雇用保険を自己都合でもすぐ支給される「就労可能証明書」の提出

2018y02m01d_144445301

あなたの現状は、
憂うつ感、絶望感、自責感、悲観的で、
心が一杯で朝、会社に行くのが異常につらくないですか?

何をしても楽しくなく
思考力、判断力、集中力、根気がなくなり仕事どころではない。

こうした抑うつ症状の会社員の人を対象
今回は打開策をお話していきます。

広告
336 ×280

退職してすぐに失業保険の給付金を支給してもらおう

社風が自分と合わない、
夢も希望のない、いじめなどいろいろ悩んで、
精神的にまいって退職を考えている人も多いと思います。

しかし、会社を辞めたからといって、
自分に合った会社に再就職できるかわからない。

すぐに次の仕事を見つけることができるかも不安。

抑うつ状態で前向きに次の就職活動ができなくて、
それも悩みで疲弊しているのではありませんか?

あなたのその精神状態は
「心の障害」に陥っています。

とにかく今の会社を辞めましょう。

すくなくともあなたにとってはそこはブラック企業です。

会社を辞めてからゆっくり次の仕事は探せばいいのです。

再就職先の最初の給料日まで無収入になる恐怖は当然です。

しかし、そんな時のために雇用保険料を
毎月給料天引きで払っているのです。

あなたは失業給付金は3ヶ月間もらえないことは
知っていると思います。

普通に3ヶ月給付制限がかかります。

実際にあなたの口座に失業給付金が振り込まれるのは
約4ヶ月も先のことです。

4ヶ月も無収入ではとても生活はできませんし、
貯金もなくなってしまいます。

疲弊した心身をいやすどころか、
さらに精神状態は追い込まれ
うつ病になりどうしようもない窮地におちいってしまいます。

しかし、あなたが職場のせいで抑うつ状態であると
自覚しているのであれば、
すぐに失業給付金をもらう手続き方法があるのです。

特定理由離職者になって雇用保険(失業保険)を自己都合退職でもすぐ給付金をもらう手続き

あなたは「心の障害」での退職です。

自己都合(自分から会社を辞めた)でも、
手続きをして特定理由離職者になって
失業保険の給付金をすぐに支給してもらえます。

あなたの離職票-2の離職理由欄の
「離職コード40」になっているはずです。

この「離職コード40」が自己都合退職で
3ヶ月給付制限ということです。

この離職コードを「33」に変更すると
特定理由離職者になります。

2018y02m06d_143222644

変更するためには医師に『就労可能証明書』を記入してもらい
ハローワークに提出します。

『就労可能証明書』は診察料以外に、
文書料として数千円のお金がかかります。
(文書料は病院によって違います)

広告

自己都合でも「心の障害」ならば、すぐ失業給付金を支給される方法

離職コードを「33」に変更して特定理由離職者なるためには
次の第一条件第二条件の①~⑦のどれか
に該当する必要があります。

あなたのように精神的にまいっている人は②に該当します。

【特定理由離職者に認定されるための条件】

第一条件
雇用保険の加入期間が6ヶ月以上ある。

第二条件
①~⑦のどれか

① 有期の雇用契約が満了し、更新されなかった
② 体力不足・心身障害などにより業務遂行が困難になった
③ 妊娠・出産などで退職し、かつ受給期間延長措置を受けた方
④ 父・母の扶養介護が必要になったなど、家庭事情が急変した
⑤ 単身赴任者などで、今後家族との別居生活を継続することが困難になった
⑥ 結婚などで住所が変更になり、会社への通勤が困難になった
⑦ 会社の人員整理などで、希望退職の募集に応じた

【特定理由離職者になるための流れ】

退職願を上司に提出する1ヶ月前でも、数ヶ月前でもいいので、
メンタルクリニック、心療内科に一度行ってください。

そこで職場が原因で精神的にまいっていることを医師に説明します。

《退職後》
雇用保険「被保険者」離職票-1、2が会社から自宅へ郵送されてきます。

もしも退職後10日くらい待っても郵送されてこない場合は、
会社に催促するか、住所地を管轄するハローワークへ相談して下さい。

雇用保険「被保険者」離職票-1
1離職票

雇用保険「被保険者」離職票-2
離職票2

『就労可能証明書』用紙はいつもらえばいいのか?

雇用保険「被保険者」離職票-1、2が
会社から届いたらハローワークへもって行き、
「求職の申込み」をします。

これは、「自分は就職の意思がある」とい宣言のようなものです。

「求職の申込みの日」に持参するもの

1.離職票-1、離職票-2
2.雇用保険被保険者証
3.本人確認できるもの「運転免許証やマイナンバーカードなど」
4.写真2枚(たて3㎝×よこ2.5㎝の顔写真)
5.印鑑
6.本人名義の普通預金通帳

この日にハローワークの担当の人にいって
『就労可能証明書』の用紙をもらいます。

そして、7日後の受給説明会の日時が知らされますので、
その日までに『就労可能証明書』を医師に記入してもらっておきます。

受給説明会の日に『就労可能証明書』をハローワークに提出します。

特に病名を付けるほどでもない場合の精神的支障の場合、
診断書は「自律神経失調症」と書くことが多いようです。

もし医師から聞かれたら
あなたから医師に病名は
「自律神経失調症」と書いていただければ・・・
と話してください。

なお、記入してもらうときに、
絶対に間違ってはいけない点があります。

医師に今の職場のせいで精神的に具合が悪くなり、
転職して他の会社ならば元気に働くことができると
断言してください。

なぜかというと『就労可能証明書』には、
次の2つの項目があるのです。

どちらも「1」に○をしてもらわなければなりません。

【就労上の指導・アドバイス等】
1. 仕事の継続は難しく、退職(転職)・休養(休職)等が必要であった。
2. 退職(転職)・休養(休職)等は必要ではなかった。
【現時点での就労の可否】
1. 就労は可能である。
2. 就労は不可能である。

2018y02m01d_132711423

つまり、あなたは今の会社、職場で精神的にまいってしまっているのですから、
今の会社以外ならばすぐに再スタートできると確信してください。

そういう就労可能状態でないと特定理由離職者にはなれません。

まとめ

以上のように退職前に一度メンタルクリニック、心療内科へ行っておくだけで、
自己都合で退職していても、
3ヶ月間の待機期間をたったの7日間にできるのは事実です。

この事実を知っている人はけっこう少ないかと思います。

今回のお話は職場のせいで
抑うつ症状などで「心の障害」
退職することを想定して説明しました。

もしもあなたが「 体力的に限界」の場合であっても
医師に説明して『就労可能証明書』に病名を記入してもらい、
特定理由離職者になりましょう。

疲弊した心身の状態で、今の職場に通勤しながら
転職先を見つけることは現実的には不可能です。

じっくりと準備し、検討して転職先を決めることが大切です。