松重豊 『孤独のグルメ』の裏話「番組作成はこんなに大変」

 中年男性が仕事で訪れた街。
そこで腹を空かし、たまたま見つけた飲食店にふと店に立ち寄り、
ひとり黙々と食事を楽しむというドラマ。
そんなありきたりな、中年男性の日常の一風景を切り取っただけのドラマが、
いつの間にか、テレビ東京を代表する人気番組になった。
その番組は
“グルメドキュメンタリードラマ” 『孤独のグルメ』
現在、第6弾が(毎週金曜日深夜24:12~52)放映
2016年5月第6弾にして初となる制作発表会見が、テレビ東京で行われた。

2017y05m28d_234855419

主人公の中年男性、雑貨輸入商を営む井之頭五郎を演じる
松重豊が、
役柄そのままに、時折冗談を交えながら、
作品についての思いを淡々と語った。

「最初にこの話を頂いた時に、
『誰が見るのよ?』って思いました。
視聴者がどのように楽しんでいるのか、
今でも分からないです」(笑)

第1弾を2012年1月5日 ~ 3月22日(12回)に放送された。

第1弾から同じスタッフと協力して撮影を重ねてきた。
当初は10人ほどのスタッフでスタートした番組も、

好視聴率とともにどんどんスタッフが増えていった。

松重豊は「今やスタッフは家族のような存在」と語る。

広告
336 ×280

撮影飲食店を探すのは大変な苦労

実在する飲食店で井之頭五郎を演じる松重豊が、
ただ食べるだけの単純に感じる番組。

しかしこれが想像以上にさまざまな手間が掛かっている。

店はセットではない。

実在する店に依頼して、
その店内での撮影になる。

店を休んで撮影に協力しなくてはならない。

店側もスタッフも出演者も大変な苦労をして
一話一話制作している。

スタッフが飲食店を何十軒も食べ歩き、
やっと見つけた店でも、撮影を断られることもある。

撮影協力してもらえる店が見つかると、
そこから脚本を書き始めて、
撮影の準備に入る。

そんな陰の苦労が、松重豊の独特な演技を支え、
思わず食べたくなるような一品を、
毎回視聴者に届けてきた。

松重豊は毎回おこなっている
撮影のための大変な努力がある。

それは極限までお腹を空かした状態で、
撮影現場に入る。

2017y05m28d_235513656

その状態での一口目は、本当においしい。

その一口目がNGになったら、
その感動は二度と収録できない。

スタッフ全員が一番神経を使う瞬間だ。

今まで一回もNGは出していない。

スタッフと松重豊が一丸となって番組を制作している。

広告

松重豊の『孤独のグルメ』への思い

松重豊は以前、生活に困窮し、
アルバイトで生計を立てていた時期もある。

それでも「俳優とは一体何なのか」
という問いの答えを追い求めて
今日まで地道にキャリアを積み重ねてきた。

その姿は、飽くなき食欲で“おいしい物”を探し続ける
主人公の井之頭五郎と自身の半生を
どこか重ねて演じているという。

松重豊が『孤独のグルメ』シリーズの展望を語った。

「マンネリもマンネリですが、
おいしい物は尽きることがないので、
形を変えてでも何とか続けていけるのかな、と。
おいしい食べ物を
どこまで見つけることができるのかという
“冒険の旅”だと思っています」

松重豊は明治大学卒

2017y05m28d_235958224
【プロフィール】
氏  名 松重 豊(まつしげ ゆたか)
本  名 同じ
生年月日 1963年1月19日
血 液 型  AB型
身     長 188cm
体     重 77kg
出 身 地 福岡県福岡市
出 身 校 西南学院高校(福岡県福岡市)卒業
明治大学文学部文学科(演劇学専攻)卒業

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする