「ブルーハワイ」アイスクリームを自分で作る“ラムネ菓子”入りレシピ

中学生くらいまでは誰でも夏休みになると
かき氷を食べる機会があったと思います。

あなたは何味が好きでしたか?

普通、味は基本4種類の
イチゴメロンレモン
ブルーハワイ
ですね。

でも、ブルーハワイは1980年代までは
一般的ではありませんでした。

それまで基本は3種類の
イチゴメロンレモンでした。

もちろんどこかではブルーハワイは
あったのでしょうが、
お家で作るかき氷のシロップで
ブルーハワイは市販されていませんでした。

下の歴史ある
明治屋のかき氷のシロップも、
ブルーハワイは1980年代には
発売されていません。

広告
336 ×280

「ブルーハワイ」シロップは何味か?

あなたはかき氷のシロップの
ブルーハワイは何味だと思いますか。

実はラムネ味なのです。

実際、昭和時代にはまだ発売されていなかった
明治屋のカキ氷用シロップの
ブルーハワイには
“ラムネ風味”と書いてあります。

ところで、このブルーハワイ的な
青い氷菓(ひょうか)は、
ガリガリ君など、
昭和時代からありました。

ちなみにガリガリ君は昭和56年、
1981年発売です。

ガリガリ君はソーダと書いてありますが。

【厚生労働省が決めている
アイスクリームの種類別の名称】

アイスクリーム⇒乳固形分15.0%以上
(うち乳脂肪が8.0%以上)
アイスミルク⇒乳固形分10.0%以上
(うち乳脂肪が3.0%以上)
ラクトアイス⇒乳固形分3.0%以上
氷菓⇒乳固形分がラクトアイスより低いか、または入っていない
※ガリガリ君は乳固形分には
まったく入っていません。

業務用には下の写真のようにブルーハワイ
アイスクリームはあります。

しかし、コンビニやスーパーなどで売っている、
一般的なアイスクリームでは
ブルーハワイは存在しません。

そこでオリジナルで
ブルーハワイアイスクリームの
レシピを考えてみました。

ブルーハワイアイスクリーム(ラムネ菓子入り)レシピ

ブルーハワイアイスクリーム
(乳固形分3.0%以上→クリーミーということ)

普通売っていないため
食べることはできません。

さらに、ラムネ菓子入りの
ブルーハワイアイスクリーム

(乳固形分3.0%以上)
おそらく世の中にないと思います。

今回のレシピで使用する
森永製菓のラムネ菓子は、
安価なのに脳の唯一の栄養、
ブドウ糖が主原料
です。

脳に即効性のある栄養まで摂取できる
ラムネ入りブルーハワイアイス
超簡単レシピですので
ぜひあなたも作ってみてください。

材料

①生クリーム 200㎖

②牛乳 200㎖

③森永製菓のラムネ菓子 1本

④かき氷のシロップ「ブルーハワイ」 50㎖

作り方

ステンレスのボールを冷凍庫に入れて
キンキンに冷やしておきます。

大きな鍋に氷水を用意します。

よく冷やしたステンレスのボールに
よく冷やした①④を入れます。

鍋の氷水にステンレスボールをつけます。

ハンドミキサーで攪拌(かくはん)します。

トロトロになったら冷えた②と、
砕いた③を入れます。

クリーム状になるまで、
さらによく攪拌(かくはん)します。

広告

《ラムネの砕き方》
森永製菓のラムネ菓子1本全部を
ビニール袋に入れて
ビンなど硬いものでたたいて
粉々にします。

すべて粉にしないで、
ある程度粒々が残っていたほうが
食感が出て楽しいです。

ゴムベラで
保存容器に移して冷凍庫に入れます。

少し固まりだしたらスプーンでよく混ぜ、
また冷凍庫で冷やす。

これを3回くり返します。

生クリームの攪拌(かくはん)は
やはりハンドミキサーが便利です。

手でホイッパーを使って
攪拌(かくはん)するのは大変です、
というか、
作るのが楽しくなくなっちゃいます。

安いハンドミキサーで十分ですので
買ったほうがいいです。

     ↓

「ブルーハワイ」シロップだけでは鮮やかな青にならない!

このレシピでは砂糖は入れません。

かき氷のシロップのブルーハワイの糖分と
森永製菓㈱のラムネのブドウ糖で
甘さは十分です。

しかし、かき氷のシロップのブルーハワイだけでは、
残念ながら鮮やかな青にはなりません。

絵具でいうと白と青を混ぜた感じの
パステルカラーの青にしかなりません。

下の写真のように、
ブルーハワイの青にしたい場合は
食用色素(青)を使うと
ブルーハワイのイメージになります。

食用色素は体に何の害もありませんので
ぜひ使ってみてください。

鮮やかな青の、夏のアイスクリームが
できあがります。

100均でも売っています。

不思議なもので、見た目の色で
味もブルーハワイ感がアップします。

ブルーハワイ「アイスクリーム」レシピの問題点

食用色素(青)を買うと、
ほかに使い道がないので残った分は
無駄になってしまう。
対策→ブルーハワイ「アイスクリーム」を
何回も作って使い切る。

夏以外に作りたくても、
ブルーハワイシロップは夏しか売っていない。
対策→夏のうちに買っておく。

今回のレシピはブルーハワイシロップは
50㎖しか使いませんのであまってしまう。
対策→お好みでもっと多くシロップを
入れる。
しかし、入れ過ぎると甘過ぎるので注意。
かきの氷シロップは賞味期限が過ぎても、
一冬越して来年の夏に使用しても
何の問題もない。

まとめ

今回は夏のアイスクリーム「ブルーハワイ」の作り方をお話しました。

氷菓ならば、普通に売っている
ガリガリ君みたいな
“青いアイスキャンディ”。

しかし、乳脂肪が8.0%以上の
アイスクリームでは売っていないので、
レシピを考えてみました。

※おそらく発売しても売れないと
メーカーの市場調査があるのでしょう。

名称は、

食用色素(青)を入れない場合は
「ラムネアイスクリーム」

食用色素(青)を入れた場合は
「ブルーハワイアイスクリーム」

です。

この記事の題名は一応
「ブルーハワイアイスクリーム」としました。

乳固形分3.0%以上、
(うち乳脂肪8.0%以上)の
ラムネ菓子入り
「ラムネアイス(クリーム)」
「ブルーハワイアイス(クリーム)」
の創案及びネーミングの著作権は
私に属します。

広告