【犬の熱中症対策】室内と野外の違は?保冷剤、飲み物、散歩を考えてあげよう

2017y05m05d_232504875

これから日に日に日差しが強くなります。

急に気温と湿度が上がるこの時期は、
犬の熱中症にも注意が必要です。

人間の熱中症対策は近年、
さまざまなところで説明されていますので、
水分補給などいろいろと知っています。

しかし、犬の熱中症対策はどうでしょうか。

意外におろそかにしている飼い主も多いのではないでしょうか。

熱中症は、高温・多湿が原因で体温調節ができなくなる症状です。

犬は舌を出して、ハァハァ息を吐いて体温を下げます。

2017y05m05d_232046375

しかし、真夏の猛暑ともなると、
気温・湿度が高く熱を発散しにくく、

体温が急激に上がり、体が機能不全を起こしてしまいます。

広告
336 ×280

犬の熱中症対策

では、どうしたら犬を熱中症から守ってあげられるのでしょうか?

まず、散歩に連れて行くときは、早朝や太陽が沈んでからなど、
暑い時間帯を避けてあげましょう。

しかし、日が沈んだ夕方でもアスファルトの上は、
土の上に比べ温度が高くなっていますので注意が必要です。

地面に近い所を歩く犬は熱を受けやすく、
体温の上昇を招いてしまい危険です。

2017y05m05d_232227915

【屋外でつながれている犬】

リードの届く範囲に日陰があることと、
いつでも水が飲める環境が絶対条件です。

時間とともに日陰の場所も変わるので、
常にリードの届く範囲に日陰ができるように工夫しましょう。

一つの器の水ではこぼしてしまったり、
なくなってしまうこともあります。

長時間留守にする際は二つ以上用意し、
常に水が飲めるようにしてあげましょう。

【室内で飼われている犬】

室内で飼われている犬は
クーラーをつけて室温に気を付けてあげましょう。

2017y05m05d_232427885

犬の種類によって適温が違います。

あなたの犬にあった設定温度をネットで調べておきましょう。

また、突然の落雷、工事による停電があることも考え、
保冷剤や冷感マットなどを備えておく工夫も必要です。

ペットショップやネットで
さまざまなペットの熱中症対策グッズが販売されています。

2017y05m05d_232134039

いろいろと検討してみましょう。

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする