カレーのルーを入れるあの器の名前は何ていうのか?

2017y04m21d_234749146

ちょっと高級なレストランで出てくる、
取っ手のついた銀色に輝く、
なんか魔法のランプみたいなおもしろい形、
何となく昭和レトロを感じさせる
カレーのルーが入った食器
の名前を
グレイビーボート(gravy boat)
といいます。
グレイビーボート→楽天ストレート検索

グレイビーソース
(調理された肉から出る肉汁でくられる濃厚なソース)
を入れるための器としてイギリスで生まれ、
その形状が船(boat=ボート)に似ていることから、
このように名づけられました。

日本ではソースポットとも呼ばれていますが、
この言葉をそのまま英訳すると
「ソースをつくるための鍋」という意味になるので、
英語圏では通じない和製英語です。

このグレイビーボートは、
日本ではカレーのルー」か「ハヤシのソース」
を入れるための器として知られています。

日本人は、
なんか魔法のランプみたいな感じだし、
もともとはインド発祥の器と考えている人が
ほとんどだと思います。

しかし、実はインドとは何の関係もない、
西洋料理用の一食器にすぎなかったのです。

広告
336 ×280

「グレイビーボートにカレーのルー」は日本独自のもの

カレー自体は、もともとはインドの食べ物ですが、
現在の日本のカレーは、
日本独自に進化発展した国民食です。

また、グレイビーボートにカレーのルーを入れる食べ方は、
日本独自のものです。

カレーとグレイビーボートは日本での
インドとイギリスの食文化の融合だったのです。

100年以上前に、日本で「カレーのルー入れ」
使ってみたところ、
上品で素敵だったことから日本国内で広まっていきました。

ちなみに、グレイビーボート と一緒に出てくる、
カレーのルーをすくうスプーンのような小さなおたまの名前は
ソースレードルといいます。
2017y04m21d_234642803

あなたは、最初からルーがご飯にかかった状態で出てくるカレーと、
グレイビーボートにルーを入れて、少しずつご飯にかけて食べるカレーと
どちらが好きですか。

いちいちルーをかけるのはまどろっこしい感じもしますが、
高級感が出ます。

しかし、家庭でグレイビーボートを使っている人は
あまりいないのではないでしょうか。

お店の高級な感じのカレーにグレイビーボートはよく合います。

2017y04m22d_003727558

グレイビーボートのカレーの食べ方

2017y04m22d_003605634

取ってと注ぎ口がありますが、
最初に全部ご飯にかけるのではありません。

少しずつソースレードルでルーをすくって
ご飯にかけ食べます。

最後の残りを注ぎ口からソースレードルでかき出すのが
正式な食べ方だそうです。

以上が「カレーのルーを入れるあの器」は
グレイビーボートという名前というお話でした。

広告
広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする