AI(人工知能)で人間の仕事がなくなるという怖い未来は本当か?

2017y05m27d_001535429

いよいよ、20世紀にSFの世界で描かれていたAI(人工知能)が
現実のものとなる。

科学技術の発展は人類にとっては望ましい。

しかし、このAIが進化すれば、
今まで人間がやっていた仕事を
「AIに奪われてしまうのではないか」という考え方がある。

2017y05m27d_001851314

人間の就職口を減少させてしまう存在になるのではないか
との心配や不安がさまざまなメディアで語られている。

広告
336 ×280

AI(人工知能)は人間の仕事を奪う「AI脅威論」

2017y05m27d_220627347

AIによって、将来人間の仕事が奪われるという、
「AI脅威論」を主張している世界的学者が
アメリカのマサチューセッツ工科大学の
エリック・ブリニョルフソン教授だ。

教授がよく使うたとえ話がこれだ。

1800年代のアメリカ大陸では、馬や馬車が移動手段として普及した。
当時の人々は、今後もずっと馬を利用していくものと考えていた。
1800年代中期には、鉄道がしかれ、鉄道網が発達した。
しかし、人々は乗合馬車に乗り続け、荷馬車も活躍し続けた。
その後も、アメリカ国内の馬の総数は伸び続け、
「鉄道と馬の移動手段は共存共栄し続けていく」と
当時の人々は普通に思っていた。
1850年代にアメリカで電報が普及しると、
郵便速達サービスの「ポニー・エクスプレス」は消滅した。
しかし、この電報というテクノロジーに馬はとって変わられたわけだが、
これは微々たるものだ。
馬を依然としてアメリカ社会で大活躍した。
ところが、鉄道の次にあらわれた移動手段が自動車である。
この時を境に、馬の出番を急激に減っていくことになる。
1900年頃までは蒸気自動車が普及したが、
20世紀初頭からはガソリン自動車の発明で決定的となる。
移動手段としての馬の社会的存在価値は
いよいよ消滅に向かっていった。
1900年前半に始まった自動車の普及は、馬の仕事を奪い、
アメリカ国内の馬の総数は半世紀で88%減少したという。

この話を、「馬」を「人間」に置き換え、「自動車」を「AI」に置き換える
これが教授がよく使うたとえ話で、
「AIで人間の仕事がなくなる」
という主張である。

広告

AIで人間の仕事が激減しても大丈夫という考え方もある

2017y05m27d_001736012

人間の就職口が減っても、
AIで社会全体が底上げされ今より豊かになる。

そして、国が生活に必要な最低限の収入を保障する
「ベーシックインカム」のような富の再分配で
仕事のない人を救えるという考え方である。

「ベーシックインカム」は「資本主義」が進化発展した理論である。

当然「社会主義」とはまったく別物だ。

しかし、多くの人が仕事のない社会でいいのだろうか。

仕事は現金を手に入れるというのが第一義的目的だ。

しかし、仕事とは、社会参画感や達成感、
情熱、やりがい、プライドなどをもたらす、
人としての大切な側面がある。

仕事はなくても、生活ができたら、
即、退屈な人生となるであろう。

いい大人が1日中仕事もせずブラブラする人が大勢いる社会が
AIによって引き起こされる考え方だ。

AI(人工知能 )は、まずは人間の補助的存在に

2017y05m27d_001811388

一方で「AI脅威論」は極端すぎるという考え方もある。

AIは人間に取って代われる部分は
ほんの一部であるという意見だ。

人間とAIの能力には超えられない絶対的な格差がある。

AIはどこまで進化しても、機械は機械であり、
あくまで人間の補助役であり続けると主張する有識者も多い。

「AI脅威論」と「AI補助論」のどちらが正しいのか、
現時点で結論はもちろん不明だ。

時系列的には、まずは人間の補助的な存在のAIが普及することになる。

その後、人に取って代わるAIも当然出現するであろう。

しかし今は50年後、100年後の心配をする前に、
人間補助型のAIを駆使して、
社会の全体の生産性を引き上げることが先決だ。

そして、豊かな社会を実現することである。

人間は馬とは違う。

人間がやっていた仕事をAIがするならば、
人間はAIにはできない、
さらなる高次元の仕事をすることになるのは、
容易に想像できる。

最後に余談だが、
近年、囲碁や将棋、チェスの天才が、
AIと対戦するニュースが報じられる。

2017y05m27d_220346260

これは意義のない対戦のように私は感じる。

例えば、陸上のウサイン・ボルト選手は
人類史上最速といわれる。

2017y05m27d_220439037

これは、人間の中で最速ということだ。

もし、車やバイクと競ってボルト選手が負けた
となっても意味のない対戦だあることを考えると
わかりやすい。

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする