冷え性の原因は何?改善に効く食べ物、漢方はこれだ!女性に多い理由がある

2016y11m14d_173233684

体のさまざまな所に不調をもたらす

「冷え症」は、

日々の生活習慣が大きく関わっている

考えられています。

今回は、に「冷え症」について解説します。

広告
336 ×280

「冷え症」は真夏にも症状はある

「寒いわけでもないのに手足が冷たい」
「布団に入っても手足が冷えて眠れない」
「お風呂に入っても、すぐに手足が冷えてしまう」
「厚着をしても体が冷える」
「便秘や下痢になりやすい」
こうした自覚症状がある場合は、
「冷え症」の可能性があります。

「冷え症」とは

「冷え性」とは血管が収縮することで血液の流れが悪くなり、
毛細血管に温かい血液が流れないために
手足や全身が冷えてしまう状態のことです。

気温とは関係なく体が温まらないので、
冬だけでなく、
真夏であっても「冷え症」は現れます。

放っておくと、
“動脈硬化”などの
血管の病気や
“婦人科疾患”などの
病気に進展する可能性もあります。

また、「冷え症」が免疫力の低下を招き、
アレルギー性疾患をひき起こることもあります。

「冷え症」は男性よりも女性に多い症状です。

それは、女性は男性よりも筋肉量が少ないので、
熱の産生量の少ないためです。

2016y11m14d_172452895

また、更年期の女性であれば、
ホルモンバランスが乱れやすくなり、
自律神経失調症になることがあります。

自律神経が血管の“拡張や収縮”など、
血液の流れを調節しています。

そのため自律神経失調症の人は
「冷え性」になりやすいのです。

ところが、近年は男性の
「冷え症」も増えていはいます。

これは、常にエアコンなどを使用することで、
暑さや寒さに対する感覚が鈍くなり、
体温調節の機能がうまく働かなくなっているから
ではないかと考えられています。

「冷え症」は日々の習慣が関係する

「冷え症」には、
日々の生活習慣が大きく関わっています。

「冷え症」の原因として考えられているのは
次のようなものです。

①食生活の乱れ

アイスクリームやジュースなどの
冷たい飲食物の取り過ぎは、
当然、身体を冷やします。

また、ファストフードや
スナツク菓子の食べ過ぎ
あるいは無理な食事制限のダイエットは、
ミネラルやビタミン不足など、
栄養バランスを崩し、
血液の循環を悪くします。

朝食を抜くのも、
体内での熱が産生されません。

②過度なストレス

過度のストレスをため込むと、
末端の血流が悪くなり、
血行不良を引き起こします。

また、緊張状態が続くと、
交感神経が長時間働き、
自律神経のバランスが崩れてしまいます。

それにより、体温調節機能が
うまく働かなくなります。

子ども「冷え症」の症状を訴える場合、
精神的に不安定になっていないか
まわりの大人が
注意してあげる必要があります。

③運動不足

運動不足は、
体の代謝を低下させ、
血液の循環を悪くする
原因となります。

また、筋肉量が少ないと、
体内での熱の産生量が少なくなり、
うまく体を温められなくなります。

④衣類にも注意する

女性であれば
寒い場所でのスカート
身体を冷やしてしまいます。

寒さを感じる場合はできる限りの厚着を心がけ、
薄着は禁物です。

さらに、きつい衣類での締め付けも血流を悪くし、
「冷え症」の原因となります。

「冷え症」は末端・下半身・内蔵型にの3つに分類

2016y11m14d_172639685

○末端が冷えるタイプ

血行が悪く、
血液が手足の末端部分まで
スムーズに流れず、
手足の末端が冷えます。

〇下半身が冷えるタイプ

姿勢の悪さや
同じ方向に向いての就寝などにより、
骨盤がゆがみ、
下半身の血行が悪化し、
代謝が悪くなるために起こります。

○内臓が冷えるタイプ

ストレスなどにより
自律神経が異常を起こし、
手足の末端部分の血管が
収縮しにくくなります。

その結果、
内臓に血液が集まりにくくなります。

下痢などの症状が顕著ですが、
手足が温かいので「冷え症」であることを
見逃しがちです。

「冷え症」だと感じている人の多くが、
この「内臓が冷えるタイプ」です。

特に女性は、更年期を迎えて
ホルモンバランスが崩れることで、
不調を感じる人が多いようです。

また、極端なダイエットによる
鉄分不足が貧血を招き、
手足が冷える原因となっていることがあります。

西洋医学では「冷え症」という概念はない!

西洋医学では「冷え症」という診断基準はなく、
多くは自律神経失調症と診断されます。

通常は、貧血や低血圧など、
検査で異常値が出て病名が付く場合のみ
治療の対象となります。

しかし、東洋医学では、
冷えを訴えれば治療の対象となります。

気をつけなければならないのは、
血管に何らかの障害があって、
冷えを感じている場合です。

例えば、末梢動脈の疾患である
「閉塞性動脈硬化症」では、
初期症状として冷感や、
しびれが生じることがあります。

そうした他の疾患でないか病院で
検査することも重要でしょう。

冷え性の改善にビタミンEや漢方薬を使用

「冷え性」の改善に
「ビタミンE」をサプリメントで取ると、
血行改善に効果的です。

漢方では症状や原因に合わせて選択します。

【血行不良の改善】
桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
当帰四逆加呉茱萸生姜湯
(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
など

【全身の冷えの改善】
六君子湯(りっくんしとう)
など

【新陳代謝の低下改善】
八味地黄丸(はちみじおうがん)
真武湯(しんぶとう)
など

身近な「冷え性」改善策

シャワーだけでなく湯船につかることで
血行を改善します。

お湯はぬるめの38~40℃に、
温度計を使用して調節します。

ゆっくりと時間をかけて
湯船につかることが大切です。

両手を物につかまって、
つま先立ち運動を繰り返すと
「ふくらはぎの筋ポンプ作用」が強化されます。
「ふくらはぎの筋ポンプ作用」とは、
心臓によって足まで送られてきた血液を、
重力に逆らって心臓へと戻す働きのことをいいます。

また、なるべく階段を使ったりして運動量を上げるなど、
身近なことから挑戦していきましょう。

食べ物では、
生姜、ネギ、ニンニク、黒豆など、
「体を温める食べ物」
取ることを心がけることもおすすめです。

こうした、ちょっとした取り組みを
自分の生活の中に取り入れて
「冷え症」の改善に向けて、
体調を整える意識が大切です。

広告
336 ×280
336 ×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする