エンゼルパイはなぜ売ってないのか?その理由を探る[森永製菓]

おそらくあなたは『森永のエンゼルパイ』
知っていると思います。

さらに『ロッテのチョコパイ』
知っていると思います。

しかし、あなたがいつも行くスーパーで
エンゼルパイを見かけますか?

おそらく、多くの人がエンゼルパイ
なぜかあまり見かけないと思います。

見たとしても
ミニエンゼルパイではないでしょうか。

大袋のエンゼルパイ
ほとんど見かけません。

それに対して、
チョコパイはホントよく見ると思います。

今回はなぜエンゼルパイ
めったに売っていないのかの
理由を考えてみました。

広告
336 ×280

森永のエンゼルパイ

『森永のエンゼルパイ』は現在、
ミニとレギュラー2種類があります。

直径が約3.5㎝のミニエンゼルパイと、
直径約6.5㎝のレギュラーサイズ
があります。


ミニサイズ

レギュラーサイズ(大袋)


レギュラーサイズもミニサイズも
8個入りです。

エンゼルパイとチョコパイ、どっちが好き?

世の中には、
エンゼルパイが好き(エンゼルパイ派)
チョコパイが好き(チョコパイ派)
大きく分かれているそうです。

見た目はどちらもチョコレートに包まれた
円盤型のお菓子です。

しかし、エンゼルパイ
ビスケットで中身はマシュマロ。

チョコパイはソフトケーキで
中身はバニラクリームと別物です。

それぞれの
ヒントにしたアメリカのお菓子も別物です。

おもしろいアンケート結果があります。

Jタウン研究所が約1か月にわたって、
「エンゼルパイとチョコパイ、
どっちが好き?」

都道府県別にアンケート調査した結果が
次の通りです。

総投票数1702票・2016年3月17日~16年4月25日

東京、大阪の大都市圏では
「エンゼルパイ派」が多かったが、
北海道から九州、沖縄まで
特段の地域差がある感じではしません。

それよりも、「エンゼルパイ派」
「チョコパイ派」に10%勝っています。

あんまり売っていないエンゼルパイ
よく勝ったなという感じです。

これは次の項目でお話ししますが、
エンゼルパイが昭和レトロ
超ロングセラー商品で
人々が当たり前に知っている
お菓子だからだと思います。

広告

「エンゼルパイ」と「チョコパイ」の歴史

エンゼルパイは1961年から全国発売
されている、
昭和レトロ超ロングセラー菓子です。


●1977年発売に初の2個入りの箱タイプにリニューアル100円
●これは、当時のパッケージのため森永製菓のマークが旧型

下の動画は1986年当時のCMです。
当時はまだ2個入りの箱で
販売されていました。

1983年発売のロッテのチョコパイ
家族みんなで食べてもらうことを想定して、
6個入りの箱タイプで発売開始しました。

80年代を代表するお菓子の一つです。

翌年、森永製菓も対抗商品、
6枚入り「エンゼルパイ」を発売しています。

;

チョコパイは売り上げは好調で、
1987年、バブル経済期には
10個入の大袋タイプを
“パーティーパック”と銘打って発売しました。
(2008年ごろ9個に削減)

この年、森永製菓は対抗商品、

「エンゼルパイ」10枚入り
(現在は8枚入り)を発売しています。

ロッテのチョコパイはパーティーパックで
一気に売り上げを伸ばしましたが、
93年がピークだったそうです。

エンゼルパイチョコパイ
見た目がとても似ているため、
ライバル視されるチョコ菓子です。

しかし、歴史的には森永のエンゼルパイは、
ロッテがチョコパイ発売した20年前には
すでに発売していました。

(ロッテのチョコパイ
1983年発売ですから
超ロングセラー商品ですが…)

森永のエンゼルパイ
ビスケットでマシュマロをサンドして
チョコレートでコーティング
●製造販売 森永製菓㈱
●アメリカのスクーターパイをヒントに
製品化
●販売開始1958年

ロッテのチョコパイ
ソフトケーキでバニラクリームを
サンドして、チョコレートで
コーティング
●製造販売 ㈱ロッテ
●アメリカのムーンパイをヒントに製品化
●販売開始1983年

エンゼルパイはなぜ売ってないのか?その理由とは

冒頭で記した通り、
あまりエンゼルパイは売っていません。

地域によっては
「どこの店にも売っていない」
ということもあるかもしれません。

あなたの近所のスーパーはどうですか?

もう製造終了したのではないかと
思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし森永製菓の公式サイトへいってみると、
商品情報のエンゼルパイのページがあり、
今でも製造販売されていることが
確認できます。

エンゼルパイの歴史をビジュアルで、
昭和レトロ超ロングセラー商品であることを
説明しています。

ではなぜ、ロッテチョコパイばかり
スーパーで見かけるのでしょうか?

それは価格です。

広告


「エンゼルパイ」と「チョコパイ」の値段

「森永エンゼルパイ」
(レギュラーサイズ)8個入り
360円(税込)くらい
「ロッテチョコパイ」
(パーティーパック)9個入り
300円(税込)くらい

このように森永エンゼルパイ
1個少ないのに60円ほど高いのです。

これでは店側も限りある店舗スペースに、
どちらかといえば
ロッテチョコパイ
陳列したがるはずです。

板チョコでお、アーモンドチョコでも、
ロッテは必ずといっていいほど、
森永製菓、明治に価格面で勝ちます。

森永製菓、明治に比べると
やはり新興企業のロッテらしい
感じがします。

森永エンゼルパイ
とてもおいしいのに残念です。

歴史もあり、日本人にはなじみです。

ロッテチョコパイ
もちろんとてもおいしいですが)

ロッテは森永に対してこんなことも?

ところが、先日
ディスカウントストアにいったら、
いつもはあるはずの「ロッテチョコパイ」
パーティーパックがなくて、
「森永エンゼルパイ」大袋が売っていました。

しかも、前述の値段よりも
かなり安く売っていました。

これはどういうことなのか?

「ロッテチョコパイ」パーティーパックは夏は売っていない?

ロッテチョコパイは夏の時期
7月~9月の3ヶ月間、
パーティーパック(9個入り)が
多くのスーパーから姿を消します。

ロッテチョコパイはソフトケーキで
バニラクリームをサンドして、
チョコレートでコーティングの
ふわふわ菓子です。

しかしパーティーパックは袋梱包で、
ガードはペラペラの
プラスチックトレイだけです。

流通上、真夏の高温のトラック荷台や
店舗倉庫内で溶けて、
その状態で店頭に置かれると、
お客さんが手に取っただけで
内容破損する可能性があります。

店員の取り扱いも神経を使ってしまうほど
溶けている状態です。

6個入り箱チョコパイならば
溶けていても箱のため、
持っても本体に影響はありません。

そのため、6個入り箱チョコパイ
どこのスーパーでも一年中売っています。

ただ、ロッテは夏の間パーティーパックを
発売休止しているわけではありません。

しかし、販売店サイドの判断により
取り扱わないのが
一般的になっていると考えられます。

ロッテチョコパイよりも、
かたい森永エンゼルパイ大袋が
それに代わって売られている感じです。

夏の間は森永製菓㈱は
森永エンゼルパイ安く卸している
と思われます。

店頭では普段ほとんど見かけない
森永エンゼルパイ大袋入りがおかれ、
しかもロッテチョコパイのように
安くなっています。

森永エンゼルパイ
夏以外はこんなに安くなることは
ありません。

秋になってロッテチョコパイ
パーティーパックが戻ってきたら
森永エンゼルパイ
大袋入り
姿を消します。

そして、どこかで売っている
森永エンゼルパイ大袋入りは夏とは違って、
価格はもとのお高めに戻っているのです。

まとめ

前出の通り、アンケートができるくらい
有名なエンゼルパイであり、
根強いファンがいることがわかります。

しかしあの明治のカールが
東日本で販売終了してしまったように、
いかに有名なお菓子でも
一抹の不安を感じます。

森永製菓も
昭和レトロ超ロングセラー商品
よもや生産終了にすることはないとは
思いますが、
ロッテは森永製菓、明治に
価格競争では絶対に負けない強さがあります。

今後、森永のエンゼルパイが
ロッテのチョコパイに
価格競争では勝つことはありません。

ロッテのチョコパイも1980年代を代表し、
日本中が高揚した
バブル経済期を懐古するお菓子として
今後も売れていってほしいです。

しかし、森永製菓には
エンゼルパイレギュラーサイズの
全国販売を維持していってほしいです。

広告