食後の歯磨きはダメだった!タイミングは何分後?すぐは良くない!

2017y12m11d_2250373762017y12m11d_224703862

虫歯にならないために、
食後すぐに歯磨きを心がけている人も多いと思います。

実はこれが無意味どころか、
「歯に悪い影響を及ぼし、間違っていた」
というショッキングな医学的根拠があるのです。

広告
336 ×280

歯磨きを“食後すぐ”は良くない

2017y12m11d_230726587

“食後すぐに歯磨き”と
そんなに急ぐ必要はありません。

「歯磨き」とは食べかすをとることではなく、
プラークを減らすことです。

虫歯の原因はプラークです。

さっき食べた物の食べかすは
虫歯の原因にはなりません。

食後すぐの歯みがきをする人の考え方は、
歯に付いた“食べかす”を
早く取り除いて、
いち早く虫歯を予防しようというものです。

しかし、歯磨きとは、
本来“歯を磨く”ことではありません。

食後に歯についた“食べかす”をエサにして増殖してできた、
歯垢(しこう・プラーク)を取り除くことが目的です。

「歯垢=食べかす」と間違って理解している人が多くいます。

プラークは、漢字で歯の垢(あか)と書きますが、
実は食べかすではなく細菌のかたまりのことです。

プラークをほうっておくと、口の中で細菌が増殖し、
これが虫歯の原因です。

それを取り除くために、歯磨きが必要なのです。

歯磨きのタイミングは夜寝る前

プラークは食後8時間ほどでできはじめ、
24~48時間で歯石になるといわれています。

いったんかたい歯石になると、
歯ブラシで取り除くことはできず、
歯医者さんでなくては取り除くことはできません。

つまり、夜寝る前の歯磨きで
プラークを除去することが
虫歯や歯周病の予防になるのです。

2017y12m11d_232258468

歯磨き後は、ジュース、アルコール、果物、お菓子など
一切 口にしてはいけません。

水、お茶、紅茶、コーヒーはOKです。

ただし、ミルクや砂糖を入れた紅茶、コーヒーはNGです。

しかし、寝る前は
紅茶、コーヒーはカフェインと利尿作用の点から
お勧めできません。

食後の歯磨きは良くない

唾液は細菌のかたまりを予防する効果があります。

つまり、食後すぐに「うがい」や「歯磨き」をしてしまうと、
「唾液」の効能を打ち消してしまいます。

2017y12m12d_000522645

虫歯の第1段階は、
口の中で酸によるエナメル質の破壊です。

この現象は「脱灰(だっかい)」といいます。

脱灰により歯に虫歯菌が入ってしまい
虫歯が進行します。

脱灰の初期の段階で有効なのは「唾液」なのです。

食べた後の口内は酸性になります。

食後に酸による脱灰から歯を回復させるために、
唾液が「再石灰化」してくれるのがです。

ですから、唾液をしっかり出すことが重要です。

せめて食後数時間は唾液パワーにまかせておくべきです。

「歯磨き」や「うがい」はせっかくの唾液を
洗い流してしまいます。

歯磨きの正しい方法

歯ブラシが簡単に当たる歯の平らな表面だけを
長年ゴシゴシ力いっぱいこすっていると、
歯の表面が削れてしまいます。

2017y12m11d_231056944

歯磨きとは
●歯と歯の間
●歯と歯茎の境目
●奥歯のかみ合わせの溝
この3つのブラッッシングです。

2017y12m11d_230030020

歯ブラシの柄を“ペンをもつように”握り、
力を入れず、ブラシの毛先を軽く当てて、力を入れずに
ソフトなタッチで細かく振動させる程度です。

当てたところだけ1、2ミリ動かす感じです。

ゴシゴシとは程遠いいものです。

力はまったく必要ありません。

プラークは力で除去するものではありません。

広告

歯間ブラシや糸楊枝(フロス)も歯ブラシと並行して使う

2017y12m11d_233119533

歯ブラシだけでは、
プラークは6割程度しか除去できないといわれています。

2017y12m11d_224643199

これはとてもショッキングなことです。

では、どうしたらよいのでしょうか。
それは「歯間ブラシ」や「糸ようじ(フロス)」
を使う習慣をつけましょう。

歯と歯の隙間は「糸ようじ」で、
歯と歯の隙間の歯茎付近は「歯間ブラシ」で
ケアをします。

①フロスを上下させて、
ブラシの毛が届かない部分のプラークを除去します。

2017y12m11d_232914965

②歯間ブラシでブラシの毛が届かない、
歯と歯のすき間の下の歯茎付近を

出し入れして磨きます。
2017y12m11d_232754949

歯間ブラシは太さがいろいろありますので、
ちょうどいい太さを選びましょう。

細すぎてぶかぶかではよく磨けません。

また、太すぎても歯間に入らなかったり、
抜けなくなったりしますので危険です。

また、場所によって歯間ブラシの太さを変えることも
よい方法です。

なお、歯磨き粉は特に重要ではありません。

歯磨き粉の泡はプラーク除去には
何の役にも立ちません。

歯ブラシがあたって初めて効果があるのです。

歯磨き粉をつけずに磨いても問題ありません。

電動歯ブラシの場合は、専用の歯磨き粉を使いましょう。

まとめ

虫歯や歯周病予防以外に、
健康寿命を延ばすという視点からも
「お口のケア」は重要です。

2017y12m11d_233502218

私たちには虫歯予防に有効な「唾液」
という天然の治療薬ともいえるものがあります。

歯や口の中の正しいケアは一日でも早く始めましょう。

習慣化した自己流は楽ですが、
効果がなければ何の意味もありません。

健康寿命を延ばすために、
正しい口腔ケアを始めましょう。