【長距離運転のコツ】①計画を立てる、②渋滞の回避対策をとる

2017y07m19d_183903637
ゴールデンウイーク、お盆、年末年始の
大型連休は、
車で帰省したり
ドライブに出掛けたりと、
運転する機会が増えます。

今回は長距離運転を
安全に楽しむためのコツを
まとめました。

通勤や仕事、日常で
車を運転している人や、
休日だけ運転する人など、
運転の技術や
慣れは人それぞれです。

しかし、運転に慣れている人も、
そうでない人も、
長距離運転は疲れやすく、
事故の危険性も高まります。

広告
336 ×280

長距離運転は必ず計画を立てる

走行距離を考える
長距離運転を
安全で楽しいものにするためには、
事前に無理のない計画を立てましょう。

1日のドライブスケジュールを
簡単に紙に書き出し
全体像をイメージしておくと
精神的に安定した運転を
することができます。

長距離運転の計画を立てる時は、
全走行距離から逆算して
無理のないスケジュールをくみます。

1日の総走行距離の目安は、
高速道路なら500㎞です。

これは、東京-大阪間くらいです。

一般道なら250㎞です。

しかしこの数値はあくまで目安であり、
「とりあえず走れる距離」です。

現実には渋滞などのロスタイムがあり、
また、休憩や食事、観光などの
時間分を差し引いて
運転計画を立てる必要があります。

2017y07m19d_144748280

また、無理のない、安全な速度は、
高速道路なら平均時速70キロ程度、
一般道なら平均40キロ程度と考えて
計画を立てましょう。

この速度を目安にして
目的地までの時間を計算して、
余裕のあるプランを
立てましょう。

なお、車の運転は、2時間をめどに
休憩しなければなりません。

広告

行きたい場所の優先順位を付ける

出発前に
①最優先で行く所
②できたら行きたい所
などと目的地に
優先順位を付けておきましょう。

もし、時間がない場合は、
優先順位の高い所だけ行く
といった調整もすぐにできます。

渋滞の回避対策のコツ

2017y07m19d_145517119

目的地の手前で降りる

人気の高い観光地などの
高速道路の
インターチェンジ(出入り口)は、
常に渋滞し、混雑しています。

2017y07m19d_145840505

インターチェンジの渋滞は、
料金所での支払いと、
一般道との合流地点での
信号待ちなどによるものです。

この渋滞を回避するためには、
目当てのインターチェンジの
一つ手前のインターチェンジで
高速道路をでます。
一般道で目的地に向かった方が
早く到達できる場合がよくあります。

右折車線側にあるインターチェンジから入るのを避ける

一般道の右折で高速道路の
インターチェンジへと入っていく交差点は、
とても渋滞します。

特に右折レーンが短い道路ほど、
本線までさかのぼって右側車線は渋滞します。

そのため、できるだけ左折して
インターチェンジに入るコースを
事前に地図で調べておきましょう。

まとめ

どうでしたか?
1日の運転計画を紙に簡単に書いて、
それに基づいて走行するのと、
ただ行き当たりばったりで運転するのとでは、
精神的余裕と、疲労感の軽減になります。

また、みすみす渋滞に飛び込むよりも
ちょっと工夫して少しでも時短できる対策をとって
ドライブを楽しみましょう。

あなたなりの長距離運転のコツを持ちつつ、
出来るだけ休憩をとる決断を忘れてはいけません。

疲れた時は事故が発生する確率も
かなり上がります。

まだ疲れていないと自分は思っていても、
意外と長距離運転は疲れるものです。

自分の運転ををあまり過信せずに、
1にも2にも安全運転のために
①計画を立てる
②渋滞の回避対策をとる
の説明でした。

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする