【職場不適応症】やたら忙しいのに売上が伸びない会社は危険

2017y05m11d_171307230

日本国内の近年の労働環境は、
サラリーマンにとって極めて厳しい状況になっています。

リストラや派遣の雇い止め、正規社員の雇用抑制など、
労働力はどんどん削減されています。

そして残った人で仕事を完結させなくてはなりません。

経営側は人件費削減を重視しています。

新規採用者数を減らしたり、
なかにはまったく採用をおこなわない会社は無数にあります。

何年働いても
「いつまでたっても新人」扱いされる社員も少なくありません。

2017y05m11d_171640775

し、成長がこれ以上望めない会社は、
従業員一人ひとりの仕事量がどんどん増え、
負担は大きくなっていくばかりです。

しかも、会社や自分の未来が開ける見込みはありません。

仕事が忙しければそれだけ、
仕事がおろそかになってしまい、
精神的にまいってしまいす。

もし、ていねいに仕事ををやろうと思うまじめで誠実な従業員は
時間外労働をしなくてはなりません。

広告
336 ×280

こんな会社はあなたの健康と将来を踏みにじっている

忙しいばかりで成長のない会社は、
給料もちっとも上がらないか、年間数千円の昇給のみです。

すると、心身ともに疲労が蓄積し、疲弊してきます。

忙しくても、成果がでて、達成感や充実感があり、
納得できる昇給があればモチベーションは保てるものです。

これらが何もない職場では、
ただ空しさと、絶望感、疲労感だけが残ります。

2017y05m11d_171351228

さらに職務内容を1から10まですべてを1人で担うことになれば、
責務が重くなるばかりか、孤立感を覚えます。

いつまで頑張り続ければ報われるのか、
徒労感だけが残り、
気力も失っていきます。

そこに「自分もいつリストラされるかもしれない」という
不安が重なれば、さらに労働意欲は低下します。

2017y05m11d_190808745

成長が絶望的な会社の経営者は、
会社存続のみを考えます。

目先のコスト削減に専念するあまり、
働く人の生きがいを奪っていることに気づけません。

職場不適応症に陥る人を出してしまうのも当然です。

経営側に働く人の健康を配慮する余裕がないため、
さらに職場環境は悪化していきます。

疲弊するだけで業績が悪化していく職場、
成果の見えない職場では
社員の徒労感だけが強まります。

そこにリストラや給与削減などの不安が加われば、
従業員は打ちのめされます。

2017y05m11d_171610491

心身の不調を訴えても、
会社側はそれに対応できる力は
すでに残っていないケースがほとんどです。

そして従業員は、強弱はあっても
ほぼ職場不適応症になっていきます。

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする