。

2017y04m19d_232606138

生活ルールを再確認

管理規約や使用細則で最終確認を行います。
リフォームや賃貸などに関する項目も確認が重要です。
参考記事はコチラ

議決権はどうなっているのか

総会の議決権は、
各戸の専有面積割合で振り分けられます。
また、1戸につき1個の議決権を有するケースもあります。

駐車場代などの収入

駐車場代は、管理組合の収入として
修繕積立金に組み込まれるケースが多いです。
ただ、駐車場に空きが生じると、
その分、積立金に不足が生じてしまうことを
理解しておきましょう。

管理委託する管理会社の仕事を確認する

管理会社は、管理組合と『管理委託契約書』をかわし、
契約内容に通りの仕事をします。
新築マンション購入前に
おおよその管理内容が決まっている場合があるので、
簡単に確認しておきましょう。

2017y04m19d_232922224

日常管理の内容を確認

“管理人さん”の
具体的な勤務形態(勤務時間等)や仕事内容を確認します。
また、管理人さん不在時の緊急事態の対応についても
聞いておきましょう。

管理会社の業務について

“管理人さん”が行う日常業務以外に
管理会社が行う業務について、下の例を参考に確認しましょう。

2017y04m19d_232840985

●事務管理業務

管理組合の管理費等の徴収・保管・出納、収支報告・予算作成、
総会・理事会の運営補助、長期修繕計画作成・実行のサポートなど

●建物・設備管理業務

建物およびエレベーターなどの設備の定期点検や修繕の手配など

●清掃業務

“管理人さん”のほか、専門会社に業務委託するケースもある

広告

マンションの寿命に大きくかかわる長期修繕計画

マンションの建物・設備を長持ちさせるためには
定期的な修繕が必要です。
新築マンションでは、
期間30年以上の長期修繕計画を決め、
それをもとに修繕積立金の金額を設定するのが一般的です。

2017y04m19d_232642498

必要な修繕計画が組み込まれているか

一般的に、3年~5年ごとに行われる「鉄部の塗装」と、
10年~15年ごとに行われる
「外壁・バルコニー・屋根等の補修、防水」(大規模修繕)などが
きちんと計画に組み込まれているかチェックします。

修繕費用が不足することはないか

長期修繕計画には、
修繕費用と修繕積立金の収支資料が添付されるのが普通です。
この資料を見て、
現在の修繕積立金で修繕費用がまかなえるのか、
入居後に修繕積立金の改定が必要かどうかを確認します。

入居後の管理は管理組合が主役になる

2017y04m19d_232510705

マンションの引渡後、入居が一段落したころに
管理組合の設立総会が開かれます。
管理組合の初代理事の選出や
管理会社とその業務内容の確認などが行われます。
ここからの主役は管理組合です。
あなたも積極的に参加して、
楽しいマンションライフを築いていきましょう。