【カビ対策方法】お風呂、押入れ、布団、台所の原因を断つ

2017y05m31d_235602192

「カビは梅雨に発生する」
というイメージがありますが、
実は、菌は1年中、胞子状になって
空気中を舞っています。

小さくて目に見えないため、
人は普段はカビの存在を意識していないだけなのです。

カビを生活空間の場で完全に除去することは不可能です。

しかし、カビを生活の場で、
繁殖させないことが非常に大切です。

梅雨の時期にカビが注目されるのは、
カビが繁殖して
コロニー(肉眼で見える集まり)状になる条件がそろうからです。

その条件とは

①水分(湿度が65%以上)
②温度(20~30℃)
③栄養源

の3つです。

この3つの条件の一つでも抑えることが
カビ対策に有効ということです。

広告

また最近は、乾燥対策のために、
梅雨の時期でも加湿器を使い続けるケースが見られます。

部屋の中に過剰に湿度を上げると、
梅雨時の気温では、
カビの繁殖を促進してしまいます。

繁殖すればカビ臭がしますが、
人の臭覚にはすぐに慣れやすいため、
放置してしまうのです。

では、家庭のカビ対策はどうすればよいのでしょうか。

カビを完全に除去することはできませんが、
意識して対策をすれば、
目に見えるほどの繁殖は
抑えることは十分可能です。

【カビ対策のポイント】

風通しを良くして湿度を下げる

カビの栄養源となるホコリや皮脂などの汚れを取り除く

一度増殖したカビを除去するのはとても大変です。

だからこそ、換気や清潔な生活環境を保つことなど
それぞれの家庭の「得意技」で小まめに対応することが、
発生を抑える対策となります。

アレルギーや食中毒などの健康被害を防ぐために、
日常的な対策を心掛けましょう。

広告
336 ×280

【浴室のカビ対策】使用後の一手間が効果大!

2017y05m29d_235503313

浴室は温度が高く、
湿度も常に高い状態です。

浴室はカビの繁殖にとって適した条件が整っています。

すでにカビが発生してしまっている場合は、
徹底的に除去しましょう。

浴室のカビ対策として、
入浴後の一手間です。

壁や排水口の回りに50度以上の暑い湯をシャワーでかけ、
カビの栄養となる皮脂やせっけんカスを洗い流します。

また、近年は震災対策等のために、
浴槽に残り湯をためでいるケースもあります。

その場合はフタを必ずピッタリ閉めましょう。

50度以上の暑い湯をシャワーでかけた後は、
窓を開けたり、換気扇を回したりするなどして、
温度、湿度を下げます。

水切りハンディワイパーを使って
水を切るのも効果的です。

2017y05m30d_224606720

これらの一手間が、
浴室において何よりのカビ対策です。

それでもカビを見つけてしまったら、
すぐにカビキラーなどを吹きかけて、
こまめにカビ退治をすることが
ポイントです。

2017y05m31d_231847627

【押入れのカビ対策】扉を開けて空気の流れを作る

布団や衣類などを入れる押し入れやクローゼットを
あなたは常に閉め切っていませんか?

閉め切ったままだと、湿気がたまり、
カビが繁殖してしまいます。

出かけるときに、
押し入れやクローゼットの扉を
全開にしておくと換気ができ、
カビ対策になります。

また、扉を常に15㎝ほど空けておくのも効果的です。

梅雨時は晴れた日を選んで、
扇風機などで風を送り込むのも効果があります。

除湿器を使用する場合は、
少し開けた押し入れやクローゼットの前に置きます。

その部屋の扉は閉め切っておくことがポイントです。

湿気のたまりやすい押し入れやクローゼットの
床部分には「すのこ」などを敷くと、
通気が良くなります。

2017y05m30d_000005674

また、筒状に丸めた新聞紙をいくつか入れておくだけで
湿気取りの役割を果たしてくれます。

さらに、除湿剤を使用すると
目に見えて水がたまりますので
意識付けにも使用することをおすすめします。

2017y05m30d_224749988

【キッチンのカビ対策】カビの栄養源が豊富なシンクと冷蔵庫

2017y05m30d_000943294

キッチンの要注意場所は、
シンク(台所の流し)と冷蔵庫の野菜室です。

ジンクの三角コーナーは、
生ごみのため、
特にカビが繁殖しやすい場所です。

生ごみを放置せずに、
小まめに捨てることがポイントです。

三角コーナーは、
衛生面から考えると、
そのまま捨てられる
「使い捨てタイプのもの」がおすすめです。

2017y05m30d_231438517

そして、忘れがちなのが冷蔵庫のカビです。

温度が低いためカビが生えにくいと思いがちですが、
カビはおよそ0~50℃で生息することができます。

特に注意したいのが野菜室です。

2017y05m30d_001253685

冷蔵庫の中で、野菜室は最も温度の高い場所です。

つまり、雑菌が群を抜いて多く生息している場所なのです。

小まめに拭き掃除をおこない、
仕上げに除菌アルコールを吹きかけましょう。

2017y05m30d_232854512

また、野菜を入れっぱなしにせずに、
早めに食べることもカビ予防につながります。

【洗濯槽のカビ対策】洗濯機を脱衣箱代わりに使うとヤバイ!

2017y05m30d_000157103

洗濯漕は衣服に付いた汚れや洗剤かすなどが付きやすい所です。

カビにとって絶好の繁殖場所です。

洗濯専用クリーナーで、
洗濯槽の裏側に付いているカビを除去しましょう。

2017y05m30d_233834825

また、洗濯槽に脱いだ衣類を投げ込んで
放置することは絶対にやめましょう。

洗濯槽のカビを培養してしまうことになります。

また、洗濯機を使用した後は、
洗濯機のフタは常に開けっぱなしにして、
洗濯機の中を乾燥させることもカビ対策になります。

最近の洗濯機には、
乾燥機能が付いているものも多いので、
その機能を使用することもカビ対策になります

【布団のカビ対策】敷いたままだとカビの“温床”に

布団を敷きっぱなしにして、
久しぶりに敷き布団の裏を見ると、
点々と黒い染み付いている場合があります。

それはカビです。

人は一晩でかく汗の量はコップ一杯、
夏には二杯もの量になります。

この汗は蒸発もしますが、
多くは布団に吸収されます。

近年、優れた除湿シートが市販されていますので
使用することを強くおすすめ

します。

2017y06m01d_001419641

また、乳児の布団もカビの温床になる恐れがあります。

カビは呼吸で吸い込むと、
間質性肺炎を引き起こす危険性があります。

布団は小まめに干して湿気を取り除くことが
大切です。

■綿布団は天日干し
■羽毛布団は陰干し

以上のように、
生活の場にカビを繁殖させないために、
あなたなりの方法、作戦を考えて、
清潔な生活空間を維持していきましょう。

カビ対策のポイントは
「風通しを良くして湿度を下げる」
「カビの栄養源となるホコリや皮脂などの汚れを取り除く」
です。

ということは、
人が健康で快適な生活をおくる環境の
真逆の環境がカビの好条件にということです。

運気も下げてしまいそうなカビ

あなたもぜひカビ対策をおこたりなく。

広告
広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする