【コーヒーの効果】 特に「肝がん、大腸がん」の予防になる

2017y07m31d_223246404

コーヒーは不眠や、胃を荒らすなどと思って、
飲む量をおさえている人も多いのではないでしょうか。

コーヒーは発見された千何百年も昔は、
頭痛や心臓の薬などとして
もちいられていました。

現在はコーヒーの健康効果が
さまざまな研究機関から発表されています。

広告
336 ×280

コーヒーは「肝がん」「大腸がん」の予防効果がある

日本の国立がん研究センターの研究ブループは、
40~69歳までの男女約9万人を
約10年間追跡調査しています。

その結果、
1日に5杯以上コーヒーを飲む人と
それ以下しか飲まない人との比較で、
「肝がん」(かんがん)の発症率が
飲まない人の4分の1だったと発表されました。

これによって
コーヒーポリフェノールの抗酸化作用と、
抗炎症成分が
「肝炎」の進行を抑えることが検証されたのです。

そして「肝がん」の進行をくい止めることが
推測されるのです。

2017y07m31d_223053290

日本人女性は、
がんの中でも「大腸がん」による死亡率が
もっとも高いといわれています。

岐阜大学医学部の研究ブループが
1992年~2000年の8年間におよぶ
興味深い調査結果を発表しています。

35歳以上の地域住人約3万人に対する調査でした。

[コーヒーを飲まない人の
大腸がん相対リスクを1とした場合]

毎日1杯以上飲む人は
男性→0.81
女性→0.43
という結果でした。

女性においては、
大腸がん相対リスクが
半分以下だったのです。

認知症やアルツハイマー病の予防にも効果的

2017y07m31d_222940508

フィンランドとスウェーデンの合同研究チームが
20年以上かけて50代の男女1409人を対象に、
追跡調査をおこなっています。

中高年のときにコーヒーの1日に飲む量、
「2杯まで」
「3~5杯」
「6杯以上」
の3つのグループに分けました。

その結果、中高年のときにコーヒーを
1日3~5杯飲んでいたブループは、
高齢になったとき、
それ以外のグルーフと比べて
認知症やアルツハイマー病を発症するリスクが
60~65%も低い統計結果がでました。

この調査で、
紅茶では差がでませんでした。

「3~5杯」、
これ以下でも以上でもない
絶妙な量ということです。

2017y07m31d_223817075

コーヒーは糖尿病防止に効果がある

オランダの研究ブループは、
世界中の9件の大規模なコーヒーを飲む量の
追跡調査を利用した興味深い統計結果を出しました。

それはコーヒーを1日「6~7杯」以上と
多く飲む人は、
糖尿病の発生率が0.65倍と
低下するという統計結果がでました。

広告

このようにコーヒーは現代において、
医学的にさまざまな健康効果があることが
検証されているのです。
今後さらなるコーヒーの健康効果が
解明されていくでしょう。

【コーヒーは美容にいい】肌のシミの防止に効果がある!

コーヒーには、
「肌が黒くなる」
「シミになる」など、
美容によくない噂が
いくつもあります。

しかしこれらは全部、
根も葉もないウソです。

実際はその真逆で、
コーヒーはシミの予防に効果があることも
解明されています。

2017y07m31d_222857746

お茶の水女子大学大学院の
近藤和雄教授らの調査で実証されています。

それは30~60歳までの女性131人のシミを、
肌の奥の組織に隠れているシミまで
チェックできる機械で測定しました。

被験者はコーヒーを
「まったく飲まない」
「たまに飲む」
「1日1杯飲む」
「1日2杯以上飲む」
の4つのグループに分けておこなっています。

「コーヒーポリフェノールの摂取量が多いほど
紫外線によるシミが少ない」
という結果が出ています。

まとめ

コーヒーは健康効果があるだけでなく
美容にも効果があります。

コーヒーは非常に価値のある、
意義ある嗜好ドリンクなのです。

2017y07m31d_2236358712017y07m31d_223005701

あなたもぜひ、一息つきたい休憩に、
コーヒーを飲む習慣はいかがでしょうか。

コーヒーにはさまざまな病気のリスクを減らし、
美と健康長寿をもたらす素晴らしい効果があるのです。