【空き巣対策】被害に遭わないために、狙われやすい家とは?

2017y11m18d_230824537

卑劣で、不気味で、多大な損害を被る
「空き巣」

精神的ダメージも甚大なおぞましい犯罪です。

空き巣の月別の割合でみると下の表の通り、
年度末と師走が多いことがわかります。

2017y11m16d_222247365

あなたが一生「空き巣」被害にあわないために
「空き巣対策の心得」について解説します。

空き巣は、
①簡単に侵入できる
②確実に窃盗できる
③人目に付かない
この三つの条件がそろった家を探し、狙います。

犯人は道具を入れたり、盗んだものを入れる
カバンを持っていることが多いといわれています。

服装は一見普通のサラリーマンと変わらない服装だったり、
怪しまれない服装でいます。

事前に下見をし、
留守を確認するために
呼び鈴を鳴らします。

しばらく見張っていて
うろうろして留守であることを確認します。

広告
336 ×280

空き巣は侵入に5分以上かかるとあきらめる

犯人が侵入を試みてから
あきらめるまでの時間は、
5分以内が全体の約69%という
調査結果があります。

そのため、家屋はこの5分間を耐える、
侵入をあきらめさせる工夫が重要です。

犯人が嫌がる空き巣防止のために、
さまざまな工夫を紹介していきます。

あなたのお家に当てはめヒントにして
絶対に空き巣被害に遭わないように
万全の対策をとりましょう。

空き巣対策

犯人は「近所付き合いが良く、 連帯感のある住宅街」を
非常に嫌います。

空き巣をあきらめた理由で最も多いのが
「近所の人に声を掛けられたり、ジロジロ見られた」
というデータがあり全体の63%にもなります。

ということは近所がお互いに、無関心な場合は、
空巣にとっては好条件となってしまいます。

不審者を見掛けたら、
まずは「何かご用ですか?」
などと声を掛けましょう。

日頃から近所付き合いを大切にすることが、
空巣に狙われない地域づくりにつながります。

補助ロックを付ける

ドアや窓に補助錠が付いている場合、
侵入までの時間を稼ぐことができます。

結果として犯行をあきらめさせることができます。

窓や戸には二重の鍵やストッパーつける工夫が大切です。

ダミー防犯カメラ

2017y11m16d_225555205

防犯カメラの存在は、泥棒にとって非常に脅威となり、
空き巣をあきらめさせる効果を高めます。

防犯カメラといっても、ダミーカメラで十分です。

ダミーカメラだけでも
「空き巣」抑止効果は大きいです。
ダミーカメラはネットで
たくさん市販されています。
ダミー防犯カメラ

犬をいる
2017y11m17d_000647756

犬がいて空き巣をあきらめた理由は
全体の31%(複数回答)というデータがあります。

室内犬であっても、外飼い犬であっても
効果があります。

犬に吠えられながらでは犯行は困難です。

空き巣は飼い犬がいない家屋を選びます。

しかし、犯人がどうしても狙いたい家屋の場合は、
外飼い犬のならば、
日数かけて犬をエサをやり、
手なずける場合もあるため、
番犬の過信は禁物です。

侵入警報システム
2017y11m18d_231245377

赤外線センサーで侵入者を検知すると
大音量で威嚇する侵入警報システム

夜間や人通りの少ない場所で
効果を発揮します。

広告

防犯砂利
2017y11m16d_2302011632017y11m16d_230009656

踏むと音のする防犯砂利を窓に下に敷き詰めるなど、
踏むとジャリジャリ音がするため、
犯人は逃げ出す防犯グッズです。

窓に頑丈な面格子

2017y11m18d_230606505

トイレや浴室など高い位置にあるからといって、
安心してはいけません。

ガラスは手の入る小さな穴を割ってあけ、
カギを開けて簡単に侵入されてしまいます。

2017y11m18d_230110699

そのとき、窓に頑丈な面格子(めんごうし)が付いていれば、
侵入を防ぐことができます。

窓の付近に、侵入を容易にしてしまうような
足場になるものを置かないことも心掛けてください。

「合せガラス」の窓ガラス

2017y11m16d_235712411    2017y11m18d_233545038

侵入を許してしまった原因として、
「戸締まりの忘れ」に次いで多いのが
「ガラス破り」です。

そんなときに有効なのが
防犯ガラスの「合わせガラス」です。

このガラスは2枚のガラスの間に、
0.76㎜以上の厚さの強い特殊フィルムが挟んであり、
窓の鍵を開けるだけの小さな穴も割りにくいため、
大きな防犯効果が期待できます。

まとめ

侵入窃盗の呼び方には3種類あります

①家人が留守間に侵入して金品などを奪う→『空き巣』
②家人が寝ている間に侵入する→『忍び込み』
③家人が起きて過ごしている部屋と別の場所に侵入する→『居空き』

今の世の中は侵入窃盗の約7割が『空き巣』です。

だからこそ留守中の自宅を守ってくれる
防犯対策、防犯グッズが大切なのです。

2002年以以降、
日本国内で侵入窃盗件数は減少しています。

これは、防犯を前提に作られる住宅が増えたことに起因します。

しかし、戸締まりを忘れたり、ガラスを破られたりして
被害に遭うケースは相変わらず多いのが現状です。

一戸建てでも、マンションでもその傾向は変わりません。

犯罪者に侵入を許すスキを与えないために、
こまめな戸締まりが大切です。

ちょっとゴミ出し、
ちょっと近所になど
少しの外出でも
『これくらいなら大丈夫』 と思わず
“戸締り”をすることが大切です。

また、近隣同士の普段からの声掛け、
敷地内の整理整頓が侵入窃盗の防犯になります。

最後に、あなたが自宅の玄関にかぎをかけ出かけるときに、
遠くの方まで、よく見まわすクセをつけましょう。

もしかしたらあなたが同じ時間に出かけることを知っていて、
空き巣に見張られているかもしれません。

「自宅が無人になる定刻の外出時」
は十分注意しましょう。

広告
広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする