【アーモンドチョコの作り方】超簡単レジピで明治、ロッテよりおいしい!

前回の記事で明治もロッテも
アーモンドチョコレートの内容量が
以前に比べて減量されていたことを
書きました

あなたは気がついていましたか?

まあ、しかたのないことなのですが
どちらもおいしい
流通アモンドチョコレート菓子では
日本を代表する2つですから
私は今後もジャンジャン買って、
パクパク食べていきます。

チョコレートとアーモンドの相性は
本当に抜群のおいしさです。

一箱開封して、
今は半分だけ食べるかという気持ちで
食べ始めると、
おいしくて結局全部、
一気に食べてしまい
何か自己嫌悪に毎回、毎回…

そこでプラス思考にするために
チョコレートもアーモンドも
からだにいい健康食だから
「まっいいか」
と考えておきます。

でも引っかかるのが値段です。

明治もロッテも一箱200円はする
けっこう高価なお菓子になります。

しかも、明治もロッテも
アーモンドチョコレートには
板チョコには使用していない
植物油脂(サラダ油)を使いいています。

しかも明治は近年怪しげな還元水あめ
使用しています。

植物油脂(サラダ油)還元水あめ
食べたくないし嫌です。

そこで超簡単に安く
品質のいいおいしい板チョコ使用の
アーモンドチョコレートの
レシピをご紹介します。

板チョコは明治、ロッテ、森永なら
どこでもかまいません。

品質がよく、おいしくて安いからです。

植物油脂(サラダ油)還元水あめ
使用されていません。

その前に、いかにアーモンドチョコレートが
身体にいいかを簡単にお伝えします。

今回のレシピの考え方は
明治やロッテ、森永のチョコレートが
おいしく、高品質なため、これらの
チョコレートを使用するという趣旨です。
アメリカ産の輸入アーモンドチョコレート
でしたら、
激安で大容量は販売されています。
しかし、個人的には、海外チョコレートは
一般的に日本人には口に合わないと思います。
広告
336 ×280

アーモンドチョコレートの効果効能

美肌効果

カカオ豆の
「カカオポリフェノール」には、
強い抗酸化作用があり、
細胞の酸化を阻止します。

また、アーモンドの
「ビタミンE」には
肌の酸化を阻止する作用があり、
肌のシワやたるみの防止にも
役立ちます。

これらのカカオポリフェノールと
ビタミンEの
相乗効果によって
美肌効果が期待されます。

精神的にいい効果

アーモンドチョコレートには
精神を安定させる効果のあるミネラル、
カルシウムとマグネシウムが
含まれています。

この2つはチョコレートにも
アーモンドにも含まれています。

つまりアーモンドチョコを食べれば
精神状態にいいといえるのです。

また、アーモンドには
アミノ酸の一種トリプトファン
含まれています。

トリプトファンは
セロトニンの原料で、
セロトニンはイライラを解消する
効果効能があるのです。

その他にもチョコレートには
近年注目されている
GABA(ギャバ)や
カカオポリフェノールなど
精神の安定に効果がある成分
存在します。

また、GABAは
ストレス解消に役立ちます。

血圧を下げる効果

アーモンドのビタミンE
カカオポリフェノールによって
血圧を下げる効果があります。
(アーモンドだけではなくナッツ系は
すべて血圧を下げる効果があります)

便秘解消に役立つ

チョコレートの主原料のカカオ豆と
アーモンドの
食物繊維の作用で
便秘解消に役立ちます。

まとめ

以上のように
アーモンドチョコレートが
いかに身体によく
頻繁に食べた方がいいかが
おわかりいただけたかと思います。

アーモンドもチョコレートも
健康にいいスーパーフードなのです。
広告


【アーモンドチョコの作り方】簡単レジピで安上がり

パクパク毎日でも食べたい
アーモンドチョコレートですが、
明治もロッテも一箱200円以上して
すぐなくなってしまいます。
(粒数が昔よりも減らされた😢)

