シャービックのイチゴを果汁たっぷり濃厚クリーミーにするレシピ[ハウス]

シャービックは無果汁ですが、シンプルに水で作っても懐かしく素朴な

アイスキャンディーになります。

日本人にはおなじみのハウス食品のデザートの素です。

他の記事で牛乳と生クリームを使って
「濃厚クリーミーシャービック」の作り方を紹介しています。

今回は
「濃厚クリーミー&果汁、果肉たっぷりイチゴシャービック」
の簡単レシピを紹介します。

生クリームといちご生ジュースで作る贅沢シャービックです。

広告
336 ×280

「シャービック」に生クリ―ムと“本物いちご”をプラス

ジャービックの箱の裏面には
水400㎖でシャービックの素の粉末を溶いて作る方法が説明されています。

今回は、この水の代わりに、いちごの生ジュースと生クリームを使います。

水は一滴も使いません。

ただし、贅沢な分、材料費もかかりますのでご了承ください。

生クリーム

生クリームとは乳脂肪分が18%以上を含むクリームのことです

クリームには乳脂肪とサラダ油の二つがありますが
乳脂肪のほうが断然おいしく、健康にもいいです。

ハーゲンダッツもこの乳脂肪を主原料にしています。

ただ、乳脂肪はサラダ油に比べて値段が2倍以上、
乳脂肪分が40%台のものですと3倍以上の高価なものになります。

乳脂肪はパックに
「フレッシュ100」「純乳脂肪」「生クリーム」
などの文字が書いてあります。

サラダ油(植物性)のほうはパックに
「○○ホイップ」や「ホイップクリーム」
などの文字があります。

もちろん安く作りたい場合は植物性クリームでもぜんぜん大丈夫です。

いちご

いちごがスーパーに並ぶ季節はだいたい12月~4月くらいです。

12月はクリスマスケーキの季節ですのでたくさん売っていますが、
実際の旬のいちごは3月、4月ごろです。

この時期の甘くておいしいイチゴが買える時期のイチゴを使うといいです。

しかし、シャービックを作りたくなる時期は夏休みの時期の7月、8月ですね。

生ジュースにするいちごは冷凍保存しても使えますので
3月、4月ごろの旬のいちごをジップロックに入れて
冷凍保存して夏に使うのが私のおすすめです。

すぐに使う時でも、冷凍する前でも注意することは、
ヘタ(葉)をつけたまま水でよく洗います。
(ビタミンが流れ出さないようにするため)

よく洗った後でヘタを取ります。

ヘタはただ指でむしり取るのではなく、
包丁のあご(刃の一番下)で
果実までくり抜くようにヘタをとります。

そうしないと、かたい部分、緑が薄っすらと残っていて、
食感が悪くなります。

広告

「シャービックイチゴ」を果汁、果肉たっぷり濃厚クリーミーレシピ

シャービックイチゴを
「果汁たっぷり、濃厚クリーミー満足アイス」にするレシピは
次の通りです。

【材料】

① イチゴのシャービック1箱

② いちごの生ジュース200㎖

③ 生クリーム1パック(200㎖)

【作り方】

①いちごの生ジュースを200㎖になるように
ミキサーかフードプロセッサーにかけます。

200㎖ぶんを計ったら、ミキサーに戻します。

③そこに、イチゴのシャービック1箱、生クリーム1パック(200㎖)
を入れ、ミキサーを回します。

④お好みの容器に入れて冷凍して完成です。

【ポイント】

もし、1つの大きい容器に入れ凍らす場合は、
30~40分して少し凍ったら、スプーンでグシャグシャにかき混ぜます。

そうすることで、完成時にカチカチ感がなくなっていい感じになります。

この“途中まぜまぜ”がポイントです。

まとめ

これで無果汁のシャービックも
甘酸っぱいいちごの爽やか果汁と果肉たっぷり濃厚クリーミー
イチゴシャービックができあがります。

いちごと生クリームのお金はかかりますが
完成した分量、品質は、
乳脂肪分といい、果汁、果肉感からして、
そうとうお得です。

あなたがもし、ストロベリーアイスクリームが大好きでしたら、
一度チャレンジしてみてほしい
シャービックアレンジレシピの紹介でした。

おすすめ関連記事
シャービックの忘れ去られた味は、この3種類だ【ハウス】
オレンジも、カフェオレも昔はあった。
抹茶ミルク味だってあったのに。2017y04m29d_221640634
広告