ビタミンCの天然と合成(人工)の違いは何?【サプリメント】

ビタミンCはあらゆストレスで急減します。

2時間に1粒ビタミンC飲む「多頻度摂取法」でストレス社会で生き残れ!

人体に大切な栄養素の一つビタミンCは体内で合成ができません。

そのため、毎日食べ物からとる
必要があります。

ビタミンCは一日最低でも100mg必要と
厚労省は指定しています。

これは
“生存する上で最低でも”
という意味であり、
身体へのビタミンCの効果効能を発揮する
量には到底およびません。

人の一日に必要なビタミンCの量は
さまざまな医学的意見があり、
また個人差はありますが
2,000~5,000mgが望ましい
といわれています。

厚労省の最低必要量の
20倍~50倍になります。

しかし、現代人の食生活からして
ビタミンCの量はほとんどの人が
2,000㎎もとれていないといわれています。

広告
336 ×280

「ビタミンC=酸っぱいもの=レモン」は間違い

ビタミンCというとレモンを連想します。
よく、清涼飲料水やサプリメントで
「レモン何個分のビタミンC」
という表現があります。

しかし、レモンが特別に
ビタミンCを多く含んでいるわけでもありません。

また、酸っぱいものが
ビタミンCということでもありません。

ただ、レモンはビタミンCのイメージ果実として
私たちの意識に完全に定着しているので
ビタミンCの代表イメージ果実ではあります。

ビタミンC系の
清涼飲料水やサプリメントなどのパッケージは、
レモンからくる黄色が定着しています。

そこが「ビタミンC=レモン」となってしまったのです。

いまさら「ビタミンC=赤ピーマン」では
雰囲気でないですからね。

下の表はビタミンCを多く含んでいる
野菜や果物の一例です。

赤ピーマンが突出してビタミンCが多い野菜
であることがわかります。

ビタミンC目当ての食べ物ならばレモンではなくて
赤ピーマンなのです。

赤ピーマンならばサラダとしても
食べやすいですね。

レモンをそのまま食べることはできません。

しかも赤ピーマンは
ぜんぜん酸っぱくあいませんが
レモンにはおよばないビタミンCが
含まれているのです。

しかし、上の表は100gを
生で食べた場合のビタミンCの量です。

そうすると2,000㎎ものビタミンCをとるのは現実的には無理です。

ビタミンCはサプリメントでとるのが現代人には必須、しかも超安い

食事で一日に必要なビタミンCを
2,000㎎以上とるのは大変です。

しかも、毎日の食事のバランスをまもり、
同時にビタミンCも十分とることは
不可能といえます。

そこでサプリメントのビタミンCを
活用する必要性があるのです。

あなたはサプリメントのビタミンCを
毎日飲んでいますか?

サプリメントの中でもビタミンCは
最も普及し、最も安価
です。

また、もしサプリメントで過剰に
ビタミンCをとったからといって
健康を害することは一切ありません。

過剰分はただちに、
尿で排出されてしまいます。

サプリメントのビタミンCをとる量は
当然個人差があり、
症状や目的によっても違います。

ビタミンC の摂取上限は基本的にはありません。

過剰摂取による副作用は
一日10,000㎎とってごくまれに下痢に、
空腹時に2,000㎎の一度に飲むと、
ごくまれに吐き気などがある程度です。

ビタミンCを毎日サプリメントで
必要量をとっていると
次のような身体にとてもいい効果があります。

●老化・病気から体を守る

●しみ、そばかす、しわを防ぐ
●免疫能を高める
●胃ガンの予防効果
●動脈硬化を予防する
●抗ストレスホルモンの生成に関わる
●鉄の吸収を促進
●アルコールの分解に関与
●肝臓の解毒作用に関与

これだけの効果効能が認められている
とても安価なサプリメント、ビタミンCは
利用すべきです。

広告

ビタミンCの天然と合成(人工)のサプリメントの違いとは何か

サプリメントのビタミンCは原料には
天然と合成の2種類があります。

この2つの分類には厚生労働省が
法的に区別しているものではありません。
では、よくサプリメントで
「天然」と書いてあるものと、
そうではないものでは
何が違うのでしょうか?

天然のビタミンCは
天然と大きく書いてありますが、
合成のものは何も書いていないビタミンCです。

値段は天然と書いてあるほうがかなり高価です。

その違いは次の通りです。

<天然原料>
果物など天然のもに含まれるビタミンCを
そのままの形で原料としたサプリメント
<合成(人工)原料>
デンプン→ブドウ糖→ビタミンCと
加工されたビタミンC

“合成”ビタミンCといっても
石油化学製品というわけではありません。

トウモロコシやジャガイモの
デンプンからブドウ糖を作り、
2種類の酵素の作用によって
ビタミンCを作りだします。

これが合成ビタミンCです。

私たちは普通、
“天然”と書いてあるほうが
いいもののように感じます。

しかし、合成ビタミンCは、
天然果実や野菜のビタミンCと

分子構造が完全に一致していて
同一のものです。


つまり、
合成ビタミンCと天然ビタミンCは
効果効能がまったく同じ

なのです。

天然ビタミンCの長所は
果物のポリフェノールや
食物繊維など、
その果物などに含まれる
ビタミンC以外の貴重な栄養素も
同時摂取できるメリットが
込めれれています。

合成のビタミンCでは、
「ビタミンCのみしか摂取できない」
ということです。

しかしビタミンCをとることが目的であれば、
合成ビタミンCで十分です。

これが
一番安いビタミンC摂取方法
です。

その他の栄養はまた違いう機会に
食べ物や他のサプリメントで
とればいいのです。

また、天然ビタミンCのサプリメントは
合成に比べて高価過ぎます。

DHCのビタミンCを例に、天然と合成(人工)をチェック

※クリックで楽天が見れますが、あなたの近所のドラックストアなど、
お店で購入できますので、楽天は参考にご覧ください。

アセロラ〈天然ビタミンC〉

1日4粒→ビタミンC 300㎎ 約53円
【主要原材料】アセロラ果汁

刺梨(とげない)〈天然ビタミンC〉

1日3粒→ビタミンC 56,7㎎ 約32円
【主要原材料】刺梨果汁

合成(人工)〈ビタミンC〉

1日2カプセル→ビタミンC 1,156㎎ 約9円

以上のようにDHCのビタミンCの
天然と合成(人工)では
比較にならないほど
合成(人工)ビタミンCは安価です。

では、DHCの説明では
アセロラと刺梨のビタミンCのメリットは
どのようなものなのでしょうか?

それは次の通りです。

〈要約〉
ビタミンCのほかに、
アセロラや刺梨に含まれる
栄養素が含まれており、
それらの栄養素とビタミンCが
お互いにサポートしあいながら
はたらくと言われています。
自然のビタミンCをとることに
こだわりのある方におすすめの
サプリメント。

もしあなたが
ビタミンCだけが目的であるならば
DHCの合成(人工)ビタミンCで十分です。
一日9円です。

DHCの合成ビタミンCをとれば、
あとは食事でとるビタミンCとあわせて、
2,000mgは超えると思います。

もしも、もっとビタミンCが必要な人は、
DHCが表記している
一日の目安量以上を飲むことも
何の問題もありません。

DHCは日本のサプリメントの中で、
激安高品質で有名で、
サプリメントメーカー最大手です。

私もDHCの合成(人工)ビタミンCを
ちょっと多めに
毎日欠かさず飲んでいます。

広告
広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする