柏原芳恵の現在と結婚しない理由

2016y10m28d_012609562

柏原芳恵プロフィール

【本名】柏原 芳恵
かしはら よしえ)

【生年月日】
1965年10月1日

【出身地】
大阪市

【学歴】
1984年 堀越高校卒業

【芸能界入り】
1979年秋、
「スター誕生!」(日本テレビ)
でスカウトされ
メジャーデビューのきっかけをつかんだ。
1980年デビュー

【レコードデビュー】
「No.1」(1980年6月1日 発売)


1980年「8時だョ!全員集合」(TBSテレビ)に出演したデビュー当時の柏原よしえ

【代表曲】
「ハロー・グッバイ」(81年)
2016y10m28d_012810067

「春なのに」(83年)
2016y10m28d_012732463

広告
336 ×280

柏原よしえ~芳恵のアイドル時代

柏原芳恵の決定的なヒット曲は
デビューから1年以上が経過した
1981年10月15日に発売された
「ハロー・グッバイ」
柏原芳恵の最大のヒット曲となる

この曲はアグネス・チャン
1976年に出したシングル曲

「冬の日の帰り道」のB面に収録されている
ハロー・グッドバイ」のカバーだった。

2016y10m28d_011918670

「花梨」(1982年10月1日発売/作詞・作曲:谷村新司)
この曲より「柏原よしえ」から「柏原芳恵」へ
名前を漢字に変更している。

2回目の大ヒット曲は
「春なのに」(1983年1月11日発売)だった。

「春なのに」の 作詞、作曲はあの中島みゆきである。
「春なのに」「第34回NHK紅白歌合戦」
初出場を果たした。

1985年9月11日に発売された
「し・の・び・愛」(作詞・作曲: 高見沢俊彦)
高見知佳が1979年に出したシングル曲

「セザンヌの絵」のB面に収録されている
「しのび逢い(Don’t Leave Me Alone)」のカバーで、
歌詞が一部変更された。

2016y10m28d_012054433

この曲で「第36回NHK紅白歌合戦」
2年ぶり2度目の出場となった。

「あなたならどうする」(1989年12月6日)
この曲を最後に、
アイドル歌手として10年間
毎年2~3曲発売していた
シングル発売は終わった。

アイドル歌手を辞めてからの柏原芳恵

1986年以降は歌手としての活動よりも
女優活動が目立つようになっていた。

2時間ドラマに多数主演している。

1989年にスカウトTV番組「スター誕生!」で
スカウトした所属芸能事務所
(株)ゴールデンミュージックプロモーションから
他事務所に移り、1992年に独立している。

1992年頃まではかろうじて
2時間ドラマに出演していたが、
以降柏原芳恵はテレビ出演がめっきり減少する。

これは、ちょうど“バブル期”の終焉と一致
している。

まさに柏原芳恵は80年代~バブル期に輝いた
アイドルの一人といえる。

柏原芳恵の現在と結婚しない理由

柏原芳恵がテレビにほとんどでなくなった裏事情には、
ある男性の存在が関係しているといわれている。

柏原芳恵は現在でも、
2001年に一部で報じられた
不倫略奪愛同棲の相手の“内縁の妻”として
生活しているという。

その男性の体調がよくなく、
今は芸能活動よりも“内縁の夫”の付き添いを優先していると
2016年9月26日号の「週刊文春」で報じている。

柏原芳恵の“内縁の夫”とはどんな人物か?

この男性は、柏原さんよりも22歳年上の中国人で、
出会いは柏原芳恵がもはやアイドルではなくなった
1990年、25歳の時だった。

1990年にVシネマ
 柏原芳恵主演の「女ギャンブラーリベンジ香港」
の ロケ先の香港でアクションを指導したのが
この男性だったといわれている。

2016y10m28d_010438380

さらに、翌91年には
日本と香港の合作映画
「メイプル・オン・ファイヤー」では
この男性が監督を務め、その主演が柏原芳恵だった。

この映画は日本で全くの無名である。

つまり、2年間に2回の海外ロケを一緒に過ごしたことが、
2人にとって決定的であった。

実はこの男性は、香港や台湾では著名な武闘家として活躍し、
カンフー映画のファンには知られた存在だったという。

しかし、この男性には奥さんと当時中学生、小学生の子供がいた。

“略奪愛”と世間から騒がれてもしかたがなかった。

結局男性は、家族を香港に置いたまま日本に在住し、
柏原芳恵を選んだのだ。

男性は、柏原芳恵自身が社長の個人事務所の
エグゼクティブプロデューサーの名刺を持ち歩くようになり、
その後はその事務所の取締役になっている。

その後現在にいるまで、柏原芳恵が建てた自宅兼事務所の
都内の一戸建てに同居しているという。

柏原芳恵はデビュー当時あまりの可愛さに
世の男の子を夢中にさせた
1980年代初頭のトップアイドルだが、
男性関係で特殊な人生を歩んでいる。

テレビに出ることはなくなった
柏原芳恵の“現在の身の上“が、
輝かしいトップアイドル歌手から始まった
芸能人としての持続性を
打ち切ってしまったのではないか。

2016y10m29d_011459107
近年の柏原芳恵

しかし柏原芳恵と内縁の夫本人が
幸せならば、それはそれでいいのではないか。

しかし、もしも不倫略奪愛ならば、
泣かせた妻子がいたわけであり、
芸能人柏原芳恵としては
決定的な影を落とす。

柏原芳恵の楽曲が
切ないものが多いが、
彼女の人生とだぶる。

なお、柏原芳恵は河合奈保子と同期である。
柏原芳恵は1979年秋、
「スター誕生!」(日本テレビ)で
スカウトされているが、
同年12月に河合奈保子も
新人発掘コンテストで優勝し、
柏原芳恵と同じ1980年6月1日
レコードデビューを果たしている。

哀愁を感じさせるセーラー服姿の
柏原芳恵が印象に残るジャケット
「春なのに」をリリースした1983年に、
この曲で「第34回NHK紅白歌合戦」出場し、
まさに、1983年が柏原芳恵の芸能活動の絶頂期であった。

広告
広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする