エスカレーターを使わないで階段だと健康とダイエットになる

2017y06m16d_134856536

 ●神奈川県のJR川崎駅近くのショッピングセンター内の「世界一短いエスカレーター」。
1991年度版のギネスブックで世界最短として認定された。

あなたはエスカレーターを使うことに慣れてしまっていませんか?

もしも当然のように使うひとは、
老化をどんどん進ませてしまっているかもしれません。

わたしたちが生きる日本社会は
生活するのにとでも便利です。

都市部の駅やビルはエスカレーターがあります。

2017y06m16d_143243796

しかしエスカレーターは
自分の足で上り下りできる高さです。

そしてエスカレーターの近くには、
段があるケースも多々あります。

もし近くに階段があるならば、
あなたは他の人がエスカレーターを使っていても、
可能な限り階段を使うことをおすすめします。

広告
336 ×280

足腰を使わないと老化が早まる

高齢になっても
元気にイキイキと生活を送る秘訣は
よく動くことだといわれています。

人体はたとえ高齢であったとしても、
筋肉は使えば使うほど、
日々太く増強されることが解明されています。

逆に使わないでいると、
衰えるのは本当にあっという間なのです。

たった1日寝ているだけで、
全身の筋肉の約3%が失われるといわれています。

高齢者の場合は、
1ヵ月間ほど寝たきりでいると、
もうほとんど歩けなくなってしまうといわれています。

若い人も、中高年の人も意識的に体を動かして、
日常の中で鍛えるようにしましょう。

特に中高年の人は要注意です。

筋肉は20歳くらいがピークで、
トレーニングをしないでいると
その後は年1%ずつ減少していきます。

2017y06m16d_135632564

自身も認識できない程度の少しずつです。

しかし50歳くらいで筋肉は急激に減っていきます。

階段を使う生活に切り替えるだけで、
20歳以降は年1%ずつ減少する筋肉を維持するだけでなく、
増やすことができるのです。

2017y06m16d_135339437

なぜ体を動かすことが若さにつながるのか?

体を動かすべき一番重要な部分は足腰です。

人体の下半身には、
体全体の筋肉の3分の2もの量が付いています。

筋肉は脳の一部分である脳幹と神経でつながっています。

脳幹は自律神経を整え、
呼吸や血圧、体温などを調節しています。

脳幹は人が生きる要(かなめ)を担っている部分です。

この脳幹を正常に働かせるためにも、
体を動かすことは欠かせないのです。

足腰の筋肉を使って脳幹を刺激すれば、
高齢になっても脳幹は正しい指令を
体のあちこちに出すことができます。

これが若々しさを保つことにつながるのです。

健康で長生きするためには、
意識してどんどん体を動かしましょう。

ウォーキングが推奨されているのはこのためなのです。

あなたが「エスカレーターか階段か」の場面では
ためらうことなく階段を選びましょう。

広告

しかし、体を動かすといっても
ジムに通ったり、激しいスポーツを
おすすめしているわけではありません。

日常生活の中でエスカレーターや
2、3階ならばエレベーターを使うことをやめて、
階段の上り下りをするだけで十分です。

たとえエスカレーターやエレベーターを見つけても、
無視することが健康のためです。

2017y06m16d_143012288

毎日のように階段を選んで使っていると、
体が自然に階段を使うようになってきます。

たったこれだけの習慣で
体も脳も若々しさを維持することができます。

費用も時間もかからず簡単に実践できる、
日常の中のトレーニングと考えてください。

35~40歳で3階まで階段で上って
もし息切れするようでしたら、
これはマズイです。

今日から階段を使用する生活に切り替えましょう。

階段を使う習慣はダイエットにもつながる

太っている人は
エスカレーターやエレベーターを使わず、
階段を使うだけで
消費カロリーがアップします。

階段の上りではジョギングとほぼ同程度、
下りでは歩行とほぼ同じカロリーを消費します。

2017y06m16d_140001061

階段を使って足腰の筋肉が強化されると、
脂肪が燃焼しやすい体になります。

あなたもスリムな体形で、
健康でアクティブな日常生活を心がけましょう。