睡眠の質と早寝早起きで、自己治癒力(免疫力)を高める

2017y04m24d_153611628

睡眠は質とリズムが非常に大切です。

いつ眠入り、いつ目覚めるかということも
非常に重要なポイントです。

それは、睡眠も一日の生活リズムの大切な一部分だからです。

体内時計は24時間を基本に流れています。

広告
336 ×280

睡眠中に自己治癒力(免疫力)の修復をおこなっている

私たちの身体は、
一日のスケジュールが狂うことを
とても嫌います。

その大きな理由のひとつは、
自己治癒力(免疫力)が低下するためです。

身体は、昼聞に受けたダメージは、
その夜、寝ている間に修復しようとします。

翌日疲れを持ち越さないためです。

しかし、「夜更かし」や「徹夜」をすると、
だれでも身体的危機を体感するはずです。

睡眠中であっても、
身体はせっせと働いています。

明日の活動の大切な準備をしているのです。

夜寝ている間に、昼間に低下してしまった
自己治癒力を修復しています。

質のよい睡眠をとらなければ、
自己治癒力の修復ができていないまま、
翌日の活動に入らなければなりません。

頭も、肉体もまったく力を発揮できなく、
精神的にもまいってしまいます。

しょっちゅう睡眠をおろそかにしていると、
心身ともに自己治癒力(免疫力)
低下した体質になってしまいます。

実際に睡眠不足がちな人や睡眠が不規則な人は、
免疫力が極端に低下することも
研究結果で判明しています。

決まった時間の就寝と起床+早寝早起き

2017y04m24d_151507478

睡眠時間を十分とって、
早寝早起きが非常に重要であることは、
誰でも知っていますし、昔から言われてきました。

しかし、それをなかなか実現できていないのが
現代人です。

スマホ、PCがあって、
テレビは24時間放送している世の中で、
夜更かししてしまうのも当然です。

昭和時代までは、深夜はテレビはやっていないし、
当然ネットもありません。

夜中は深夜ラジオぐらいしか、
メディアはありませんでした。

しかし、今の情報社会は24時間動いています。

昼間も、深夜も同じように活動できてしまいます。

そのため、睡眠が軽く見られているのも事実です。

広告

睡眠不足は病のきっかけになる

寝不足な人ほど、
心身の自己治癒力が低く、
“がん”などの身体的、
“うつ”などの精神的な
病気のきっかけになる場合もあります。

参考記事はコチラ

参考記事はコチラ

特に体力が落ち始める40歳を越えてからは
寝不足は禁物です。

就寝はできれば夜の12時頃までに、
起床は6~7時頃を目安に
ぐっすりと眠ることが大切です。

「早寝早起き」なんて、いまさら陳腐化した言葉ですが、
やはりこれが自己治癒力(免疫力)を左右する
ということがわかってきています。

はるか昔から言い古されてきた教えですが、
やはり大事なことだったのです。

私たち人間も、大きな意味では自然の一部です。

自然界の営みに逆らってはいけないということです。

2017y04m24d_151126592

睡眠不足は、免疫力の指標のリンパ球数が低下する

がんの人が、
睡眠をきちんととり、
早寝早起きを実行しただけで、
免疫力の指標のリンパ球数が明らかに上昇する人が多くいます。

いっぽうで、残業で寝不足な生活を少しするだけでも、
リンパ球数は明らかにに低下することも確認されています。

24時間の生活リズム、特に睡眠のリズムは、
元気で長生きするための
もっとも大切なポイントのひとつです。

睡眠時間よりも気にするべきふたつのポイント

では、睡眠時間は何時間がベストか?
データでは7時間が一番長生きをする
と言われているようです。

ただ、当然個人差があるわけですから、
あまり時間は気にしなくてもいいかと思います。

それよりも大事なことは
「朝、目覚めがいいか?」
「昼間に、支障がでるほどの睡魔はないか?」
この2点です。

たとえ睡眠時間が5時間だとしても、
目覚めがすっきりしていて、
昼間も元気に活動ができれば、
問題はないといえます。

逆に、8時間も寝ているのに、
目覚めが気持ちよくない。

昼問にも眠気に襲われるのであれば、
これは明らかに睡眠の質に問題があります。

朝日の不思議なパワーを浴びる

睡眠には24時間のリズムと関連して
大切なことがもうひとつあります。

それは、起床時間をできるだけ一定にして
朝日を浴びるということです。

前述で、体内時計は24時間を基本に流れているといいましたが
実は体内時計のリズムは25時間くらいなのです。

つまり、どこかで修正しなければなりません。

そこで、毎日リセットをする必要があるのですが、
人間は朝日を浴びることでそのリセットができるのです。

2017y04m24d_155144108

朝日でなければダメ、
というのが不思議です。

1日24時間と
体内時計の24時間を一致させるために、
同じ時間に起きて、
朝日を浴びる必要があるのです。

よって朝日を浴びことのない、
深夜型の生活は身体に悪影響を及ぼします。
(朝日が降り注いでいる時間帯は布団の中で寝ているため)

今回は、毎日の睡眠の質が
いかに大切かをお話しました。

もしあなたが睡眠を軽視しているのでしたら、
それは今日から改めましょう。

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする