【ハウスプリンの素】この作り方で濃厚、クリーミー満足プリンになる!


1988年頃のハウスプリンのCM/河合奈保子

ハウス「プリンの素」は、
同じくハウス食品(株)が発売している
シャービックとともに現在も店頭に並ぶ
昭和レトロ食品です。

実は、ハウス「プリンの素」は
2つあることを知らない人もいると思います。

TVCMなど宣伝では「ハウスプリン」としかうたわない他、
絶対にミクス、エルという言葉を使わないため
ほとんどの人が耳にしないためです。

知っていたとしても、
どう違うのか知らないひとも多いと思いますので、
簡単に説明しておきます。

商品名は『プリンミクス』と『プリンエル』です。

広告
336 ×280

『プリンミクス』『プリンエル』その違いは?

2018y01m11d_2137168492018y01m11d_213807101

『プリンミクス』はお湯で作るつくる、
『プリンエル』は牛乳で作るつくるかの違いなのです。

『プリンミクス』は赤いパッケージ
『プリンエル』はオレンジ色のパッケージ

どちらもカラメルソースの素(粉末)も添付されているのが
うれしいです。
水で溶いて簡単に作れます。

でもこのカラメルソースは食べるときに
上からかけるタイプです。
2018y01m11d_213632558

『プリンミクス』は昭和39年(1964年)に発売された、
超レトロ食品です。
2018y01m11d_210904556
発売当時価格は70円
2018y01m11d_211027785
【発売当時のパッケージ】前面、裏面ともレトロ感がスゴイ

『プリンエル』は昭和63年(1988年)に発売されました。

このハウス「プリンの素」によって
だれでも家庭で簡単にプリンが作れるようになりました。

お母さんたちも大助かりで、
手作りプリンの概念が日本に定着するきっかけをつくりました。

どちらも現在も販売されている超ロングセラー商品です。

今や50代のひとも、ハウス『プリンミクス』
子どもの頃から知っているということになります。

「あ、これ懐かしい、子供の頃、お母さんがつくってくれたな~」

と思う人も多いと思います。

広告

【作り方】ハウス「プリンの素」を濃厚、クリーミーにする簡単アレンジ①牛乳を使う

ハウス「プリンの素」は当然のことながら、
コンビニのスイーツコーナーのプリンや
ケーキ屋さんのプリンと違って、
味はうすくてインスタント感はバッチリです。

しかし、本来お湯で作る『プリンミクス』(赤い箱の方)
を牛乳で作ることで満足プリンにすることができるのです。

次の画像は『プリンミクス』の作り方です。

2018y01m11d_220414416

●お湯(70度以上)200cc 牛乳(70度以上)200cc
●水100cc 冷たい牛乳100cc

に置き換えて作ってください。

確かに、パッケージ裏面の作り方の②の欄に、
※水の代わりに同量の牛乳で作ると風味が増します。
小さく記載してあり、
ハウス食品は牛乳を推奨しているのです。

さらに①のお湯200ccも牛乳にしてしまいましょう。

つまり、合計お湯300ccすべてを牛乳にするのです。

【作り方】ハウス「プリンの素」を濃厚、クリーミーにする簡単アレンジ②卵と生クリームを使う

そこに卵黄を2個入れる
そうとうコクがでておいしい満足プリンができます。

卵黄は冷たい牛乳を入れた後に入れ、泡立て器でよくかき混ぜます。

『プリンミクス』『プリンエル』両方とも
「玉子原材不使用」の文字を
パッケージ前面に大きく記載しています。

2018y01m11d_213647923

これは卵アレルギーのひとが多い現在、
大きな長所としている商品だからです。

プリンで卵原料不使用は珍しいです。

あなたが卵アレルギーではなければ、
ぜひ卵黄を入れてみてください。

そして、ハウス『プリンミクス』を
究極に濃厚クリーミーにするためには、
生クリームを50㏄ほど入れる
相当本格的な濃厚プリンになります。

この時、牛乳を50㏄減らして
生クリームに置き換えるという考え方です。

あまった生クリームは
シチューなど他の料理に使用する計画を考えておかないと
無駄になってしまいますので注意してください。

ハウス「プリンの素」は子供の頃のお母さんの味

あなたのハウスプリンの思い出は、
赤の『プリンミクス』ですか?

それともプリンミクス発売の24年後、
1988年、バブル経済のときに
リニューアル新発売された
オレンジ色の『プリンエル』ですか?

実は水で作れるハウス「プリンエル」は1971年に発売され
その後、生産終了していた商品です。

 発売当時の広告(1971年)

どちらにしても今や懐かしい、
誰でも知っているハウスのプリンの素。

今回は赤の『プリンミクス』を使って
簡単アレンジで
本当は濃厚クリーミーなスイーツになる
というお話でした。

でも、子供の頃、
お母さんがつくってくれた
あの薄いプリンも
すごくおいしかった記憶がありますが・・・
懐かしい