【山田太一】ドラマ『想い出づくり。』は山田太一脚本作品のベストテンに入る!【1981年放送】

TBS、1981年(昭和56年)、左から柴田恭平、古手川祐子、田中裕子、森昌子

多くの名作がある山田太一ドラマ。

今回は1981年昭和56年に放送された
「想い出づくり。」を振り返ってみる。

一言でいうと「20代の女性の結婚を考えさせられるドラマ」だった。

放送された時代はまだまだ女性は24歳が結婚適齢期だという考えが
社会に根強くあった時代背景がある。

大ヒットしたテレビドラマ『想い出づくり。』だが、
意外にもネットや書物での評価がでていないことが残念だ。

せりふの一言ひとことがレベルが高く、視聴者に問いかける奥深さ、
山田太一作品らしいドラマだった。

広告
336 ×280

『想い出づくり。』 主題歌

視聴した人の記憶に必ずといっていいほど心に残るのが
オープニングテーマ。

パンフルートというルーマニアの民族楽器の
静かな曲だ。

全8分50秒と長いです↓

物悲しく、しんみりするこの曲は、
このドラマを象徴している。
ドラマ『想い出づくり。』の世界感を決定づけた曲である。
まさにテーマソング、イメージソングだ。

『想い出づくり。』が放送された1981年当時の社会背景をみる

TBSドラマ『想い出づくり。』は、
1981年9月18日~12月25日にかけて全14話放送された。

1981年、昭和56年、
バブル経済期までには、まだ5年の歳月がある一種独特な、
格別な世相であった。

未来が明るく感じる深層心理が蔓延していた日本社会だった。

昭和50年代は「昭和40年代」と「バブル経済期~平成時代」をつなぐ時代。

昭和56年、この年の日本社会の様子の一端をみてみる

       ↓

●千葉県船橋市に大型ショッピングセンター「ららぽーと」が開業
(現:ららぽーとTOKYO-BAY)
ファミリーマートが開業

貸しレコード店大流行
ロックンロール族原宿に出現し、話題に
●トヨタ自動車が高級クーペ、ソアラを発売し注目を集めた

※ドラマ『想い出づくり。』の中で中野二郎は
このソアラ(ベージュ色)に乗っていた。
●アイスの「雪見だいふく」「ガリガリ君」発売
『なんとなく、クリスタル』(田中康夫)
1980年文藝賞受賞、1981年に芥川賞の候補作
※この本は当時の若者像を把握するうえで必読書
『Dr.スランプ アラレちゃん』(フジテレビ)が
1981年4月8日 から放送開始(1986年2月19日まで毎週放送された)

●1981年の主な大ヒット曲
『ルビーの指環』寺尾聰
『スニーカーぶる~す』近藤真彦
『長い夜』松山千春
『街角トワイライト』シャネルズ
『チェリーブラッサム』松田聖子
『守ってあげたい』 松任谷由実

余談であるが、『想い出づくり。』は田中美佐子のデビュー作だ。
当時の芸名は「田中美佐」だった。

『想い出づくり。』の主演は森昌子、古手川祐子、田中裕子の3人

22、3歳の設定の3人の女性たちが主人公。

森昌子、古手川祐子、田中裕子が熱演した。

同級生でもない、同僚でもない、ひょんなことから巡り合った3人。

まったくタイプの違う3人の女性のお見合いや男性関係、家庭環境を
交互に描いていくドラマ。

今見ると昭和50年代という時代の空気を感じる映像と演出。

構成と人物造形が驚くほど次元が高く、
役者も、それぞれみごとに“いい味”を出していた。

『想い出づくり。』を決定的なものにした役者は次の5人である。

佐藤慶(田中裕子の父親役)

児玉清(古手川祐子の父親役)

前田武彦(森昌子の父親役)

佐々木すみ江(田中裕子の母役)

坂本スミ子(森昌子の母親役)

