〈ウルトラセブン〉アンヌ隊員役のかわいい女優の名前は「ひし見ゆり子」

2017y11m26d_231947968

1967年7月14日、
ひし見ゆり子『ウルトラセブン』の
アンヌ役のオーディション
のため
円谷(つぶらや)プロダクションを
訪れていた。

2017y11m26d_232729749

私服でのカメラテストが
おこなわれているとき、
ドルン!ドルン!ドルン!という
すごい音がして、
変わった車が円谷プロに入ってきた。

降りてきた男を見て、
ひし見ゆり子は「森次君」と
思わず声を掛けた。

森次晃嗣(もりつぐこうじ)は、
モロボシダン役であった。

ひし見は森次とは
「天下の青年」というドラマで
共演したばかりで、
お互いよく知っているなかだった。

2017y11m28d_110623451

ちなみに、ひし見は森次よりも4歳年下だ。

この日、森次晃嗣は
ウルトラセブン撮影初日で、
山梨県の西湖(さいこ)での
ロケの帰りだった。

森次の車は廃車寸前のアメ車、
クライスラーを5万円で買って
50万円かけて改造したものだ。

2017y11m28d_000444354

森次は当時運転免許を持っておらず、
運転手が運転していた。

仕事が忙しく、3回教習所を断念して、
森次が運転免許を取得したのは
30歳頃のことだ。

広告
336 ×280

アンヌ隊員のピチピチのコスチューム(隊員服)のわけ

ひし見ゆり子はカメラテスト後、
かの有名なコスチュームに
着替えた。

このコスチューム(隊員服)が
すごくきゅうくつだったことを
ひし見はよく覚えている。

実はアンヌ役には東宝のひし見の一期先輩、
豊浦美子に決まっていた。

2017y11m27d_205244376

ウルトラセブンの撮影も始まっていたが、
豊浦に映画出演の話が来たため、
急きょ降板となった。

(豊浦はまさに幻のアンヌ隊員である)

そのため豊浦の体型に合わせて作られ
たコスチュームを、
ひし見はそのまま使用したのだ。

映像からもピチピチのコスチューム
であることが感じ取れる。

このアンヌ隊員
ピチピチのコスチュームが
後にネット上話題になり、
世の男性をまいらした。

ひし見ゆり子が演じた、アンヌ隊員
このウルトラ警備隊の
コスチューム、ヘルメット姿が
非常にかっこよかった。

ひし見ゆり子はアンヌ隊員役が
運命の当たり役だったのだ。

2017y11m26d_2341324242017y11m26d_231507218

ひし見ゆり子プロフィール
【本  名】境屋 地谷子
(旧姓 菱見)
【生年月日】1947年(昭和22年)
6月10日
【身    長】158cm
【血 液 型】 O型
【出      身】東京都中野区
【学      歴】 藤村女子高校卒
  ●東宝主催の
「ミス東京セニョリータ」
準ミスに入選

  ●東宝ニューフェイスに選ばれる

ひし見ゆり子がアンヌ役に決定した時

ひし見はオーディションの次日、
友だちの誕生日を祝って夜帰宅した。

母親から、円谷プロから何度も電話があり、
アンヌ役に選ばれたことを知らされた。

“特撮界の永遠マドンナ”の誕生であった。

すでに台本も自宅に届けられていた。
翌日に電話があり「明日から撮影です」
と告げられた。

広告

ひし見ゆり子は飲み会が大好きだった!

2017y11m26d_235934727

中山(キリヤマ隊長役の中山昭二)が
顔合わせだといって、
スタッフと隊員役の俳優全員で
どじょう屋に食事に行った。

二次会は銀座。

実は当初、ひし見は
毒蝮三太夫
(どくまむし さんだゆう:フルハシ役)を
怖がっていた。

2017y11m28d_110253398
当時の毒蝮三太夫

毒蝮は前シリーズの
ウルトラマンにも出演しており
貫禄と存在感があった。

仲良くなりたいとひし見は考えた。

そこで、ウイスキーの水割りを
早く飲んだほうが、
千円もらえる一気飲みの勝負をした。

5、6回連続してひし見が勝つと、
毒蝮はひし見のグラスに水ではなく
ジンを入れていたずらをしたのだ。

それを知らずに飲んだ菱見は、
口の両端からピューッと噴き出した。

しかしこの時のことは、
ひし見本人は酔っていて記憶にない。

翌日の撮影の時に中山から聞かされたという。

ひし見本人は人見知りでお酒を飲まないと、
人とまともに話せないと話す。

ウルトラセブンのスタッフや俳優仲間とは、
撮影期間よく飲みに行っていた。

2017y11m24d_212659301

最終回でダンとアンヌの最後のシーンの撮影風景、中央は満田監督が写っている非常にレアな画像

ひし見はウルトラガンを撃つシーンの撮影で
手がプルプルと震えてしまう。

実はウルトラガンは見た目よりも
すごく重かったそうだ。

すると周囲から「酔っているみたいだ」
と冷やかされた。

実際、銃のアップは
助監督に代わってもらっていた。
広告


ひし見ゆり子はウルトラセブンの撮影期間、ニキビに悩んだ

ひし見ゆり子は当時、
公私共に多忙でニキビが顔に出てきた。

満田監督に怒られ
「第11話 魔の山へ飛べ」には
出演してない。

しひ見は、それでも一緒にロケには行って
「早く撮影終わらないかな」と、
旅館での打ち上げを楽しみにしていたという。

また、第8話の「メトロン星人」では、
ダンとアンヌが喫茶店で
外を見張っているシーンで、
ひし見のニキビ肌がもろにアップされ、
そのまま放映されている。

他の回でも、ひし見のニキビが
映っているシーンが頻繁に放映された。

2017y11m26d_231644693

まとめ

ウルトラセブンのファンや視聴者には
1967年10月1日~ 1968年9月8日に
放映された49回の作品内で
登場人物のイメージや
ウルトラセブンの世界観は
確立されたものである。

こうした裏話が語られると
夢が壊れるかもしれない。

しかし、放送から50年以上がたてば
こうしたこぼれ話もまたファンにとっては
格別なものともいえるのではないだろうか。

2017y11m26d_234036284

また、アンヌ隊員は、
ウルトラシリーズのヒロインの象徴だ。

現在でもアンヌ隊員像に憧れ、惚れて、
『ウルトラセブン』を何らかの形で
視聴しているアンヌ隊員ファン
国内外にたくさんいる。

女優、ひし見ゆり子が演じた
アンヌ隊員は永遠に作品に残り、
今後もファンを生み出していくであろう。

円谷プロのフィルム倉庫にはアンヌ隊員の
膨大な未使用シーンや、NGシーン、
撮影現場風景などのフィルムが
保管されているはずだ。

放送から50年以上が経過しており、
いまだにこれだけの
アンヌ隊員に特化した
ファンが存在する。

当然、ひし美ゆり子の未公開映像は
大変な商品価値があると推察できる。

未公開のアンヌ隊員の映像が見たい!

アンヌ隊員ファンの一人として、
円谷プロには、ぜひ秘蔵フィルム内の
アンヌ隊員のブルーレイDVD化の
一考を切望する。

広告