【マルちゃん 】「カレーうどん」を アレンジで濃厚、クリーミーに!

画像クリック商品詳細

 東洋水産(株)の
「マルちゃん カレーうどん」
というと、昭和時代から売っている
「オレンジ色の袋の
インスタントカレーうどん」

2013年10月7日(月)より発売された
「マルちゃん正麺カレーうどん」
2つがあります。

画像クリック商品詳細
両方粉スープで、
どちらがどう違うのかは、
詳しくはわかりませんが、
麺に関しては、
当然「正麺」の方が生麺感があります。

どちらもおいしいのですが
スープがサラサラで、
「マルちゃん正麺」といえども
濃厚さに欠け、
やっぱりインスタント感はあります。

スープには物足りなさを感じます。

そこで今回は、
「オレンジ色の袋」の方でも「正麺」でも、
簡単アレンジで
本格的なカレースープにする方法を
お話します。

広告
336 ×280

「マルちゃん カレーうどん」を古奈屋のカレーうどんのようにする簡単な方法

2017y12m05d_194053288

画像クリック商品詳細

1983年に東京の巣鴨で創業したうどん屋、
古奈屋「麺つゆ+牛乳」で作る
カレーうどんを発売しました。

一躍人気店となり世の話題になりました。

昔ながらの“おそば屋さんのカレーうどん”は
麺つゆにカレーを混ぜるだけでしたが、
古奈屋のカレーうどんは
牛乳を混ぜるところが斬新でした。

クリーミー感が売りで、
洋風的な感じを出しました。

この「クリーミーカレーうどん」
“インスタント袋麺カレーうどん”で
簡単に再現できますので
その方法をお話します。

今回は生麺感がある正麺を使って
本格的カレーうどんにする方法で説明します。

2017y12m11d_201702612

①水550ccのうち100ccを牛乳にします。
クリーミー感は牛乳の割合で変わりますので
お好みで調節してください。

②水を沸騰させてカレーライスのルーを
1ブロック欠いて、溶かします。
2017y12m05d_195216022
濃厚カレースープがお好みのひとは
多めにルーを入れてください。
※ルーをあまり多く入れ過ぎると
塩辛くなってしまいますので注意!

③ルーが完全に溶けるように
よくかき混ぜます。

④麺を入れ4分間茹でたら、
牛乳を入れます。

⑤袋の裏面の「つくり方」には
5分とありますが、
冷たい牛乳を入れますので牛乳を入れて
沸騰したら火を消します。

※牛乳を入れて沸騰すると
吹きこぼれますのですぐに火を消します。

⑥火を消したら添付の粉スープを入れて
よくかき混ぜて完成です。

ポイントは、よくかき混ぜることです。

これだけで古奈屋風の
「クリーミーカレーうどん」ができます。

この方法は
「安い、簡単、早い、うまい」です。

どのカレールーにするかで
味は変わってきますので
あなたの好みを見つけてください。

広告

「マルちゃん カレーうどん」オレンジ色の袋麺


画像クリック商品詳細

オレンジ色の袋麺は
1966年より発売開始した
50年以上も発売されている
超ロングセラー昭和レトロ食品、
“レトロ即席めん”の一つです。

「インスタントカレーうどん」といえば
このオレンジ色の袋を思い浮かべる人も
多いと思います。

オレンジ色の袋麺も上記同様に
本格的なカレースープになります。

ただ、麺はインスタント麺感そのものです。

インスタント麺感が好きなひとも
多いと思いますので
正麺とはまた違ったおいしさがあります。

カレールーは、1回に少ししか使わないため、
残ったルーはジップロックのような
パックに密封して、
冷凍庫に保存して
少しずつ使っていきましょう。
(5食入りパックですので5回使います)

まとめ

2017y12m05d_200547739

クリーミーじゃなくていい、
クリーミーが苦手というひとは、
牛乳なしでカレールーだけを使えば
和風カレーうどんになります。

また、「オレンジ色の袋」「正麺」も、
子供にも食べられ、万人向けにするために、
甘口カレースープになっています。

2017y12m05d_202237812

辛口のカレーうどんがお好みの人は、
辛口カレールーを選んでください。

今回紹介した
「マルちゃん カレーうどん」
のアレンジは
本格的なカレースープにする方法でした。

カレーライスのルーを利用するアレンジは
ネット上でほとんど紹介されていないと
思います。

ぜひあなたも試してみてください。

お好みでネギ、味玉、肉など
具材をいろいろ工夫すると
さらに美味しくないります。

広告