この5人が『想い出づくり。』の重鎮(じゅうちん)として
山田太一らしい社会性のあるドラマにしていた。

『想い出づくり。』と『北の国から』(倉本聰)は同時刻に放映された

『想い出づくり。』が放映されたのは、
1981年9月18日~1981年12月25日、
毎週金曜日の夜10時のTBSだった。

この時間帯、裏番組になる倉本聰脚本『北の国から』が
フジテレビで放送されていた。

山田太一、倉本聰の両巨匠が40代の頃、
同時刻にテレビ放映がされたという事実。

当時は、ネットがなくテレビが唯一の映像メディアであり、
テレビが世に多大な影響を与えていた時代だ。

『北の国から』初回シリーズは、
1981年10月9日~1982年3月27日までの放送だった。

そのため『想い出づくり。』が最終回以降の1982年1月からは
『北の国から』の視聴率が急上昇している。

このことからも両ドラマがいかに視聴率で激戦であったかが推察できる。

放映当時の1981年、昭和56年はビデオデッキが普及する直前の時代だ。

日時が重なった1981年10月9日~1981年12月25日の、
秋口から年末にかけて、
視聴者はどちらを見るか難しい選択を迫られた。

山田太一作品『ふぞろいの林檎たち』は『想い出づくり。』放送の2年後にスタートした

『想い出づくり。』放送の2年後、
1983年5月27日~7月29日、
同じTBSで山田太一原作の名作ドラマ
『ふぞろいの林檎たち』初回シリーズ(全10話)が放送された。

『ふぞろいの林檎たち』は都内の三流大学に進学した、
3人の男子学生の生き方、葛藤に焦点をあてた。

中井貴一、時任三郎、柳沢慎吾の3人が演じた。

対して『想い出づくり。』は昭和時代にいわれていた
女性の結婚適齢期とされていた24歳を前にした、
3人の女性の生き方の葛藤を描いたものだった。

2つのドラマの共通しているところは、
どこにでもいるありきたりな若者の生き方を表現し、
視聴者に問いかけている。

上の画像でも、
「学校どこですか?」
「恋人がいますか?」
「生き生きしてますか?」
「何を求めてます?」
となっている。

山田太一らしかった。

山田太一原作のドラマ『想い出づくり。』『ふぞろいの林檎たち』のような
若者は現代にはいないかもしれない。

しかし、現代の若者に昭和50年代の山田太一の問いかけに
耳を傾けてほしい。

きっと何か気づかせてくれるせりふ、情景があるはずだ。

広告

山田太一原作ドラマ『想い出づくり。』のあらすじ

ドラマの主役は、結婚適齢期といわれていた24歳を目前にした女性3人。

佐伯のぶ代(森昌子)
吉川久美子(古手川祐子)
池谷香織(田中裕子)

3人が知り合うきっかけとなったのは、
現在ではありえない、繁華街で声をかける
海外旅行のキャッチセールスの被害者同士だったことだ。

それぞれ20万円ほどをだまし取られてしまう。

3人の日々の生活と両親との関係をみごとに描写したドラマ。

3人の主役の中でも、特に吉川久美子を演じた古手川祐子が
当時アイドル的な女優であり、
相手役は若かりし頃の柴田恭兵だ。

そうなると視聴者的には吉川久美子の心理描写が
ドラマ『想い出づくり。』の中核となっていた感がある。

吉川久美子(古手川祐子

悪徳会社のキャッチセールスマン根本典夫(柴田恭平)を問い詰め
何とかお金を取り戻そうとする3人は友情を深めていく。

そして、なんとキャッチセールスマン根本典夫に
吉川久美子は告白される。

当初は根本典夫を毛嫌いしていた吉川久美子だが、
しだいに根本典夫に惹かれていき、
吉川久美子が根本典夫にメロメロになってしまうという展開だ。

吉川久美子は静岡県内の商店街の洋品店を営む両親のもとを飛び出し、
小田急のロマンスカーの客室乗務員をしていた。

父(児玉清)はそんな久美子を心配し、何とか静岡に連れ戻そうとする。
父の“悪い男”根本典夫に対する迫真の演技も見ものだ。

※この記事の最後の「想い出づくり予告編集」5分10秒の部分です。

佐伯のぶ代(森昌子)