そこでもっと安く
たくさん食べたいと思い、
自分でアーモンドチョコレートを
作ればいいと考えました。

レシピ

明治の板チョコ、
ロッテの板チョコを
ブロックごとに割って
アーモンドを2粒ずつのせる方法です。

①板チョコのアルミ箔をはがし、
チョコをブロックごとに割ります。

②トースタートレーに
アルミホイールを敷いてその上に
ブロックごとに割ったチョコレートを
並べます。

トースタートレーがない場合は
アルミホイールだけも可能です。

③トースターで
板チョコがトロトロになるまで
熱っします。

20秒ほど
チョコレートを熱っします。

その後、電源をOFFにして
トースターの扉を開けずに
2~3分そのままにして
余熱でチョコレートを溶かします。

※チョコレートの表面が
テカテカにテカっていたら
溶けています。

※チョコレートはすぐに焦げてしまいます。
絶対に焦げないよう慎重に溶かしてください。

④溶けたチョコレートを外に出して、
無塩アーモンドを2粒ずつ
押し込みます。

※この時のコツはできるだけ
アーモンドを溶けたチョコレートに
深く押し込むことです。

そうしないと固まったときに
チョコレートとアーモンドが
一体化しないで、
アーモンドが外れてしまうからです。

⑤そのまま、冷凍庫に入れて
カチカチにして完成です。

レシピまとめ

以上が超簡単自家製
アーモンドチョコレートの
できあがりです。

市販品よりもこちらの方が
アーモンド2粒入りで
ボリューム感があり
食べ応えがあります。

大手レシピサイトでは、
さまざまなアーモンドチョコレートの
作り方がアップされていますが
とても手間と時間がかかります。
(出来上がりはおしゃれですが)

しかもチョコレートを器で溶かすので
洗い物が大変です。

チョコレートのついた食器を
洗浄するのはすごく大変です。

今回のレシピは
洗い物が一切出ないところがミソです。

アルミホイールを一枚使うだけです。

板チョコよりもブロックチョコが便利

上記レシピは板チョコを割って
ブロック状にして使用しましたが
近年は明治も森永もロッテも、
多種多様なブロック状の
チョコレートを発売しています。

これらブロック状のチョコレートを
使用するとさらに簡単に
アーモンドチョコレートを作れます。

実際には板チョコをきれいに
割ることはできませんので
ブロック状のチョコレートを
使用してください。

またチョコレートの成分の効果を
強く期待すのであれば、
近年明治が発売している
『高濃度カカオポリフェノール』
チョコレートを使用してください。

まとめ

今回のアーモンド2粒入りチョコレートは
明治の板チョコを使用しました。

明治板チョコは15ブロックですので
15個のア―モンド2粒入りの
アーモンドチョコができました。

1枚50g、100円。

無塩アーモンドは大袋300g、700円で
30粒使用で35g、約80円換算です。

約180円で85gのアーモンドチョコレートが
できあがります。

チョコレートよりも
アーモンドの比率の方が大きい
アーモンドチョコレートができますので
パクパク食べてもヘルシーです。

また先述の通り、
明治アーモンドチョコレート、
ロッテアーモンドチョコレート
よりも確実においしいです。

なぜならば、
明治板チョコでも、
ロッテ板チョコでも
簡単に作れるからです。

明治もロッテも
アーモンドチョコレートの
チョコレートの品質は
板チョコに比べて劣ります。

今回のレシピは高品質の
板チョコを使用して
アーモンド2粒入りですので
市販のアーモンドチョコレートよりも
高品質で安く、
たくさん作ることができます。

しかも今回使った
明治の板チョコ〈ミルク〉の
ポリフェノールは354㎎
明治のアーモンドチョコレートは333㎎
板チョコの方が高ポリフェノールです。

光沢のあるきれいな
チョコボールではありませんが
これならばパクパク食べれます。

しかもアーモンド2粒でヘルシーです。

おすすめは、
明治、森永、ロッテならば
どこのチョコレートでも
必ずおいしいアーモンドチョコレートが
簡単に作れいます。

あなたもおいしいヘルシー
アーモンドチョコレートを
安く簡単に作ってみませんか。

※板チョコはディスカウントストアならば
90円くらいで売っています。
無塩アーモンドは大袋で
安くたくさん入っているものを
探しましょう。
しかし、頻繁に作らないと
せっかくの大袋アーモンドが
むだになってしまいますので注意しましょう。

広告