松田翔太の評判は悪い?映画撮影での出来事

2016y10m03d_193159765

松田翔太さんの主演映画が突然、撮影延期になったのです。

すでに7割ほど撮り終えていたのに、理由の脱明もないまま、
予定していたロケも中止となったそうです。

映画
ディアスポリスDIRTY YELLOW BOYS-』
オーバーフェンス
と出演作が立て続けに公開され、
売れっ子ぶりを見せつけている
松田翔太さん。

そんな彼の主演で撮影が進められていた、
キングゴングの西野原作の映画
『グッドコマーシャル』の撮影延期が
いきなり決定したのです。

クランクアップは8月下旬
の予定だったそうですが、
いったい何が起きたのでしょうか。

製作関係の話として
撮影当初から
松田翔太さんに問題が起きていたそうです。

映画は7月9日に東京でクランクインしました。
ところが、撮影の安全を祈る神事が始まる時間になっても、
松田翔太さんにが出てこなかったんです。

40分問ほどタカハタ秀太監督は
立ちっぱなしで松田翔太さんを
待っていました。
監督を気づかって、
「休んでてください」と
スタッフが声をかけていたそうです。

松田翔太さんは気難しい人で、
ロケ先で
「サインは無理でも写真だけでも……」と
頼まれても、そっけなく断る人だそうです。

そんな松田翔太さんが態度をより硬化させたのは、
口ケ先を仙台に移してからだそうです。

広告
336 ×280

演技をめぐってタカハタ秀太監督とぶつかり…

仙台ロケ2日目にアパートでの撮影シーンでのこと。

あるカットで監督がOKを出したが、
松田翔太さんが“納得がいかない”と
撮り直しを要求しました。

でも監督は「あれでOK」と。

松田翔太さんは納得できなくて、
目に見えて雰囲気がおかしくなりました。

その後、彼が一日中ホテルの部屋から
出てこなかった日もあった。

共演する先輩俳優も説得したが
耳を貸さなかった。

と撮影スタッフは話しているそうです。

しかし映画の配給元の撮影延期については、
あくまで製作上の判断で
脚本を直すことにしたからです。

脚本を変えると、撮影の季節も変わってしまうので
撮影自体を延期せざるをえなかったとの説明だそうです。

配給元の関係者
「松田翔太さんとタカハタ秀太監督」の
関係悪化が原因ではないということでした。

さらに、松田翔太さんとタカハタ秀太監督がもめたとか、
ホテルに閉じこもって出てこなかったとか、
そういう事実は一切ないということでした。

松田翔太さんの所属事務所もこのことは
否定しているそうですが、
はっきりした返答ではなかったそうです。

ある映画関係者は
松田翔太は天才肌というか、
ナイーブで扱いにくい俳優なのは事実。

主演ドラマで
こんな役<やりたくねえ>と言ったり、
過去に似たようなことはありました。

今回も、彼が原因と推察されても仕方かない俳優だそうです。

それでも、私は松田翔太さんの大ファンなのです。