ガム工場に勤める、地味な女性。
父(前田武彦)、母(坂本スミ子)、高校生の弟の4人家族。

佐伯のぶ代の住宅内部や家族描写が昭和50年代を垣間見る
みごとな演出だった。

佐伯のぶ代は、見合いをした父の勤める工場の社長のおいで、
盛岡でドライブインを経営する中野二郎(加藤健一)を
生理的に受けつけなかった。

それなのに、中野二郎の強引に繰り広げられる求婚は見ものだ。

のぶ代は、落ちこぼれの高校生の弟を
中野二郎に面倒見てもらったことへの感謝の気持ちと、
そして何より二郎が自分を好いてくれることにほだされたこともあり、
二郎との結婚を決意した。

ところが、婚約したとたんに亭主関白にひょう変した中野二郎に
のぶ代は不信感をもつ。
※この記事の最後の「想い出づくり予告編集」7分30秒の部分です。

あわただしく盛岡で結婚式を挙げることになったものの、
のぶ代は、披露宴の控室でやっぱり二郎にはついていけないと、
涙ながらに吉川久美子、池谷香織の2人に打ち明ける。

3人は控室に立てこもり、披露宴は花嫁不在のまますすめられ、
披露宴をだいなしにした。
※この記事の最後の「想い出づくり予告編集」8分35秒の部分です。

池谷香織(田中裕子)

商社のOLしている池谷香織。

社内での女性の地位の低さに不満を感じながらも、
「お茶くみ」や「コピー取り」といった仕事に甘んじている。

実家は福島で役所勤めをしている父(佐藤慶)は、
二言目には結婚だ、見合いだと口にする。

佐藤慶と田中裕子が演じた名シーン 

仕事をやめて実家に戻ろうにも、兄夫婦がいて居場所がないし、
折り合いの悪い兄嫁と母(佐々木すみ江)と生活することはあり得なかった。

結婚相手については、もちろん誰でもいいというわけではなく、
できれば燃えるような恋愛をしてみたいと望んでいるが、
現実にはおもしろいことは何も起きない。

ドラマの展開では池谷香織には、結婚相手が現れない。

ドラマ内では「理想の男性は根津甚八」という池谷いう場面がある。

しかし、最終回でひょんなことから根津甚八そっくりな人と出会い
後に結婚したという設定だ。

実際に根津甚八が最終回に“セスナのパイロット”役でゲスト出演した。
※この記事の最後の「想い出づくり予告編集」10分50秒の部分です。

まとめ

他の山田太一作品と同じように、
『想い出づくり。』にも、
思わずハッとさせられるせりふがたくさん出てくる。

キャッチセールスにだまされたとわかった3人の女性に対して、
根本規夫(柴田恭兵)がどすをきかせていう。

「ちまちま20万ちょっと貯めて、ヨーロッパへ十日ぐらい行って、
それで青春の想い出はできたって? 笑わせるぜ!」
「他になんにもねえのかよ、手前ら、結婚までに、他になんにもねえのかよ!」※この記事の最後の「想い出づくり予告編集」1分20秒の部分です。

この場面で、3人は根本に言い返しながらも、
根本のみごとに核心を突いた言葉に
動揺を隠せない3人をみごとに描いている。

披露宴のボイコットという「事件」を引き起こした3人の父親が、
事後処理の話し合いをするために飲食店の和個室で会食する。

池谷香織の父(佐藤慶)と
吉川久美子の父(児玉清)の言い争いは、
つい父親としてのホンネが出てしまう、
生々しい名シーンだ。
※この記事の最後の「想い出づくり予告編集」10分8秒の部分です。

心に刻み込まれるセリフ、シーンがあまりにも多いドラマだった。
冒頭でも記したが、大ヒットしたテレビドラマであるが、
意外にネットや書物での評価がでていないことが残念だ。

『想い出づくり。』が制作、放送された
1981年(昭和56年)と現在では、
女性の人生観、社会環境とも激変している。

しかし、1981年当時も現在も、
女性にとって「結婚」と「仕事」は、
非常に大きな考えさせられるテーマであることは変わりない。

ただ、1981年当時、
現在の日本社会とは比較にならないほど、
女性が結婚して家庭に入ることは当然という固定観念が
普通の時代だ。

『想い出づくり。』は当時の20代の女性の生き方、人生観に一石を投じた
山田太一作品らしい社会性のある内容であった。

娯楽ドラマとは次元の違うレベルの高い内容だ。

80年代、昭和50年代のテレビドラマの傑作の一つだ。