【アニオタの歴史】女子と男子で世界が分かれた原点を探る<アニメオタク>

2017y12m01d_182617074

日本では、誰もが幼少期に
アニメに触れ、夢中になるのがほとんどだ。

しかし、テレビアニメ視聴が子供たちの「通過儀礼」として終わらずに
10代前半~20代へと年齢を重ねても継続してのめり込んでいる状態を
「アニオタ」 (アニメオタク・アニメ愛好家)と称される。

つまり中学生、高校生ぐらいからオタク化が始まる。

アニオタの出現は1970年代の
『宇宙戦艦ヤマト』『アルプスの少女ハイジ』の
テレビ放映された時にめり込んだ10代、20代の人が
アニオタの原点と考えられる。

広告
336 ×280

アニメオタクの発端は70年代の『宇宙戦艦ヤマト』から

『宇宙戦艦ヤマト』は、
1974年10月6日~1975年3月30日まで全26回、
日本テレビで放映された。

2017y12m01d_164014937

初回放送は視聴率が低く失敗アニメとされた。

翌年1975年9月から札幌地域、
1976年1月から日本テレビで再放送された。

さらに各地域で続々と再放送が行われるにつれ、
『宇宙戦艦ヤマト』が再評価されるようになってきた。

特に関東地域では
再放送で20%の視聴率を記録した回があり、
この再放送や映画化により社会現象となる
歴史的大ブームを巻き起こした。

これは“ヤマトブーム”のみならず、
後のアニメブーム、
そしてアニメ史上でさまざまな影響をもたらした。

『宇宙戦艦ヤマト』
それまでの男の子を対象にしたアニメとは異なり、
SF的設定やヒロインの森雪(もりゆき)、
主人公の古代進(こだいすすむ)とのロマンスなど
大人も楽しめる初めてのアニメであり、
多くのファンを獲得した。

2017y12m01d_222448209

後の『機動戦士ガンダム』を代表とする
SF系作品群の先駆である。

1979年4月7日~1980年1月26日まで
テレビ朝日『機動戦士ガンダム』
(土曜日 17:30~18:00)が放映された。

2017y12m01d_164548398

『宇宙戦艦ヤマト』の記憶に新しい中、
初回放送は低視聴率で終了しており、
一ロボットアニメにすぎない位置づけであった。

その後、ヤマトと同様、再放送や映画化で社会現象となる
歴史的アニメとなった。

同時に、ガンダムに登場するメカロボットの
プラモデル(通称ガンプラ)も多く発売され
一大ブームとなった。
2017y12m01d_164952474

ガンプラは当時10代~20代の男子を中心とする
アニオタの拡大に大きく影響した。

『機動戦士ガンダム』により、
アニオタの存在は社会的に確立した。

一方『アルプスの少女ハイジ』
ヤマト、ガンダムとは違う源流となった。

『アルプスの少女ハイジ』は、
フジテレビの日曜夜7時30枠で1974年1月6日〜12月29日まで
全52話が放送された。

2017y12m01d_164342151

また5年後の1979年3月17日から、
ダイジェスト版が劇場映画として
公開されている。

フジテレビの長寿番組となった
世界名作劇場の第1作となる
『アルプスの少女ハイジ』は、
少年少女向けに
名作の精神を伝えていく
アニメであった。

このように、ハイジはヤマトとガンダムと
まったく異なる性格の違うアニメであった。

特に、関東圏の初回放送時は
ヤマトとハイジは同時間だったため、
子供たちはどちらの作品を見たかで、
その後のアニメに対する方向性が異なっていった。

ヤマトは男子系家庭で、
ハイジは女子系家庭で視聴されたのだが、
初回放送では、ヤマトはハイジに
視聴率的に完敗している。

ヤマト派はガンダムを代表とするSFロボットアニメへと進み、
ハイジ派はハートフルな作品にはまっていったものと考えられる。

なお『アルプスの少女ハイジ』は、
場面設定・画面構成は宮崎駿
演出は高畑勲が担当している。

ハートフルな作品の代表的位置づけは
宮崎アニメ、後のジブリアニメへとつながる。

『未来少年コナン』(宮崎アニメ)は
1978年4月4日~10月31日にかけて、
毎週火曜7時30分~8時に
NHKで初めて放送されたアニメだ。
2017y12m01d_165321580

翌年1979年12月15日公開の宮崎駿の映画初監督作品
『ルパン三世 カリオストロの城』へと続いた。
2017y12m01d_165437416

アニオタの80年代

1981年10月14日~1986年3月19日まで、
水曜19:30~20:00枠の
フジテレビ『うる星やつら』が放映された。

2017y12m01d_165542807

さらに翌年1982年
『魔法のプリンセス ミンキーモモ』が人気になった。

また、世界的に評価が高い宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』
1984年に公開され、アニオタだけでなく、
幅広い層の人たちに感動と衝撃を与えた。

『風の谷のナウシカ』は新たなアニメファンの獲得へ結びつき
歴史的な作品となった。

2017y12m01d_170244504

この頃にアニオタという存在が
社会的に知られるようになり、
いよいよ日本アニメ文化の本格的台頭の時代へと
突き進むこととなる。

80年代は、「ヤマト、ガンダム」系、
「ハイジ」系とはこまったく異なる
「魔法少女」系分野が確立された。

この先駆けが「ミンキーモモ」「クリィミーマミ」である。

『魔法のプリンセス ミンキーモモ』

2017y12m01d_165700096

1982年『魔法のプリンセス ミンキーモモ』
(テレビシリーズ・第1作)全63話

1985年『魔法のプリンセス ミンキーモモ 夢の中の輪舞』ビデオ

1991年『魔法のプリンセス ミンキーモモ 夢を抱きしめて』
(テレビシリーズ・第2作)全62話

1993年『MINKY MOMO IN 夢にかける橋』(ビデオ)

1994年『MINKY MOMO IN 旅だちの駅』(ビデオ)

『魔法の天使クリィミーマミ』

2017y12m01d_170851141

クリィミーマミは1983年7月1日~1984年6月29日まで、
日本テレビで全52話が放映された。

テレビシリーズ終了後、VHSビデオで4点発売された。

1984年『魔法の天使クリィミーマミ 永遠のワンスモア』
TVシリーズの総集編+続編

1985年『魔法の天使クリィミーマミ ラブリーセレナーデ』
ミュージッククリップ

1985年『魔法の天使クリィミーマミ ロング・グッドバイ』
シリーズ完結編

1986年『クリィミーマミ ソングスペシャル2 カーテンコール』
ミュージッククリップ

『キャプテン翼』

2017y12m01d_171033779

『週刊少年ジャンプ』で
1981年18号~1988年22号まで
『キャプテン翼』が連載された。

1983年から『キャプテン翼』
テレビ東京で放映された。

『キャプテン翼』当時テレビ東京開局以来のヒットと称され
最高視聴率21.2%を記録している。

『キャプテン翼』は日本国内にサッカーブームを巻き起こし、
Jリーグ創設の機運をつくった決定的なアニメである。

2017y12m01d_171014177

また、世界50か国以上でテレビ放送され
世界的なサッカーアニメである。

なお、 キャプテン翼』は『週刊少年ジャンプ 』で
1981年18号~1988年22号まで連載されていた。

広告

アニオタの90年代

2017y12m01d_171112805

1992年~1997年にテレビ朝日で
『美少女戦士セーラームーン』
5シリーズ全200話が放映され、
劇場版も複数公開された。

少年少女だけでなく、
20代~30代の男性アニメオタクからも
絶大な人気をはくした。

セーラームーンはタイプの違う少女たちが
正義のために戦うという内容。

この主人公たちのそれぞれのファンとなった層が、
後の“萌え系アニオタ”の源流と位置付けられている。

90年代半ば、1995年10月4日~1996年3月27日に
テレビ東京『新世紀エヴァンゲリオン』
(水曜日18:30~19:00)
が放映された。

2017y12m01d_171319532

リアルで詳細なSF的設定がなされた
メカロボット系アニメである。

登場人物の1人である
「綾波(あやなみ)レイ」に代表されるような
魅力的なキャラクターをミックスした作品であった。

特に男性アニオタをひきつけた。

2017y12m01d_171219078

『新世紀エヴァンゲリオン』はテレビ放映後、
VHS、DVD、Blu-rayで多くの作品を世に送り出した。

『新世紀エヴァンゲリオン』『美少女戦士セーラームーン』同様に、
一時期社会現象といわれるほどの人気となった。

近年では「新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX」
NEON GENESIS EVANGELION Blu-ray BOX
(2015年8月26日 発売)と20年間にわたって進行した
壮大なアニメ作品であった。

テレビ放送からは離れた作品発信となったため
知らない人はまったく知らない、
まさにアニオタの世界を構築した
大アニメワールドであった。

アニオタの2000年代

2017y12m01d_171754330

『機動戦士ガンダム』の新シリーズである
『機動戦士ガンダムSEED』全50話
2002年10月5日~2003年9月27日(土曜日18:00~18:30)に
放映された。

10代~30代を中心にして、ガンダムが再ブレイクした。

また『週刊少年ジャンプ』で
1999年32号~2008年14号まで連載されていた
『テニスの王子様』。

2017y12m01d_172953685

テレビ東京で『テニスの王子様』
2001年10月10日~2005年3月30日にかけて
水曜19時~19時27分枠で放映された。

これは80年代の『キャプテン翼』のときと同様
アニオタを大いに刺激した。

まとめ

以上、1970年代末期~2000年中期までの
アニオタの概要をまとめた。

当然、諸説あり確定的なものでは一切ない。

完全に私心に基づいたものである。

2000年代中期以降については
現在進行している現象でもあるので、
周知の通りであり割愛した。

1970年代の
『宇宙戦艦ヤマト』『アルプスの少女ハイジ』
10代で視聴した年代が
アニオタ層の中心と考えられる。

『宇宙戦艦ヤマト』
『アルプスの少女ハイジ』以外、
1970年代には数多くのアニメが放映されているが
アニオタを出現させる
ということはなかった。

つまり、この2作品がアニオタの ビッグバン
であったことは間違いない。

1970年代の『宇宙戦艦ヤマト』現象以来、
時代時代でアニオタを刺激する
歴史的なアニメ作品が登場している。

そのたびにアニオタは増え続けている。

80年代に20代だったアニオタは、
50代~60代になっている。
その年代になってもアニオタを続けている人は
多く存在すると推察できる。

10代~60代まで
アニオタが存在していることになる。

アニオタは知識欲、収集欲が非常に強い。

また、ハードディスクレコーダーや
PCを駆使して
TVアニメの録画、編集すら行うアニオタもいる。

現在のアニオタは
80年代、90年代のアニオタよりも
活動が膨大、かつ飛躍的に多角化している。

今や、アニオタは若者だけの人生観、文化ではなく
中高年層にも及ぶ現代日本文化なのだ。