【おにぎり丸】種類は5種類!値段、価格が気になる[味の素冷凍食品]

2017y09m26d_230747665

冷凍食品で今注目を集めている
「おにぎり丸」
あなたは知っていますか。

お母さんがつくってくれて
食べたことある
というひともいると思います。

「おにぎり丸」は味の素冷凍食品(株)が
2017年2月12日に全国発売を開始した
おにぎり具材の冷凍食品です。

2017y09m26d_230315102

コンビニのおにぎりのように、
中央に本格的なおかずの存在感が楽しめる
おにぎりの具材です。

これまでになかった冷凍食品の
新市場創造型の商品として
多方面から注目を集めています。

今までは
スーパーのふりかけコーナーの横にある
おにぎりの具材。

これまでは、ご飯にまぶして使うものしか
ありませんでした。

そのためマンネリ化の不満が
消費者には潜在的にありました。

この不満を、味の素冷凍食品が
アイデア食品で打破に成功したのです。

売場はもちろんふりかけの横ではなく
冷凍食品コーナー。

今までのおにぎりの具材は、
ふりかけ的なものでした。

このふりかけ的なさきがけの商品は
ミツカンの「おむすび山」です。

「おむすび山」が発売された1982年当時は
世を驚かせました。

1986年秋頃に放映されたCM

今回の次世代おにぎりの具材「おにぎり丸」は
「おむすび山」以来の衝撃です。

味の素「おにぎり丸」のTVCMは、
嵐の櫻井翔さんを起用し、
大々的に宣伝し始めたのは2017年の春でした。

広告
336 ×280

「おにぎり丸」の種類は5種類

2017y09m25d_143744747

2017y09m25d_143801195

【カレー】
豚肉とほうれん草、にんじん、たまねぎの3種野菜に
チーズを加えたコク深い
「甘口ポークカレーおにぎりの具」。

甘口ですのでお子様でも大丈夫。
しかし、辛いほうが好きな方は、
ご飯で握るときに、一味を「おにぎり丸」に
お好みの量をまぶすとグッドです。

【ビビンバ】
ひき肉とほうれん草、にんじん、豆もやしの
3つの野菜をコチュジャンとゴマ油で味つけした
「ビビンバおにぎりの具」。

【ギョーザ】
ジューシーな餃子の中具を酢醤油で味付けした
「ギョーザ餃子おにぎりの具」。

なお、ニンニクは使用されていませんので安心してください。
ただしニラは使用されています。

【豚角煮】
コロコロと食べやすいサイズの豚肉と
ほうれん草を甘辛いあんでからめた
「豚角煮おにぎりの具」。

【麻婆豆腐】
豆腐と豚ひき肉とネギなどを
味噌と花椒(ホアジャオ)のかくし味の
「麻婆豆腐おにぎりの具」。

甘口ですのでお子様でも大丈夫。

辛いのが好きな方は、
ご飯で握るときに
ラー油をお好みの量をたらすとグッドです。

広告

買うひとの多くは
小中高生の子供がいる
お母さんだそうです。

夫や自分のお弁当用として利用するなど、
広がりを見せています。

カチカチに凍ったままの「おにぎり丸」を 熱いごはんに包んで握るだけで、 ごはんの粗熱で解凍されます。
握ってから約30分後(室温約20℃の場合)に自然解凍され、食べることができます。

2017y09m26d_230351599

栄養満点の豪華なおにぎりが
簡単にできあがります。

まさに多忙なお母さんには
ありがたい冷凍食品です。

味の素冷凍食品の独自製法により、
これまでおにぎりの具にすることが
不可能とされていた
カレーや麻婆豆腐など、
“とろっとした具のおかず”
おにぎりに入れられることが
できるようになりました。

なんてったって
カチカチの冷凍のまま
アツアツのご飯で包むのですから
まさにアイデア商品です。

「おにぎり丸」をイオンネットで価格をチェック

「おうちでイオン イオンネットスーパー」
「おにぎり丸」の値段を調べてみますと
税込で 213円でした。

あなたの近くのスーパーでも200円前後
安ければ税込で190円くらい
で売っていると思います。

「おにぎり丸」は4玉入りですので
1個 50円くらいですね。

これを、違う種類のおにぎり丸を使って、
大きめのおにぎりを2個持っていけば
食べ盛りの中学生や高校生でも
お腹いっぱいになると思います。

リーズナブルな値段だと思います。

まとめ

現在は5種類の具材も
今後種類も増えていくのが楽しみです。

日本独自の食文化「おにぎり」の活躍の場が
「おにぎり丸」で広がることでしょう。

「おにぎり丸」入りのおにぎりを
私はごちそうおにぎりと呼びたいです。

まずは、全種類を食べてみて
あなたの好きなおにぎり丸を
探してみてください。

「おにぎり丸」は味の素冷凍食品(株)の登録商標です。

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする