「8020運動」の目標達成と現状は?【厚生労働省】

2016y10m18d_224023896

厚生労働省は平成4年から
『8020(ハチマルニイマル)運動』を
推奨しています。

80歳まで自分の歯を
20本以上保とうという
国策保健運動です。

食事をおいしく食べるために、
健康な歯は欠くことのできないものです。

80歳で20本以上の歯があれば、
ほとんどの食べ物をかみ砕くことができ、
充分に味を楽しみながら
食事をすることができます。

厚生労働省は5年に一回
「歯の実態調査」を実施しています。

2005年の調査で初めて、
80歳で自分の歯が
20本残っている人の割合が
二割を超えました。

20年前の調査では
平均わずか5本だったのと比べると
格段の進歩といえます。

これは2010年までに
80歳の2割が自分の歯を
20本以上残すことを
目標に掲げた計画でしたが、
目標が5年も早く達成できたのです。

2016y10m17d_214830637

しかし、まだまだ20本の歯が残っているという
人は少ないのが現実です。

80歳の8割ほど人々が自分の歯が20本以下で
「部分入れ歯」か「総入れ歯」
不自由な人生を送っているのが現状なのです。

年齢別にみていくと65歳から70歳の間に
平均で10本以上の歯が抜けてしまうのです。

広告
336 ×280

歯が抜けてしまう原因は?

歯を失う主な原因のほとんどが歯周病です。

適切な治療を行なわないまま
時間が経過すると、
歯を支える組織や骨がやせ衰え、
歯がグラグラして
やがて抜け落ちてしまうのです。

歯周病は虫歯と違って
覚症状がほとんどありません。
気付いた時にはすでに
歯を保てない状態になっている
ということが少なくありません。

適切な治療を行なっていたか、
喫煙の有無、過労やストレス
の状況によっても異なるのです。

特に免疫機能が低下してしまう
過労やストレスが与える影響は
非常に大きいのです。

また、糖尿病などの生活習慣病の患者は、
歯周病の進行が早くなり、
治りにくくなります。

こうした虫歯や歯周病になるのは、
20歳代から40歳代にかけての
歯の手入れ、
つまり歯磨きがしっかりと
できていないことが一因
であると考えられています。

歯を失うことがないように、
若い頃から毎日正確に歯を磨くことを
習慣づけることが大切です。

また年に1~2回、
定期的に歯科医院で
専門的な歯のクリーニングを行い、
歯や歯肉の状態を診てもことを
お勧めします。

今日では、歯周病菌が単に口の中の問題である
という以外に糖尿病や心臓病、肺炎などといった
全身的な疾患とも関係があることが
分かってきています。

このように、歯の健康が
全身の健康に関わっているということからも、
生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで
健康な歯を保つことがとても重要なのです。

また、長寿国である日本では、
高齢者の歯の保有本数だ向上することが、
医療費の増加を抑えることにもつながります。

そのためにもぜひ、
一人一人が歯磨きの大切さについて考え直し、
80歳まで20本以上の歯を保てるよう
『8020運動』について意識して過ごしましょう。

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする