ネバネバ食材の効果効能が凄い!ムチンという栄養素が決めて!

2018y03m28d_233643762

納豆は嫌いな人と好きな人とはっきり分かれる食品です。

しかし「オクラ、山芋、なめこ」この三つの食品は嫌いという人は
あまりいないと思います。

私は納豆が好きですが、
嫌いな人は「オクラ、山芋、なめこ」に注目して
今回の記事を読んで下さい。

納豆は本当にいろいろ身体にいい食品ですが、
「オクラ、山芋、なめこ」も
身体にいい食品です。

広告
336 ×280

インスリンを分泌する「すい臓」を助ける「ムチン」は凄い!

2018y03m28d_231914781

ネバネバ、ヌルヌルが共通している
「納豆、オクラ、山芋、なめこ」には
ムチンと呼ばれる成分が含まれています。

糖質(=炭水化物)は体に吸収されると
ブドウ糖に分解されます。

ブドウ糖は脳の唯一の栄養です。

血液中にブドウ糖が入ってくると、
それを細胞に取り込むために
インスリンというホルモンが分泌されます。

血液に急激にブドウ糖が入ってくると、
インスリンが大量に必要となり、
せっせとせっせと
どんどん、どんどん
インスリンを分泌します。

そうなるとインスリンをつくるすい臓が
くたくたになり疲弊してしまいます。

すい臓が疲弊した状態が常態化すると、
糖尿病やさまざまな病気を誘発します。

すい臓を絶対に疲弊させてはダメなのです。
そこでムチンの登場です。

ムチンは糖質と結びついて
糖質が体に吸収されのを抑える作用があります。

炭水化物が大好きな人は特に
「納豆、オクラ、山芋、なめこ」を
常日頃食べるように心がけましょう。

そうすればすい臓がインスリンを分泌する負担が少なくなります。

近年の研究では、長寿の人ほど
インスリンの血中濃度が低い状態に保たれていることが
わかっています。

納豆などネバネバした食材は
健康長寿を目指すためには抜群の食事です。

糖質は非常に大事な栄養素ですが
炭水化物をいきなり大量に食べて
血糖値を急上昇させることは絶対にダメです。

インスリンが大量に必要になる体内状態は危険です。

「納豆、オクラ、山芋、なめこ」の他にも
れんこん、昆布、里芋、長芋にも
ムチンがたっぷり含まれています。

ムチンのパワーで
インスリンをコントロールする食生活を意識し、
すい臓を大切にする思考が大切です。

広告

「納豆、オクラ、山芋、なめこ」はこんな効果効能もある

納豆
●サポニンという物質は、
●がん予防、動脈硬化を予防します。
●肝臓の機能を向上させて、
体の毒素を効果的に分解排出の手助けをします。
●便秘の改善にも役立ちます。

オクラ
2018y03m28d_233037956

●ネバネバに関係があるペクチンが含まれています。
ペクチンは食物繊維の一種で、
便秘の改善に役立ちます。
●強力な保水効果
●細胞を活性化させて老化予防

山芋
2018y03m28d_233343962

●胃潰瘍や胃炎の予防と改善
●血中コレステロールの改善
●肝臓・腎臓を助ける作用
●滋養強壮

なめこ

2018y03m28d_232852351
●たんぱく質の吸収を助け、
目や胃腸などの粘膜表面を保護
●肌の乾燥を防いで保湿力を高め
潤いある肌を保つ作用
※免疫力機能を活発化させる作用があることは
各国の研究機関が確認しています。

ネバネバ丼もたまには食べましょう

2018y03m29d_230702543

ネバネバ丼レシピ
①長芋はすりおろす
②納豆とタレを混ぜる(カラシはお好みで)
③なめこを水で軽く洗い、
輪切りにしたオクラと一緒に熱湯でさっと茹でて
ザルにあけ、さっと水を流す。
④「長芋・納豆・なめこ・オクラ」を玉子1個と混ぜる
⑤麺つゆを少々混ぜて完成

おいしく食べるコツは炊き立ての熱々ごはんにのせて食べることです。

血糖値が気になる場合は「桑の葉」をサプリメントでとる

実際は毎日ネバネバ食材を食べるわけにもいきません。

また、現実的には毎日の食生活上で、
血糖値を急上昇させないのは難しいのが現実です。

そこで効率的で、便利なのが血糖値の上昇を穏やかにしてくれる
サプリメントです。

安くて続けやすい高品質はDHCの
「桑の葉エキス「甘(かん)バランス」」をオススメします。

朝、昼、夜の食事の前に、一粒ずつ分けてとるサプリメントです。

※参考に楽天で「桑の葉エキス「甘バランス」をご覧ください。

 
ご購入の際は、送料のことを考えて
お近くのお店やDHCのネットショップで直接購入されるとお得です。

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする