固定電話を解約してもfax(ファックス)を使う方法と解約のデメリットとメリットとは

あなたは普段、固定電話、家電(いえでん)を使いますか?

というか、あなたの家に固定電話はありますか?

おそらく、電話をするときはスマホを使うと思います。

もしあなたが10代~20代で親の家に住んでいる人ならば、
固定電話はあると思います。

しかし、あなたが一人暮らしとか、
20代の夫婦とか、若い人だけで住んでいる家庭でしたら
ほとんどの人が固定電話はないのではないでしょうか。

その理由はもちろん1人1台スマホを持っているからです

固定電話の必要性がまったくないからです。

タダではないのですから
使わない固定電話に加入する理由もないでしょう。

2009年以降、固定電話は携帯電話の普及にともなって
若い世代を中心に保有率が低くなってきています。

総務省「平成25年通信利用動向調査)」

今後ますます一般家庭での“固定電話保有率”は低下していくでしょう。

この記事は会社ではなく、“一般家庭の固定電話”のお話です。

広告
336 ×280

固定電話の解約でメリットは大きい

家庭に固定電話がなければ、
セールス、勧誘の電話がかかってきたり、
詐欺の電話がかかってくることもなく、
潜在的に安心感があります。

特に高齢者は固定電話があると
詐欺被害の危険性が出てきます。

外部とのつながりや連絡方法は
スマホやパソコンだけに
注意すればいいのですから安心です。

今まであった固定電話を解約すれば
生活費の節約にもなります。

スマホが当たり前になった現在、
親元を離れて一人暮らしをしている若者や
若い夫婦の家庭は
固定電話の加入すら考えないでしょう。


総務省「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成26年度第3四半期(12月末))」

反対に、親世代以上の人の家庭で、
今まで30年も40年も50年も使っていた
愛着のある電話番号を
手放すことができるでしょうか?

これは現実的ではありません。

この記事は一般家庭で
●愛着がない
●加入歴が浅い
●捨ててもいい
電話番号の場合を前提としたお話です。
「安易な固定電話の解約」には十分注意してください。
解約後、以前の電話番号の復活はできません。

固定電話はないがfax(ファックス)は使いたい

一般家庭用の電話兼fax機が
発売し始めたのは1990年代初頭のことです。

それまでは家庭でのfaxの送受信は
一般的ではありませんでした。

1995年頃から2005年頃までの10年間で、
一般家庭用の電話兼fax機が爆発的に普及しました。

2005以降は特に伸びることはなく、
2010年以降はメールやLINEの存在で、
以前のようにfaxを家で使う場面は
少なくなってきています。

とはいえ、今まで自宅でfaxを使う習慣のあった人が、
固定電話を解約とともにfaxも使えないとなると、
不便さや不安を感じると思います。

広告

fax(ファックス)の送信は固定電話がなくても大丈夫

固定電話を解約したら
fax(ファックス)は使えなくなります。

それでは
faxをひんぱんに使う人は
どうすればいいのでしょうか?

あるいは
固定電話は未加入でも、
faxは使いたいという人は
どうすればいいのでしょうか?

こうすればfaxの送信は固定電話がなくても大丈夫
faxの送信ならば近所のコンビニでできます。
また、スマホで写真を撮ってメールやLINEで
送るという方法もあります。
重要な書類ならばパソコンとスキャナがあれば
画像かPDF形式でメール送信できます。

fax(ファックス)の受信は固定電話がなくても大丈夫

では、
固定電話なしにfax(ファックス)の受信は
どうすれがいいのでしょう?

こうすればfaxの受信は固定電話がなくても大丈夫
今の時代、方法があるのです。
月額100円だけでインターネット(フレッツ光)で
fax受信代行サービスがあります。
faxの受信があると、fax受信お知らせメールが
パソコンやスマホに届きます。
パソコン、スマホからfax内容を
見ることができるサービスです。

固定電話の解約や未加入にはデメリットもある

fax問題は固定電話がなくても何とかなることが
おわかりいただけたと思います。

それでは、固定電話を解約したり、
加入しない人にデメリットはあるのでしょうか。

それは、ズバリ!「社会的信用に影響する」です。

これはその人の感じ方の問題ですので
関係ないと思う人は関係ないことかもしれませんが…

携帯電話が普及してまだ20年もたっていません。

40代以上の人には
「社会人、大人、一人前、家庭」
4つのキーワードを根底に
固定電話を持っていることが
社会的常識という概念があります。

中高年の人は
「固定電話のない家庭」に不信感をいだき、
固定電話を持つお金もないのかという
偏見の目で見る人も存在します。

携帯電話だけでは、
地に足がついていない不安定な生活環境
と感じてしまうのです。

まとめ

おそらくこの固定電話信奉も
2030年ごろにはなくなると私は思います。

10年前には誰も予想しないほど
スマホが普及した現在、
一般家庭では固定電話の必要性は
急激になくなっています。

はやく偏見の固定電話信奉
消滅すればいいと思います。

今回は固定電話がなくても
家庭でのfax(ファックス)問題は
解決できるというお話でした。

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする