有機ELテレビとは?欠点とメリットはこれ!価格はまだ高い

2017y06m20d_001624002

あなたが今見ている液晶テレビはいつ買いましたか。

アナログ放送が終了した
2011年7月24日の12:00(正午)でした。

その数日前に買い換えた人も多いと思います。

日本中の人が
数万円の出費で液晶テレビを買わされ、
強制的にブラウン管を放棄させられました。

そしてもう液晶テレビの
次世代のテレビが
いよいよ話題になってきました。

それは「有機ELテレビ」です。

広告
336 ×280

有機ELテレビとは?

有機ELテレビは
電気を流すと発光する性質の物質を使った
ディスプレイです。

この発光する物質には、
ジアミン、アントラセンという 有機物
が使われているので、
「有機」というコトバが入っています。

またの名を
「有機エレクトロ・ルミネッセンス」ともよばれます。

有機物そのものが発光するので、
テレビのディスプレイを
非常に薄くすることができるのが最大の特徴です。

どのぐらい薄いかというと、
3~4ミリ程度です。
薄い板みたいな感じです。

2017y06m20d_002512833

試作品では1ミリ以下も実現できています。

もうこうなるとシートみたいな感じです。

このシートに動画が映るのですから不思議です。

従来のテレビの概念では、あり得ない薄さです。

液晶テレビはバックライト方式といい、
ディスプレイの後ろから発光させる仕組みでした。

そのため薄くするには限界がありました。

またプラズマテレビでも同様にある程度の厚みが必要です。

有機ELテレビの薄さ以外のメリットはこれだ!

●画像がくっきりシャープでクリア。
●発色がいい
●動画の動きが滑らかに表示できるため、
 映画やスポーツ、ゲームを楽しむのに適している
●消費電力が少ない
●プラスチックなどでディスプレイ本体を作ることができるので、
 曲面で使用したり、折り曲げが可能

などのメリットがあります。

2017y06m20d_001719685

有機ELテレビの欠点

有機ELテレビの開発を始めた2006年頃は、
有機物の寿命が短く長時間使用できないとか、
ディスプレイをテレビの大きさにするのは 難しい
といわれていました。

しかし、現在はそれらの問題は技術の進歩により
ほぼ解決されてきました。

そのため、ここ1、2年で
東芝、ソニー、韓国LG電子
各社が相次いで有機ELテレビを発売しています。

広告

東芝、ソニー、韓国LG電子、そしてパナソニックが出そろう

2017年6月16日にパナソニック
とうとう有機ELテレビを発売しました。

東芝、ソニー、韓国LG電子
4社の製品が店頭に出そろいました。

2017y06m20d_002247813

家電量販店は専用コーナーを設置して、
各社の製品を並べています。

鮮明な画質、あまりの薄さの
有機ELの特徴をPRしています。

ブラウン管から液晶に変わった時ほどの
衝撃はありませんが、
液晶テレビ発売以来の進化の波がもう数年できます。

メーカーや家電量販店にとって
有機ELテレビは
久々の注目商品です。

東京オリンピック開催の2020年には
テレビの主役はもう有機ELです。

有機ELテレビの価格はまだまだ高い!

2017年6月現在では、
売り場に並び始めた有機ELテレビは
画面サイズ1インチあたりの1万円ほどです。

2017y06m20d_001743731

まだまだ高値で
サラリーマンには買えない価格です。

これは10年ほど前に普及が始まった
大型液晶テレビとほぼ同じ水準です。

液晶テレビはその後、
価格の下落とともに急激に普及していきました。

有機ELテレビも東京オリンピックに向けて
普及の波に乗ることになります。

2017y06m20d_002415628

しかし、こうなると家電量販店では、
有機ELの値下がり待ちの人が増えて、
現在の主役「液晶テレビ」の
買い控えが起きるのではないかという
心配の声も出はじめているそうです。

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする