【麺のスナオシ】評判は上昇!そば、ラーメン、うどん、焼きそばのカップ麺、袋麺の品質もパッケージも進化していた!

スナヨシトライアル袋 スナオシトライアルカップ

下の記事に
【麺のスナオシ】 評判は?激安のカップ麺、インスタント麺の種類が凄い、 会社は茨城県にある!
で(株)麺のスナオシのパッケージ画像を掲載しています。

すごい数のカップ麺と袋麺のインスタントラーメンを
製造販売している会社です。

カップ麺と袋麺は2017年頃に、
“いつの間にか”
「麺’s味工房」シリーズとして
品質もパッケージデザインも
リニューアルしています。

広告
336 ×280

【麺のスナオシ】「麺’s味工房」シリーズカップ麺の最新パッケージ画像

醤油丸
【醤油ラーメン】
『チキンベースの風味豊かな醤油スープ』
がキャッチコピーです。

味噌丸
【味噌ラーメン】
『合わせ味噌の風味と香辛料が決め手』
がキャッチコピーです。

塩丸
【塩ラーメン】
『野菜のうまみとスパイスがひきたつ塩ラーメン』
がキャッチコピーです。

トリミング豚骨カップ麺
【豚骨ラーメン】
『豚骨スープのコクとごまが織りなすマイルド仕立て』
がキャッチコピーです。

辛味噌丸
【辛味噌ラーメン】
『まろやかな豚骨スープと豆板醤の辛さが決め手』
がキャッチコピーです。

しかし、(株)麺のスナオシの公式ホームページには
新パッケージの画像はのっていません。(2017年4月現在)

ていうか、、(株)麺のスナオシの公式ホームページは
基本更新されません。

公式ホームページは新パッケージどころか、そうとう以前からある
古いパッケージ画像しかのっていません。

麺もスープもすごくおいしく品質改良されているのに
そのことも一切触れないホームページです。

麺のスナオシのカップ麺「醤油」パッケージの変遷

醤油のカップ麺のパッケージを例に変化を見ていきます。

旧醤油カップ麺トリミング
2014年頃までは、「麺のスナヨシ」文字を前面にドーンと出して、
「お得なおいしさ」と安物を強調する文字を大々的に掲げた、
軽薄なパッケージデザインでした。

   

2018y04m24d_233630987
2015年頃。安物感を払しょくして、
何か普通のカップ麺の雰囲気を出してきました。
このデザインで初めて「麺’s」の文字が出ました。

      ↓

醤油旧丸
2016年頃。「麺’s味工房」シリーズの始まりです。
さらなるデザインをアップをしてきました。

        ↓

醤油丸
現在のデザインです。2017年から始まったと思われます。
洗練されたデザインで麺のスナヨシとは思えない雰囲気です。
かっこよくなっています。 

「ゆず胡椒ラーメン」はまだ売っているのか?

私が好きだったカップ麺「ゆず胡椒ラーメン」
公式ホームページには一度ものったことはありません。

柚子胡椒カップ麺トリミング

まだ製造しているのでしょうか?
確かカップ麺「ゆず胡椒ラーメン」は2016年には
ウチの近所のディスカウントストア「トライアル」で
売っていたと思います。

しかし今は売っていません。
もう製造していないのでしょうか?

「ゆず胡椒ラーメン」の袋麺はなかったのでしょうか。

広告

【麺のスナオシ】「麺’s味工房」シリーズ袋麺の新パッケージ画像

「麺’s味工房」シリーズ

全商品が「新製法 旨麺 腰を効かせたツルシコ麺」

新製法

トリミング醤油
【醤油ラーメン】
『チキンのうまみをベースにしたスープに
香辛料とごま油が香る醤油ラーメン。』
がキャッチコピーです。

トリミング味噌
【味噌ラーメン】
『ポークのうまをベースにしたみそスープに
隠し味の山椒を効かせた味噌ラーメン。』
がキャッチコピーです。

トリミング塩
【塩ラーメン】
『野菜の甘みが効いたさっぱりスープに
数種類の香辛料で仕上げた塩ラーメン。』
がキャッチコピーです。

トリミング豚骨
【豚骨ラーメン】
『2種類の豚骨スープをブレンドした
深みのあるコクの豚骨ラーメン。』
がキャッチコピーです。

トリミング焼きそば
【ソース焼そば】
『スパイシーな特製甘辛ソースが絡む
香ばしい美味しさのソース焼そば。』
がキャッチコピーです。

「麺’s味工房」シリーズはネット上になぜか出ない

Amazonや楽天などネット通販サイトにも
「麺’s味工房」シリーズは出ていません。

旧製品も製造しつつ、新シリーズの製造販売を
開始したのでしょうか?不思議です。

旧パッケージは質素というか安っぽい、
地方四流インスタント麺という感じで、
品質も“昔の即席めん”といった感じでした。

旧製品は、ちょっと人前で食べるには
抵抗ある雰囲気のパッケージデザインでした。

2017y09m19d_170656114

新パッケージはデザインにお金をかけています。
安っぽくありません。

品質も味も格段に向上しています。

進化しています。

2018年4月現在の近所の
ディスカウントストア「トライアル」にて
新しくなってもカップ麺は激安の59円です。

袋麺は激安の169円です。

※ウチの近所のトライアル(2018年4月現在)

価格はそのままで、
商品ステイタスをアップさせた「麺のスナオシ」。

しかし、2018年4月現在、公式ホームページには
品質向上もリニューアルも一切触れていません。

もしも日清食品、マルちゃん、サッポロ一番、
エースコック、ニュータッチだったら
大騒ぎして宣伝するはずです。

当然、公式ホームページで大々的に告知するはずです。

それなのに「麺のスナヨシ」は何もしません。

もしかしたら「麺’s味工房」ブランドシリーズは
リニューアルでなくて
「麺のスナヨシ」が
ディスカウントストア「トライアル」専用に
製造しているのではないかと思ってしまいます。

トライアルとは

2018y04m25d_235351149

ディスカウントストア「トライアル」は
福岡市に本社のある九州の巨大企業です。

2016年11月現在

九州地方→69店
中国地方→18店
近畿地方→19店(京都府・和歌山県にはない)
中部地方→3店(岐阜県・愛知県にはない)
甲信越地方→4店(山梨県だけ)
関東地方→46店(内8店は子会社のトライウェルが運営する店舗)
東北地方→12店(秋田県・山形県にはない)
北海道→21店
あなたの近所にトライアルがあったら
インスタントラーメンコーナーで
「麺のスナオシ」があるか確認してみてください。

一方、「麺のスナヨシ」は茨城県の
資本金1000万円の会社です。

私は関東在住ですが全国の「トライアル」でも
「麺のスナヨシ」のカップ麺、袋麺は売っているのでしょうか?

「麺のスナヨシ」と「トライアル」との関係、気になるところです。

最後に私は「麺のスナヨシ」のカップ麺、袋麺は2日に1回は食べる
「麺のスナヨシ」大好き人間です。

麺もスープもすごくおいしいです。
それでこの値段、驚きと感謝です。

もちろんディスカウントストア「トライアル」で買っています。

広告